アサヒビールも値上げ、18年ぶり

アサヒビールも値上げ、18年ぶり 2007年11月30日
日経夕刊 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20071130AT3L3002H30112007.html
読売夕刊 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20071130i404.htm?from=main4
毎日夕刊 http://mainichi.jp/select/biz/news/20071130dde007020065000c.html
 アサヒビールは30日、ビール系飲料(ビール、発泡酒、第3のビール)の商品(輸入品など除く)を、2008年3月1日から値上げすると発表した。店頭価格は3―5%程度上昇すると見込まれる。原料である麦芽やアルミなどの価格上昇に対応する。酒税改正に伴う値上げを除けば、ビール価格は1990年3月以来、実質的に据え置いていた。
 同業では、キリンホールディングスが08年2月からのビール値上げを発表している。


 毎日記事によれば、アサヒビールは引き上げ幅は示していないものの、店頭価格は、350ミリリットル缶のビールが6~10円程度、発泡酒が4~7円程度、第3のビールは4~6円程度の引き上げとなる見通しのようです。
 ビール類の値上げは、既にキリンビールが打ち出していて、原材料費の高騰はもう1つの大手ビールメーカーであるサッポロビールにとっても立場は一緒ですし、サッポロビールもまず追従するものと思われますが、今回の値上げで、値上げをしにくい体質の酒専門のディスカウントストアとほとんど値引きしないコンビニなどでの実売価格にますます差が開きそうな気がします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 日航がマイレ... DV被害者に... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。