28日の日経平均 110円高の17446円41銭で終了

東証大引け、反発 円安好感し半年ぶり高値 2016年10月28日 日経夕刊
 28日の東京株式市場で日経平均株価は反発した。前日比109円99銭(0.63%)高の1万7446円41銭で終えた。4月22日以来、半年ぶりの高値を回復した。外国為替市場で円相場が1ドル=105円台と3カ月ぶりの円安・ドル高水準に下落し、投資家心理が改善した。金利上昇で金融株の採算悪化懸念も後退した。半面、2016年4~9月期決算で業績の先行きに不透明感が強まった花王や富士フイルムは売られた。
 米労働省が27日発表した一週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比で減少した。米雇用の堅調さが確認されて米利上げ観測が高まり円安が進行し、東京株式市場で輸出関連株が買われた。日米の金利上昇で銀行株や保険株の収益悪化懸念も後退し、海外ヘッジファンドの買い戻しを誘ったという。
 JPX日経インデックス400も反発した。終値は前日比91.44ポイント(0.74%)高の1万2478.58だった。東証株価指数(TOPIX)も反発し、10.40ポイント(0.75%)高の1392.41で終えた。
 東証1部の売買代金は概算で3兆1330億円だった。日銀が上場投資信託(ETF)の買い入れ増額を発表した7月29日以来、3カ月ぶりの活況だった。TOPIXの算出に使われる浮動株比率の定期見直しに伴い、機関投資家による持ち高調整の売買が膨らんだ。
 売買高は26億2881万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1370と全体の69%を占めた。値下がりは510、変わらずは105銘柄だった。
 三菱UFJや三井住友FGが上昇した。第一生命HDやオリックスは上げた。前日27日に2016年7~9月期の純利益が増益だったと発表した野村が買われた。エプソンとオムロンも上昇した。25日に新規上場したJR九州は続伸した。
 一方、NTTやJR東日本が下落した。ファナックやアイシンは売られた。
 東証2部株価指数は続伸した。アートSHDやシャープが上げた。半面、朝日インテクや安川情報が下げた。

新興株28日 ジャスダック、9カ月ぶり2600円台回復 テーマ物色旺盛に 2016年10月28日 日経夕刊
 28日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は3日続伸した。終値は前日比9円51銭(0.37%)高い2604円09銭と、1月6日(2621円10銭)以来およそ9カ月ぶりに2600円台を回復した。円安進行を好感した買いが東証1部銘柄に入って投資家心理が改善するなか、新興株市場にも資金が流入した。好決算の出た銘柄に加え、自動運転などテーマ性のある銘柄に短期志向の個人投資家の買いが入り、相場をけん引した。
 ジャスダック市場の売買代金は概算で447億円、売買高は7787万株だった。FVCやジェイテック、アイサンテクの上げが目立った。半面、ベクターやテックファム、ブロッコリーは下げた。
 東証マザーズ指数は小幅に続落した。終値は前日比0.59ポイント(0.06%)安い935.68だった。そーせいやメタップス、ミクシィが下落。Jストリームやストライク、チェンジは上昇した。


 28日の日経平均ですが、27日の米国主要3市場は米10年国債利回りが急騰したことで金利敏感株が圧迫されたことから主要3市場揃って下落。
 (NYダウ0.16%安、ナスダック0.65%安、S&P500種0.30%安で、S&P500不動産指数は2.45%安)も為替が円安に推移していたことから、前日終値(17336円42銭)よりも111円83銭高い17448円25銭でスタートしてから、午前は17406円72銭~17459円02銭までの52円程の狭いレンジで推移して、午前は前日比90円10銭高い17426円52銭で終了。
 午後はじり高傾向で推移して終盤に17461円03銭まで上昇。寄り付きはやや調整したものの、終値ベースでも前日比109円99銭高い17446円41銭で終了(0.63%高)しました。
 トピックスが0.75%高、JPX日経400が0.74%高と他の主要指数も上昇しているものの、米国のS&P500不動産指数が2.45%安になったことに警戒心が走ったのか、東証REITは1.11%安。
 円安と海外REITの売り材料のどちらが優勢になるかと思っていましたが終わってみれば高値(17461円03銭)と安値(17406円72銭)の値幅も54円31銭しかない上にも下にも動かない1日でした。
 東証1部では、カルソニックカンセイ(29.13%高)、日立マクセル(17.05%高)、カプコン(12.62%高)など6銘柄で10%以上の上昇。
 円安を好感してかオムロン(6.28%高)やアドバンテスト(5.60%高)も堅調ですね。
 JR九州は25円高の3025円で終了。

 一方の下落組でもファインデックス(21.83%安)、日本トリム(11.97%安)、エレマテック(10.62%安)の3銘柄で10%以上の下落となった他、花王が5.66%安、タカラトミーが5.44%安、リコーが4.35%安などとなっています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 27日のNYダウ... 湿布・うがい... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。