県南農民組合 (農)県南筑波農産センター

多くの国民が安全な国内の農畜産物を求めている。こんな時代だからこそ「作ってこそ農民!」

生産法人の取り組みを視察!~つくばみらい市やわら生産組合

2017-04-10 18:55:11 | 県南筑波農産センター

4月10日(月)茨城ふるさとネットが主催して「経営学習交流会」が開催されました。視察会場のつくばみらい市農事組合法人やわら生産組合には県内各地から27名が参加しました。

代表の市川智さんから経営内容、施設の説明と米づくりを継続するための今後の見通しなど伺いました。参加者からは、「補助金を活用して生産法人が地域の中でしっかり活動できている例を広げていきたい」 「高齢化してきているいま、共同で作業を行う取り組みは大変勉強になった」など感想がありました。

視察している隣のハウスでは苗づくりの真っ最中でした。市川代表をはじめ組合の皆様、お忙しい中対応していただきありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「新たな理念に決意を込めて、産直の未来を考える」~第15回いばらき県南阿見産直センター通常総会~

2017-03-28 17:50:02 | 阿見センター

 3月25日早春の穏やかな日、28名の組合員・準組合員・役職員が出席しました。第一部の特別講演は、演題「阿見産直センターの理念」を、合同会社スタンス代表の古目谷忠様にお願いしました。古目谷様は県南筑波農産センターと阿見産直センターの理事で構成する新事業策定委員会の外部専門家委員です。私たちにとって「理念」がなぜ必要なのか。「理念」のもとに中長期目標が立てられ事業計画があり、毎年の事業の実践が理念の実現のために行われていくことが、わかりやすい図解を通して述べられました。

第二部の総会は、中島代表理事の挨拶に始まり、県南農民組合組合長 渋谷俊昭様、県南筑波農産センター代表理事 細田正幸様にご挨拶を頂きました。この後、東京新婦人と地域新婦人の各支部からお寄せいただいた皆様方の、あたたかいメッセージを披露させていただき議事に入りました。

 

2016年度事業報告、会計報告、監査報告(第1号議案)では、全体の売上実績が前年度比108%であったことが報告されました。昨年9月中旬以降の日照不足で秋冬野菜の生育遅れ、また、11月の降雪によって葉物やカブ等に大きな被害が出ました。新規就農者にとっては産直センターが「自分たちの拠り所」「仲間のいるところ」であり、「好きな農業」を共有できる居場所であることで頑張れています。東京産直野菜ボックスは、利用者の皆様の努力と梨や干し芋などの特別企画をご利用いただくことで取扱高の減少に歯止めがかかっています。地元生協向けの出荷も順調に伸長することができました。消費者交流会では里山体験に子供や若い両親の参加が定着したこと、新たな取り組みとして東京土建練馬支部様との田植え・稲刈り交流会120名の参加とお米の供給をしたことが報告されました。

 

2017年度の方針・計画(第2号議案)、役職員人事(第3号議案)、定款の改正(第4号議案)、脱会による出資金の払い戻し(第5号議案)は、全て原案通り可決されました。これまでなかった法人の理念・ビジョン(案)を組合員の言葉で策定し、みんなで共有していきます。中長期にわたる展望をもった経営判断ができる理事会になることとその基盤づくりとして定数の見直しと常勤の専務理事を配置することを提案しました。来年4月1日には県南農民組合の2つの産直組織の合併をめざします。今年度は合併決議に必要な諸課題を整理して、新たな力を発揮できるような事業計画を策定していきます。今年度中には、新たな土地に事業所を建設し移転を完了します。皆様に愛着をもっていただける施設となりますよう準備を進めてまいりますのでご協力をお願いいたします。

協同組合である私たちの事業は、組合員の協働力が発展のカギとなります。産直センターはひとりひとりが共に成長する場であり続けることをこれからも大切にしてまいります。 

阿見産直センター 事務局長 田中宣之

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つくば市議会で請願が採択されました!

2017-03-24 10:35:53 | 県南農民組合

 県南地域自治体の3月議会において「農業者戸別所得補償制度の復活を求める請願」を各自治体にむけて取り組んできました。その中でつくば市議会においてこちらの請願が本会議で十分な審議されて結果採択されました!今後も農業者の声を国に届けるために運動を広げていきます!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農業者戸別所得補償制度の復活を求め請願、渋谷組合長が意見陳述で訴える!

2017-03-15 18:54:39 | 県南農民組合

 平成22年より減反対策の一環で始まった「農業者戸別所得制度」が平成26年度から半減し、平成30年産米から減反政策に伴い廃止されることが決まっています。現在の米価のままでは補助金をもらっても営農を成り立たせることが厳しく、再来年になれば補助が撤廃されて農業者の不安が広がっています。そんな中で、全国農民連の提起によって農業者戸別所得補償制度を復活させるための請願を全国で取り組み、茨城県南地域の7市町村でこの3月議会で請願を届けました。そんな中で、3月13日(月)には取手市議会で請願者の意見陳述会が行われ、渋谷組合長が農家の生の声を議会の委員に訴えました。

渋谷組合長は農業者戸別所得補償制度の内容を細かく説明しながら、「これからも農業を継続していきたいと強く思っています。農業を継続してく上で戸別所得補償制度の存在は大きな後押しになります。農業を続けることで農地が守られ、集落コミュニティーが保つことができます」と限られた時間の中で農民の声を代表して訴えました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3・11重税反対全国統一行動。400人を超える人が声を上げデモ行進!

2017-03-13 18:18:25 | 県南農民組合

今年で48回目をむかえる「重税反対全国統一行動」が3月13日(月)全国556カ所で実施され、県南地域では民商とあわせて龍ヶ崎全体で100名(県南農民組合70名)と土浦全体で300名(農民連180人、うち常陸野農民センター130人、県南農民組合50名)で開催されました。この行動は1970年に始まり平和で安心して働き生きることを願う団体、個人が重税反対の一点で団結し「納税者の権利を守れ」「庶民の生活費に課税するな」「税金の使い方をただせ」と訴えながら自分の手で確定申告を提出する全国統一行動です。

 
龍ヶ崎会場では、県南農民組合渋谷組合長が「アベノミクスによって私たち国民の生活が向上するどころか、恩恵は一部の富裕層だけに集中し、格差貧困が拡大して低所得世帯が重い税負担に悲鳴を上げています。農家も安い米価で米つくってメシ食えない状態が続き、税負担が重くのしかかっています。安倍政権は今年4月実施する予定だった消費税10%引き上げをアベノミクスの失敗と納税者の反対で2019年まで延期せざるを得ませんでした。延期ではなく即刻中止の声をあげよう」と訴えました。

 

土浦会場では、土浦民商高橋会長が全国統一メッセージを読み上げ、「私たちは税金を払う代わりに誰もが安心して暮らせる社会制度の充実を求めます。国民主権に基づく申告納税制度の擁護、発展を目指して助け合いの自主申告を強め、本日の統一行動を息高く成功させようではありませんか」と挨拶しました。集会後には、街中を横断幕やプラカードなどでアピールし税務署までデモ行進を行いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県南農民組合第30回定期総会を開催!

2017-02-06 13:03:29 | 県南農民組合

 2月2日(木)龍ヶ崎市コミュニティセンターにて第30回県南農民組合定期総会が行われ、約40名の会員が集まりました。 今回は節目の30回総会ということで、二人から記念講演がありました。

 最初に農民連ふるさとネットワーク事務局長湯川喜朗氏より「安倍農政に負けず農業と農村の復権へ~生産、共同、仲間づくりを広げよう!」と題して講演をいただきました。湯川氏は今の農業情勢と世界の動き、TPP交渉決裂からさらに厳しい日米FTAへのシナリオについて解説。国の助成金などを最大限利用して生産をあきらめない取り組みなど多くの資料とあわせて説明していただきました。

 二人目の講演として農民連ふるさとネットワーク米担当石田重信氏より「コメを中心にした茨城の今後の展望について」と題し講演。再生産できない低米価の中で、農民連の準産直米の経験とつながりを活かして、さらに仲間を増やして生産に励み、大手流通に負けない取引を広げようと話をされました。

 総会では事務局長の山口から一年間の活動報告と活動方針を報告。昨年一年間の活動が国会前や県内各地、市町村議会請願などTPP交渉撤退を求めたものであり、運動を発展させた年だったことを解説しました。その後は各部会からも活動報告。 総会の最後には選挙が行われ、再び渋谷組合長が選出されました。今年も農民連の方針に団結して、全国、全県の仲間と力を合わせてたたかい、地元で積極的に会員読者を誘う仲間づくりを提案し、参加者からは全会一致で採択されました。

また今回は30周年記念総会として「30周年記念湯呑」が会員に配られました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県南地区新婦人の皆さんと新春そば打ち祭!

2017-01-25 18:04:13 | 交流会
 茨城県南地区産直に取り組む農民連と県南地域新婦人産直担当者との定例会議を1月は「新春そば打ち祭」にしようと昨年末に提案。ベテランのそば打ち職人?のお父さんにも参加してもらい、1月25日(水)新川集会所の調理室でそば打ちを行いました。

  

材料は常陸秋そばのそば粉、つなぎの小麦粉、それに天然水。

  

8:2の割合で混ぜ、ふるいにかけたそば粉を少しずつ水を混ぜながらこねます。

 

最初は手で伸ばし、途中から棒で丁寧に伸ばしていきます。

 

大きく伸ばされた状態から折ってたたみ、そば切り包丁で細く切っていきます。

 

大きめの鍋で沸騰したお湯に30秒程度くぐらせて盛り付ければ完成!

 

みんなで和気あいあいと楽しく過ごしながら、そば打ちを体験!そのあとは美味しくいただきました!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農民連第22回定期大会が3日間開催されました!

2017-01-18 18:43:14 | 県南農民組合

 2年に一度の農民連第22回定期大会が1月16日から3日間開催されました。安倍暴走政治とTPP・農政改革ストップ!を掲げた今回の定期大会、全国から代議員評議員あわせて300名を超える参加者が集まりました。
 大会冒頭では白石会長が挨拶。「私たちには、TPPを許さなかった6年間にわたる共同の運動があり、食料主権に基づく農政転換への展望がある。安倍政権を打倒し、新しい農政を実現するために全力をあげよう」と訴えました。その後は日本共産党紙智子議員、日米連長谷部理事長、全労連小田川議長、新婦人米山副会長、全商連太田会長、全漁民連ニ平事務局長が来賓あいさつを行い、農民連への期待の言葉を述べました。真島副会長が、TPP・農政改革についての特別報告、吉川事務局長が「農業と農村の復権へ、生産、共同。仲間づくりを広げよう」と常任委員会からの報告を行いました。

 
 
 
 
 
第2部のレセプションには、日ごろから農民連と運動、事業、産直などで交流のある団体・個人の方々が多数集いました。47都道府県の農産物、地酒、加工品などの逸品が並び、参加者は舌鼓を打ちました。

 
茨城からは阿見産の干し芋と地酒など持ち寄りました。

 
舞台では埼玉の民謡高橋一座、茨城のヒューマンファーマーズなどが盛り上げ、楽しい夜を過ごしました。

(大会ニュースより一部引用)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つくば新婦人の産直野菜米つかった新年会に参加!

2017-01-16 18:07:39 | 県南筑波農産センター
 1月15日(日)つくば新婦人産直友の会の新年会に招かれ、そこで新年のご挨拶かねて農業情勢学習会を開きました。食事前に今の日本の農業の現状と農民連の取り組み、そしてTPP交渉批准が国会で強行採決されても、世界の流れからはまだあきらめない情勢だと報告。「産直運動の広がりが日本農業を支えていることを実感」「TPP交渉阻止させる運動の成果を継続させよう」など意見が出されました。
 
 食事前にはゲームが用意。テーブルごと箸で大豆を時間内にどれだけ移動できるかのゲームが行われました。「意外と難しい」「手が震えてつかめない」など空腹前の異様な盛り上がり(笑)

 
お昼は、事前に各班で料理を持ち寄りつつ、農産センター産直米のごはん、阿見産直センターの新鮮野菜材料のおかずなど、盛りだくさんのランチにみんなで舌鼓をうちました!新婦人の会員さんが一同にあつまるのは数年ぶりとのこと。これからも産直運動を盛り上げていけるように応援していきます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年最初の茨城農民連「鍬入れ式」

2017-01-12 18:00:07 | 県南農民組合
 茨城農民連では1月11日午前、第1回拡大執行委員会を開催し、1月16日から都内で開催される全国連大会決議案を参加者で討議しました。そのあとには毎年恒例の「鍬入れ」。正月料理などをもちよって恒例の「鍬入れ」を開き、これも恒例となった書初めを行い、全員が新年の決意を発表しました。常陸野農民センター会長による「ガマの油売り」も披露されました。

  
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加