(25日の選挙)佐藤仁氏が再選 新人佐藤門氏及ばず 南三陸町長選

(25日の選挙)佐藤仁氏が再選 新人佐藤門氏及ばず 南三陸町長選 2009年10月26日 秋田魁
http://www.sakigake.jp/p/akita/politics.jsp?kc=20091025p
 任期満了に伴う南三陸町長選は25日投票が行われ、即日開票の結果、無所属現職の佐藤仁氏(57)が無所属新人で元町議の佐藤門哉氏(68)を約1200票差で破り、再選を果たした。
 午後10時前、当選確実の報が入ると、佐藤仁氏は事務所で約250人の支持者らにあいさつ。「町民一丸となって町づくりを推進したい。マニフェストを遂行するのがわたしの責務だ」と抱負を述べた。
 佐藤仁氏は公立志津川病院の不良債務解消、南三陸道の事業化など合併後の町政をけん引してきた実績を強調。町政継続と高齢者福祉、子育て支援の充実を訴えた。
 佐藤門哉氏は1次産業振興を公約の柱に据え、町長報酬を半減して、その財源に充てることを約束。旧歌津町長の牧野駿氏の支援を得て、歌津地区で票を伸ばしたが及ばなかった。
 終盤には自民党の小野寺五典衆院議員(宮城6区)が佐藤仁氏陣営、民主党の安住淳衆院議員(宮城5区)が佐藤門哉氏陣営に応援に駆け付け注目を集めた。
 当日の有権者数は1万4658人。投票率は81.95%で、前回(2005年)を0.95ポイント上回った。
◆宮城県南三陸町 町長選挙結果
当 6537 佐藤仁  無現(2)
  5359 佐藤門哉 無新


 宮城県南三陸町は県の北東部の2005年10月に志津川町と歌津町が合併してできた人口1.7万人程の町ですが、町長選は前回の佐藤仁氏と佐藤美和氏の一騎打ちに続いて、今回も旧志津川町長出身で初代南三陸町長に就任した現職の佐藤仁氏に対して、南三陸町議会議員の佐藤門哉氏が挑戦する佐藤対決となったのですが、
 公立志津川病院の不良債務解消、南三陸道の事業化など合併後の町政をけん引してきた実績を強調すると共に、町政継続と高齢者福祉・子育て支援の充実を訴えた現職の佐藤仁氏が6537票を獲得し、
 『1次産業振興を公約の柱に据え、町長報酬を半減してその財源に充てる』と訴えて5359票を獲得した佐藤門哉氏を退けて再選を決めています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« (25日の選挙... (25日の選挙... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。