東京昭島市長選は現職継承路線の臼井伸介氏 初当選

昭島市長選で臼井さん初当選 問われる若者定住策 2016年10月17日 東京
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201610/CK2016101702000159.html
 多摩地域の現職で最長の五期二十年を務めた北川穣一市長(73)の引退表明を受け、十六日投開票された昭島市長選は、無所属新人で元市議長の臼井伸介さん(61)=自民、民進、公明推薦=が、無所属新人で医療事務員の小玉博美さん(52)=共産推薦=を破って初当選を果たした。当日有権者数は九万二千四百五十五人。投票率は32・14%で、過去最低だった前回(32・76%)を下回った。 
 一九九六年以来の新人対決となった市長選は、北川市政の継承か刷新かが争点となり、継承を訴えた臼井さんが推薦の各党市議らの応援を受けて手堅く票をまとめた。
 臼井さんは北川市長が進めたJR拝島駅の周辺整備を評価し、選挙戦で「引き続き、住みやすく災害に強い街づくりを進める」と強調。国や都との強い関係をアピールし「都市基盤整備のお金をしっかりともらってくる」と宣言した。
 市内ではほかにもJR東中神駅の自由通路、新たな交流拠点として二〇一九年度開館を目指す教育福祉総合センター(仮称)などの大規模建設事業が進む。
 市の財政計画では、これらが本格化する二〇年度までの六年間で、関連の建設事業費が二百七十億円程度に膨らむと試算。確実に財源を確保していかなければならない中で、生活保護費の増加や地元商店の振興といった課題にも向き合っていくことになる。
 臼井さんは「住んでみたい、住み続けたい昭島へ」をスローガンに掲げ、街頭では「若者たちが『昭島ってちょっといいじゃん』と思えるような街に変えていく」と語った。
 だが、教育福祉総合センター内に開設する図書館を目玉施設として発信していく、と打ち出した以外、若者の定住を促すような政策はあまり語られなかった。市職員十六年半、市議二十一年間の経験を持ち、市政を熟知するだけに、当選後は「住んでみたい昭島」をどう実現するか、早急に具体策を示す必要がある。
 選挙戦で小玉さん陣営は「国民健康保険税が二年ごとに値上げされるなど、この五年間で市民の負担は九億円も増えた」と現市政を批判した。新たな将来像を示さないまま、市政を継続するだけなら、こうした不満も顕在化する可能性がある。
 小玉さんは、市長給与を半減し福祉や子育てを手厚くすることなどを公約し、市域の一部を占める在日米軍横田基地への新型輸送機オスプレイの配備反対も主張したが、出馬表明が告示九日前と出遅れたことも響き、浸透できなかった。
 臼井さんの辞職に伴う市議補選(被選挙数一)も同日投開票され、新しい議員が決まった。
★東京都昭島市 市長選挙結果(投票率32.14%)
当 20271 臼井伸介 無新
   8648 小玉博美 無新



 東京都昭島市は多摩地区にある人口約11.1万人の市で、市長選は1996年から5期20年現職を務めた北川穰一氏が引退を表明したことから元市議長で自民・民進・公明が推薦する61歳の臼井伸介氏と医療事務員で共産が推薦する52歳の小玉博美氏の新人同士の争いとなりましたが、
 北川市政の継承を訴えた臼井伸介氏が20271票を獲得して
 「国民健康保険税が二年ごとに値上げされるなど、この五年間で市民の負担は九億円も増えた」と現市政を批判して8648票を獲得した小玉博美氏に2.34倍の大差をつけて新人同士の争いを危なげなく制しました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 島根 安来市... 17日の米国主... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。