14日のNYダウは39ドル高の18138ドルで終了

米国株、ダウ反発し39ドル高 米銀大手の業績を好感、金利上昇で上値重く 2016年10月15日 日経
 14日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発した。終値は前日比39ドル44セント(0.2%)高の1万8138ドル38セントだった。米銀大手の四半期決算が市場予想を上回ったのを好感した買いが広がった。企業業績の改善期待につながり、相場を押し上げた。
 JPモルガン・チェースやウェルズ・ファーゴ、シティグループなど米銀大手の7~9月期決算では売上高にあたる純営業収益や1株利益が市場予想を上回った。これから本格化する主要企業の決算への期待から米株式相場が買われた。
 朝方発表された9月の米小売売上高は市場予想に沿った結果だったものの、8月からは大きく改善した。年内利上げの可能性が意識されつつも、米景気の順調な回復が続いていることを好感した買いもあった。ダウ平均は上げ幅を一時162ドルまで広げた。
 取引終盤にかけて相場は伸び悩んだ。ニューヨーク連銀のダドリー総裁が米紙ウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで利上げについて「年内を予想する」などと述べた。発言を受けて米金利水準が切り上がったのもあって、米株式には売りの勢いが増した。来週以降も米主要企業の決算発表が続くため、週末を前に利益確定の売りも出やすかった。
 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は14日に講演したが、利上げ時期など目先の金融政策については言及しなかったため、株式相場の反応は目立たなかった。
 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は4日ぶりに反発し、同0.828ポイント(0.0%)高の5214.161で終えた。
 業種別S&P500種株価指数(全11業種)では「金融」「情報技術(IT)」など5種が上昇した。一方で「ヘルスケア」や「公益事業」などが下落した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約8億1000万株(速報)、ナスダック市場は約15億7000万株(同)。
 四半期決算が市場予想を上回った米銀のシティグループが高い。最高経営責任者(CEO)の退任や業績見通しの据え置きを発表した菓子のハーシーも上げた。ダウ平均では金融のゴールドマン・サックスや化学のデュポンが上げが目立った。
 一方で、決算は市場予想を上回ったものの、JPモルガンやウェルズ・ファーゴが下げて終えた。短文投稿サイトのツイッターも大幅安となった。英フィナンシャル・タイムズ(FT)が顧客情報管理(CRM)のセールスフォース・ドット・コムは同社の買収を模索しないと方針を決めたと報じたのをきっかけに売りが膨らんだ。

NY商品 原油が小反落 ドル高が重荷に、金は反落 2016年10月15日 日経  
 14日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は小反落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の11月物は前日比0.09ドル安の1バレル50.35ドルで取引を終えた。外国為替市場でのドル高を受け、ドル建てで取引される原油価格の割高感を意識した売りが出た。
 米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが午後発表した米原油生産の掘削設備(リグ)稼働数の増加傾向が続いたのも相場の重荷になった。
 朝方は先物の買いが優勢となる場面もあった。中国の物価指標が市場予想を上回り、同国景気の先行きに対する警戒感がやや和らいだことが買いを誘った。
 米ノースダコタ州産業委員会が前日に公表した統計で、9月の1日当たりの石油生産量が前の月から減少した。商品市場関係者によると2014年3月以来の低水準だったといい、需給の改善期待も相場を下支えしたとみられる。
 ガソリンは続伸したが、ヒーティングオイルは反落した。
 ニューヨーク金先物相場は反落した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である12月物は前日比2.1ドル安の1トロイオンス1255.5ドルで終えた。ドル高がドル建ての金相場の重荷になった。朝方発表された9月の米小売売上高が前月から増え、年内の米利上げが意識されたことも金の売りを促した。
 銀は4日続落したが、プラチナは4日ぶりに反発した。



 14日の米国株式市場は、ダウが上げ幅を一時162ドルまで広げる場面も見られたものの、その後は利益確定の売りに押されて取引終盤にかけて相場も伸び悩んだことから主要3市場は小幅高の水準で終了。
 NYダウは、前日比39ドル44セント高い18138ドル38セントで終了(0.22%高)。
 ナスダックは、前日比0.83ポイント高い5214.16ポイントで終了(0.02%高)。
 S&P500種は、前日比0.43ポイント高い2132.98ポイントで終了(0.43%高)しました。
 ゴールドマンが1.85%高。一方、マクドナルドが1.14%安。

 NY原油は、前日比0.09ドル安い1バレル50.35ドルで終了。
 NY金は、前日比2.1ドル安い1トロイオンス1255.5ドルで終了しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 14日の日経平... 新潟県知事選... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。