熊本 山鹿市長に中嶋氏が4選

熊本 山鹿市長に中嶋氏が4選 2017年01月30日 共同
 任期満了に伴う山鹿市長選は29日投開票され、無所属現職の中嶋憲正氏(66)=自民、公明推薦=が、無所属新人で福祉施設代表の古家茂臣氏(62)を破って4選を果たした。
★熊本県山鹿市 市長選挙結果
当 19549 中嶋憲正 無現
  12598 古家茂臣 無新


 熊本県山鹿市は福岡県と県境を接する2005年1月に旧山鹿市と鹿央町・鹿北町・鹿本町・菊鹿町が合併した人口5.1万人程の内陸市で、市長選は3期12年現職を務めて4期目を目指す自民・公明が推薦する66歳の中嶋憲正氏に、福祉施設代表で62歳の前回も挑戦した古家茂臣氏が挑む、4年前と同じ顔合わせとなりましたが、
 3期12年の実績を強調した中嶋憲正氏が19549票を獲得して、12598票を獲得した古家茂臣氏を振り切って4選を決めました。
 前回(25055票VS9571票)と比べると票差は縮小して現職に対する不満も高まっているものの挑戦者は今回も及ばず。
 古家氏は前回も人口減少や財政問題を挙げて「思い切った発想の転換が必要」などと主張していましたが、正にこの指摘が今後もこの自治体の課題になるでしょうし、その人口減少問題や財政問題にどう取り組むかが4選を決めた中嶋氏には問われることになるでしょうね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 滋賀・高島市... 静岡 御殿場... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。