県南農民組合 (農)県南筑波農産センター

多くの国民が安全な国内の農畜産物を求めている。こんな時代だからこそ「作ってこそ農民!」

秋晴れの中第26回阿見産直まつり!~地元消費者1500人が阿見産直センターに集う!

2016-11-02 15:12:58 | 阿見センター
 
 地元の地産地消の拠点である阿見産直センター直売所を日頃からご愛顧いただいているお客様を対象にした年に1度の感謝祭「阿見産直まつり」が、10月29日秋晴れの中今年も盛会に行われました。今年は日照不足による野菜の高騰にて、野菜即売テントに長蛇の列。お昼前にはほとんどが品切れ状態になってしまいました。

 
 舞台ではヒューマンフアマーズの百姓フォークライブ加えて、地元のみなさんの踊りや民謡、太鼓やフラダンスなど勢いのある演奏で大いに盛り上がり、楽しい祭りの雰囲気が会場一杯に広がりました。


例年子どもたちが遊ぶ「子どもコーナー」も忙しく、今回も『どじょうすくい』『ヨーヨー釣り』が大変人気でした。子ども連れの家族の参加が多くなることで、新鮮野菜を手にするお客様がたくさん訪れました。


 農産センターからは例年通り餅つきをふるまい、多くのお客様がつきたてお餅につきあがる前から並んでいました。子どもたちも餅つきに参加。普段なかなかできない体験に大喜びしながら「ぺったん、ぺったん」と掛け声をかけてついて、自分がついたお餅を美味しそうに食べていました。
 都内の消費者と野菜ボックス産直を行う為に創設された阿見産直センター、その余剰野菜対策にと始めた直売所が、近年の地産地消の高まりの中で多くの町民・消費者に支えられこれほどのまつりを実施できるまでになりました。そしてこれからも消費者の皆さんと生産者とで一緒に日本の食料と農業を守っていきます!
『茨城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相続税の学習会を行いました。 | トップ | 「地域とともに歩む、これか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

阿見センター」カテゴリの最新記事