18日の日経平均 63円49銭高い16963円61銭で終了

東証大引け、3日小幅続伸 人民元安不安後退で買いも上値重く 2016年10月18日 日経夕刊
 18日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に3日続伸した。終値は前日比63円49銭(0.38%)高の1万6963円61銭だった。中国・人民元の基準値が前日に比べ元高・ドル安に設定され、中国の通貨安への懸念が後退したことでリスク回避ムードが和らいだ。取引終盤にかけ、東京外国為替市場で円相場は一時1ドル=104円台に下落。円高警戒感が後退したことも相場を下支えした。東証1部の売買代金は概算で1兆7731億円と低調だった。
 朝方は前日の米株安やニューヨーク市場での円高進行を嫌気した売りに押された。一時は前日比55円95銭(0.33%)安の1万6844円17銭まで下落した。売り一巡後は人民元安の不安後退や円高一服を好感した買いが優勢となったが、あす19日午前に7~9月期の中国の国内総生産(GDP)の発表を控えるうえ、日本時間20日午前には米大統領選候補の第3回テレビ討論会も予定され、相場を左右する重要日程を前に投資家の模様眺めムードも強かった。中長期の機関投資家による大口の買いが入らず薄商いが続くなか、上値を積極的に追う動きはみられなかった。
 JPX日経インデックス400は3日続伸した。終値は前日比34.65ポイント(0.29%)高の1万2137.09だった。東証株価指数(TOPIX)も3日続伸。4.01ポイント(0.30%)高い1356.57で終えた。
 東証1部の売買高は15億3182万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1272と、全体の64%を占めた。値下がりは564、変わらずは149銘柄だった。
 前日に今期業績見通しの上方修正と増配を発表した大東建が終日堅調に推移し、大幅高で取引を終えた。三菱ケミHDや資生堂のほか、ソニーや菱地所も高かった。一方、今期業績見通しの上方修正を発表した東宝は利益確定売りに押され、大幅安となった。前場に年初来高値を更新したキーエンスは後場に下げに転じた。JTやブリヂストンも下げた。日電産や花王の下げも目立った。
 東証2部株価指数は4日続伸した。安川情報やシャープは上げ、象印や神島化が下げた。

新興株18日、ジャスダックが9カ月ぶり高値 マザーズは続伸 2016年10月18日 日経夕刊
 18日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は4日続伸した。終値は前日比11円73銭(0.46%)高い2567円88銭と6月10日の戻り高値を上回り、1月8日以来、約9カ月ぶりの高値を付けた。東証1部市場の主力銘柄に膠着感が強まる中、材料が出た銘柄を中心に新興市場に資金が流入した。
 ジャスダック市場の売買代金は概算で360億円、売買高は8045万株だった。イナリサーチやベクター、エージーピーが上昇した。半面、スパンクリトやオリコン、キャピタルAは下落した。
 東証マザーズ指数は続伸した。終値は前日比7.31ポイント(0.78%)高い949.10だった。Gunosyやマイネット、クラウドWが上昇した。ブランジスタやそーせい、ストライクは下落した。


 18日の日経平均ですが、17日の米国主要3市場は0.3%程の下落に終わる中、前日終値(16900円12銭)よりも37円81銭安い16862円31銭でスタート&序盤に16844円17銭をつけるもその後は買い戻しが入り10時頃にプラス圏に浮上。11時過ぎには16946円28銭まで上昇する場面も見られ、午前は前日比23円88銭高い16924円ちょうどで終了。
 午後も開始直後に前日終値をわずかながら割り込む場面も見られましたが、その後は上昇傾向で推移して14時40分頃に16966円90銭まで上昇して、終値ベースでも前日比63円49銭高い16963円61銭の高値圏で終了しました。
 東証1部ではアデランスが59円高の619円で10.54%高とこれでTOB価格(620円)にほぼ貼りついた形。M&Aキャピタルパートナーズが9.48%高、日本M&Aセンターが7.53%高となるなどM&A関連銘柄が物色。
 一方の下落組は、船井電機が6.56%安。JTが2.79%安と冴えませんでした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 17日の米国主... 18日のNYダウ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。