17日の米国主要3市場は±0.04ポイントに収まる小動き

米国株、ダウ反落し8ドル安 利益確定売り優勢 ナスダックは7日続伸 2017年7月18日 日経
 17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反落した。終値は前週末比8ドル02セント安の2万1629ドル72セントだった。新規の材料を欠く中、前週末まで連日で最高値を更新した反動で利益確定の売りに押された。ただ、米主要企業の四半期決算を見極めたいとして持ち高を一方向に傾ける動きは乏しく、下値も限られた。
 ニューヨーク連銀が17日発表した7月の製造業景況指数はプラス9.8と前月(プラス19.8)から大きく低下し、市場予想を下回った。米企業の景況感に改善の勢いが一服しているとの見方が株価の重荷となった。
 半面、今週から発表が本格化する4~6月期決算への期待は根強い。米調査会社トムソン・ロイターによると、17日時点で米主要500社は前年同期比8.2%の増益となる見込みだ。7月1日時点より利益水準はやや切り上がっており、業績への期待が相場を支えた。
 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は小幅ながら7日続伸し、前週末比1.966ポイント高の6314.431で終えた。モルガン・スタンレーが目標株価を引き上げたアップルのほか、アマゾン・ドット・コムやマイクロソフトといった時価総額の大きい主力株が買われて指数を押し上げた。
 業種別S&P500種株価指数は全11業種のうち4業種が下げた。「ヘルスケア」「エネルギー」などが下落。半面、「一般消費財・サービス」「電気通信サービス」などが上げた。
 物流のフェデックスが安い。傘下のオランダ子会社TNTエクスプレスに対する6月のサイバー攻撃が業績に大きな影響を与えるとの見通しを示したのが売り材料視された。取引開始前に発表した4~6月期決算で業績が市場予想に届かなかった資産運用のブラックロックが下落した。
 ダウ平均を構成する30銘柄ではJPモルガン・チェースやIBM、製薬のメルクなどが下げた。
 一方で、アマゾンが高い。UBSが目標株価を引き上げたうえ、食材キットの配達サービスなど新規事業に相次いで参入すると報じられたことが買い材料視された。
 物言う株主で知られるネルソン・ペルツ氏が自らを取締役に選任させるために委任状争奪戦に乗り出したプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が上昇。ダウ平均ではアップルやマイクロソフトのほか、ホームセンターのホーム・デポなどが買われた。

NY商品、原油6日ぶり反落 米国の増産継続を警戒 金は続伸  2017年7月18日 日経
 17日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場が6営業日ぶりに反落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の8月物は前週末比0.52ドル安の1バレル46.02ドルで終えた。米国で増産基調が続くとの見方が強まり、需給の緩みを見込んだ売りが優勢となった。
 米エネルギー情報局(EIA)が17日昼前に公表した掘削関連リポートで、米主要シェール鉱区の8月の原油生産量が7月を上回る見通しとなった。前週末の民間調査では原油生産向け掘削設備(リグ)稼働数が増えており、米国で供給過剰が続くとの警戒が広がった。
 5日続伸した後とあって、目先の利益を確定する目的の売りが出やすかった面もあった。
 朝方は前週末終値の近辺で推移した。石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟国が、来週にも協調減産の枠組みについて協議するとの観測が先週後半からくすぶっている。行方を見極めたいとして、投資家が持ち高を一方向に傾ける動きを控えた。
 ガソリンも6営業日ぶりに反落。ヒーティングオイルは3営業日ぶりに反落した。
 金先物相場は続伸した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で、取引の中心である8月物は前週末比6.2ドル高の1トロイオンス1233.7ドルで終えた。ニューヨーク連銀が発表した7月の製造業景況指数が市場予想を大きく下回った。米連邦準備理事会(FRB)が追加利上げを急がないとの見方が強まり、金市場への資金流入が続くとみた買いが優勢だった。
 外国為替市場でドルがユーロなど主要通貨に対して下落し、ドルの代替投資先とされる金が買われる場面もあった。
 銀とプラチナは続伸した。


 東京市場は海の日の祝日で休場だった17日の米国株式市場は主要3市場は±0.04ポイントに収まる小動き。
 NYダウは、先週末比8ドル02セント安い21629ドル72セントで終了(0.04%安)。
 ナスダックは、先週末比1.97ポイント高い6314.43ポイントで終了(0.03%高)。
 S&P500種は、先週末比0.13ポイント安い2459.14ポイントで終了(0.01%安)しました。

 マイクロソフトが0.78%高。
 一方、IBMが0.8%安、メルクが0.71%安。

 NY原油は、先週末比0.52ドル安い1バレル46.02ドルで終了。
 NY金は、先週末比6.2ドル高い1トロイオンス1233.7ドルで終了しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 家賃が1億ル... 連休明け18日... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。