28日のNYダウは8ドル安の18161ドル ナスダックは0.5%安

米国株、ダウ続落し8ドル安 米大統領選巡る不透明感で 2016年10月29日 日経
 28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅ながら続落した。終値は前日比8ドル49セント(0.0%)安の1万8161ドル19セントだった。米景気が回復するとの観測を背景に買いが先行。だが、午後に米大統領選を巡る不透明感が意識されると次第に売りが優勢となった。
 7~9月期の米実質国内総生産(GDP)速報値は前期比年率2.9%増だった。伸び率は4~6月期(1.4%)から加速。市場予想も上回り、2年ぶりの高水準となった。年前半に低迷した米景気が持ち直すとの観測から、企業業績が景気動向に左右されやすい機械関連株などが買われて相場を押し上げた。
 午後に入るとダウ平均は下げに転じた。米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏が国務長官時代に私用メールを公務に利用していた問題を巡り、米連邦捜査局(FBI)が再捜査することが明らかになった。米大統領選の混迷が深まるとの見方から、投資家が運用リスクを避けるために株式を売る動きを強めた。
 ナスダック総合株価指数は4日続落し、同25.870ポイント(0.5%)安の5190.104と9月14日以来およそ1カ月半ぶりの安値で終えた。前日夕に四半期決算と同時に示した業績見通しが市場の期待に届かなかったアマゾン・ドット・コムが大きく下げ、指数を押し下げた。
 業種別S&P500種株価指数では全11種のうち「ヘルスケア」や「エネルギー」「金融」など6種が下げた。一方で「資本財・サービス」や「生活必需品」などが上昇した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約12億1000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約18億9000万株だった。
 四半期決算で売上高が市場予想以上に悪化した石油のエクソンモービルが売られた。決算と同時に業績見通しの引き下げを発表した医薬品卸売りのマッケソンは急落。製薬のメルクやファイザーのほか、医療保険のユナイテッドヘルス・グループなどヘルスケア株全般に売りが及んだ。クレジットカードのアメリカン・エキスプレスや通信のベライゾン・コミュニケーションズも安い。
 一方、四半期決算が市場予想ほど悪化しなかった石油のシェブロンが買われた。ゼネラル・エレクトリック(GE)による買収検討が報じられた石油サービスのベーカー・ヒューズに買いが膨らみ、GEも上昇した。前日夕に発表した四半期決算で1株利益などが市場予想以上となったグーグルの持ち株会社アルファベットも上げた。機械・航空機のユナイテッド・テクノロジーズやホームセンターのホーム・デポも買われた。

NY商品、原油が反落 OPEC減産協議見極めで 金は3週ぶり高値圏  2016年10月29日 日経
 28日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場が反落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の12月物は前日比1.02ドル安の1バレル48.70ドルで終えた。一時は48.42ドルと、期近物として4日以来ほぼ3週ぶりの安値を付けた。石油輸出国機構(OPEC)の減産協議を見極めたいとして、持ち高調整を目的とした売りが膨らんだ。
 OPEC加盟国は28日、9月に暫定合意した減産の枠組みを巡って専門家らで構成する委員会で協議した。一部報道によると29日には非加盟国にも協力を取り付けるもよう。しかし、イラクは既に減産に対して否定的な考えを示し、ロシアの協力にも不透明感が漂っているため、主要産油国による減産を見込んで買いに傾けていた持ち高を解消する売りが広がった。
 朝方発表された7~9月期の米実質国内総生産(GDP)速報値は前期比年率2.9%増と市場予想(2.5%増)を上回った。石油サービス会社ベーカー・ヒューズが公表した米石油生産の掘削設備(リグ)の稼働数は前週から小幅に減ったが、OPECによる減産協議を見極めたいとの姿勢が強く、ともに相場の反応は限られた。
 ガソリン、ヒーティングオイルも反落した。
 金先物相場は続伸した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で、取引の中心である12月物は前日比7.3ドル高の1トロイオンス1276.8ドルで終えた。通常取引後の時間外では一時1285.4ドルまで上げ、中心限月として4日以来ほぼ3週ぶりの高値を付けた。
 米大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題を巡り米連邦捜査局(FBI)が再捜査すると伝わった。大統領選を巡る不透明感からドルがユーロなど主要通貨に対して急速に下げ、金には買いを促した。
 朝方は売りが優勢だった。7~9月期の米GDP速報値が市場予想を上回ったのを受け、米国での年内利上げ観測が強まり、金市場への資金流入が細るとの見方から売りが出た。
 銀、プラチナも続伸した。


 28日の米国主要3市場は続落。
 NYダウは、前日比8ドル49セント安い18161ドル19セントで終了(0.05%安)。
 ナスダックは、前日比25.87ポイント安い5190.10ポイントで終了(0.50%安)。
 S&P500種は、前日比6.63ポイント安い2126.41ポイントで終了(0.31%安)しました。
 シェブロンが3.90%高、GEが2.06%高。
 一方、米メルクが4%安、エクソンモービルが2.46%安。

 NY原油は、前日比1.02ドル安い1バレル48.70ドルで終了。
 NY金は、前日比7.3ドル高い1トロイオンス1276.8ドルで終了しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 湿布・うがい... ファミマ、ゆ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。