山口 萩市長選は藤道健二氏が通算6期現職の野村興児氏破り初当選

萩市長に藤道氏 現職多選阻み初当選 2017年03月20日 山口
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2017/0320/1p.html
 任期満了に伴う萩市長選は19日、投開票され、新人で元銀行員の藤道健二氏(57)=無所属=が現職の野村興児氏(72)=無所属、自民推薦=を破って初当選した。
 緊迫した選挙戦で投票率は62.34%と、前回の47.11%を15.23ポイント上回った。
 藤道氏は昨年12月、生まれ育った萩市のために「衰退するふるさとの再生に力を尽くしたい」と出馬を表明。
 現職が旧萩市から通算6期務めていることを指摘し、「どんな組織でもリーダーが24年同じでは緊張感が薄れ、しがらみが生じてくる」と批判。「中小企業の支援に携わってきた経験を生かし、地場産業の活性化と活力ある市政を目指したい」と訴えた。
 選挙戦は同級生らを中心とした後援会が結束。「市政の再起動とチェンジ」を掲げ、市内各地でミニ集会を重ねたり、街頭に立ったりして知名度アップに取り組んだ。特に現職が推進する「萩・明倫学舎」の整備計画は「当選したら、中止も含めて見直しを検討する」と批判。今選挙最大の焦点に位置づけ、支持の拡大を図った。
 野村氏は自民党県連と市内7支部は農業、漁協など市内各種団体の支持を得た組織戦を展開。「萩・明倫学舎」の整備や来年の明治維新150年への取り組みを柱に、旧市から通算6期24年の経験と実績を盾に「最後の総仕上げを」と訴えたが及ばなかった。
 当日有権者数は43086人(男19524、女23562)
★山口県萩市 市長選挙結果
当 13823 藤道健二 無新
  12805 野村興児 無現


 山口県萩市は、2005年3月に旧萩市と川上村、田万川町、むつみ村、須佐町、旭村、福栄村が対等合併して発足した人口約4.8万人程の萩焼などで知られる日本海側東部の市で、市長選は旧萩市時代の1993年10月から市長を続けている(合併前の旧萩市で3期を務め、合併後の萩市で3期を務めた)72歳の野村興児氏に57歳の藤道健二氏が挑みましたが、
 「萩を変えたい。チェンジと再起動です。どんな組織も24年間も同じでは緊張感もチェック機能も失われる」「日本政策金融公庫時代は中小企業の経営支援をしていた。地場産業や企業支援に力を注ぎたい」明治維新150年に向けて進められる旧明倫小3、4号館の整備や孔子廟の復元については「これ以上の『ハコモノ』に投資しても街全体に経済効果を及ぼすと考えられない」として、「3、4号館も孔子廟も整備しないという選択肢を含めて検討したい」と市政刷新と市全域で均衡ある発展を目指すと強調した藤道健二氏が13823票を獲得して

 「山陰道、小郡萩道路の整備に加え、人口減少問題や明治維新150年に向けた事業など課題も多い。全力で最後の力すべてを出し尽くす」。多選については「地方はいろいろな場面で連続性が求められる。毎期、目標を持ち多選の弊害を避けてきた」と語ると共に市の高齢化率が40%を超えたことについて「萩は全国の二、三十年先を行く少子・超高齢化社会」との危機感から、就業者数の増加や子育て環境の充実などで若者の流出の歯止めに取り組んでいる。2年前に5資産が世界遺産に登録され、松下村塾や藩校明倫館が人材育成に重要な役割を担ったとして、今月に明倫館跡に観光施設「萩・明倫学舎」を開設した。今後、旧明倫小3、4号館の整備や孔子廟の復元に取り組む予定で「施設整備は一連の流れで萩の物語を伝える場所。頓挫すると今までの苦労は失われる」と述べ12805票を獲得した現職の野村興児氏を退けて初当選を決めました。

 主な論戦は観光遺産への投資スタンスと長期政権への弊害。更に前回の下関市長選同様、安倍総理の地元ということもあり安部VS林陣営対決の側面もあったのだろうと思いますが、やはり24年も同じ方が市長の座に留まり続けて、まだ4年やるつもりか…と市民に飽きられてしまったことが勝敗を決したのかと。
 萩は津和野とセットで観光に組み込まれることも多いためどうしても観光資源に財源が優先投入される傾向はあると思いますが、どこまでやるかは地域住民のインフラ整備とのバランスも取らなければならないでしょうし、新市長に就任する藤道健二氏がどのような市政の舵取りを行うのか注目されそうですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 鹿児島 西之... 20日の米国主... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。