県南農民組合 (農)県南筑波農産センター

多くの国民が安全な国内の農畜産物を求めている。こんな時代だからこそ「作ってこそ農民!」

それぞれの苗の生育状況を確認しました!~2017田んぼ現地検討会実施

2017-06-19 11:46:53 | 県南筑波農産センター


夏空の6月17日(土)毎年実施している田んぼの現地検討会を開催しました。朝一番に阿見地区をスタートして県南地域5市町地域20圃場ほど会員の田んぼの生育確認にのべ30名ほどの生産者が参加しました。

 

基肥肥料販売でお世話になっている(株)柏屋肥料店市毛社長に今年の生育概況の資料を用意していただき、さらに今年は茨城県で発生してきている「雑草イネ「イネ縞葉枯れ病」についての情報、対策なども詳しく説明していただきました。栽培については今年も多木化学肥料(株)より橘技師を講師にお招きして、現在の葉色の状態からみた肥培管理や水管理などを苗を抜き白根の伸び具合など比較しながら説明していただきました。

それぞれの田んぼごとに「特別栽培生産圃場」の看板を掲げてあり、生産者本人の写真が栽培計画書の参考資料となります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も甘いメロンが収穫されました!~阿見産直センターメロン目揃い会

2017-06-14 17:09:05 | 阿見センター

阿見産直センター直売所での看板商品「阿見グリーンメロン」の出荷が近づき、6/14午後からメロン生産者による目揃い会を実施。今年は天候にも恵まれ品質も上々、収穫されたメロンを切って糖度をはかると17度を超えるものが多く、皆で試食してもとても甘いと好評!今週末から出荷が始まります!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな農政だからこそ農民連の出番!学習し仲間に語って運動を広げよう!~役職員学習研修会を開催

2017-06-06 09:15:03 | 県南農民組合

6月5日(月)土浦市内において茨城農民連・産直ネットワークいばらき主催の「役職員学習研修会」が開催され、県内の農民センターや産直組織から30名ほどが集まって学習しました。

 最初は全国農民連副会長、千葉県農民連副会長の小倉毅氏を講師に、情勢の特徴と「農民連行動綱領」について講演していただきました。食料・農業をめぐる情勢と当面のたたかいとして①国連が訴える「家族経営こそがの業の主流である」こと②TPP破たん後の危険な策動③安倍農政改革の猛攻④財界主導のアベノミクス農政⑤食料主権・家族経営を基本にした農政への転換する推進役は農民連であるということを5月に編集されたばかりの「ストップ!日米FTAと安倍農政改革」農民連ブックレットを資料にしながら詳しく解説。小倉氏自身も成田市で13haを耕作する農民であり、その経験に基づいた運動について「生産費を支える政策を政府がつくらないと自立できる農家が育たない。農民連の運動を盛り上げて社会を変えていこう!」と熱く語ってくれました。

 続いてふるさとネットワークいばらき事務局長の奥貫定男氏より役職員の役割などについて講演をいただきました。組織について、役員とは、事務局とは、それぞれの基本姿勢と役割と責任、留意点など組織運営に携わる実務の項目整理について再確認しました。奥貫氏は「役員と事務局は組織運営の車の両輪である。情報を共有し、互いに理解を深め、力を合わせてこそ前に進む。大志をもった取り組みが必要である」と語りました。初めて参加した役員は、「改めて役員の役割が分かってよかった。理事という立場で責任を果たし、事務局任せにせずに、運営に協力できれば。」と感想を語りました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もアイガモが田んぼで働いています!

2017-05-29 12:26:10 | 県南アイガモ通信

龍ケ崎市辰澤正寿さんの田んぼでまた今年もアイガモ栽培を行っています。

 

たまには働きの悪いアイガモ軍団もあります(^^;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

監視社会にさせない!黙っていられない!~共謀罪法案反対国会前座り込み行動!

2017-05-24 11:59:18 | 県南農民組合

衆議院で共謀罪の採決が行われる予定の5月23日(火)、黙っていられず、国会前での座り込み行動に参加。当日は季節外れの陽気で暑い中、共謀罪成立阻止にむけての全国から1200名を超える人が「市民監視の法律いらない!」「強行採決絶対反対!」と声をあげていました。

国会議員の方も挨拶。民進党辻元清美議員は「治安維持法の時代より携帯やSNSある今の方が監視される恐れある。何としても廃案に追い込む」と強い決意を語ってくれました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日食べるお米は今日の田植えした苗から!~消費者との田植え交流会

2017-05-14 15:19:52 | 交流会

雨上がり曇り空の5月14日(日)毎年恒例の都内消費者の皆さん約30名が訪れて田植え交流会が開催されました。

田植えのまずはじめには県南農民組合組合長渋谷さんから植え方の説明。「2~3本ずつ線に沿って植えていくんですよ~」

さっそく小さな苗を手に田んぼに入ると「キャー気持ち悪いー」「ヌルヌルしているー」と大騒ぎ。しばらくすると小さな子どもたちも静かに真剣に田植えを体験していました。

しばらくすると興味が違うところに向いてしまい、カエル捕獲を楽しんでいる子もいました。

田植え終えて直売所にやってきてからは、お米運ぶ台車で遊ぶのが大人気!

田植えの後にはお楽しみの食事交流会。農家の手作り料理にみんな笑顔になって美味しそうに食べていました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿見町大形発電所の売電が始まる!

2017-05-10 18:28:27 | 県南筑波農産センター

小雨交じりの5月10日(水)県南筑波太陽エネルギーが建設してきた大形1号発電所の工事が完了し、本日売電からが始まりました。

 

さっそくパワコン作動させ通電させてみましたが、雨降りで太陽が出ていないため発電していません。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

植えた苗が毎日食べるお米になることを実感~都内の小学生の田植体験を実施しました!

2017-05-08 14:52:54 | 県南筑波農産センター

 絶好の田植え日和で夏のような陽気の5月8日(月)に毎年恒例、東京都武蔵野東小学校5年生約70名が田植え体験に阿見町大塚さんの田んぼにやってきました。元気に挨拶を済ませた後には、田んぼに行く前に並んで大塚さん夫妻からの苗の植え方指導。

「苗は3本ずつ、みんなの足の大きさくらいの幅で、田んぼの線に沿って植えてくださいね~」(大塚父)

「競争じゃないから早く植える必要はありませんよ~ゆっくりでいいからしっかり丁寧に植えましょう~」(大塚母)

子どもたちは元気に返事をして田んぼに向かいました。

さっそく田んぼに入ると、ヌルヌルした感覚に子どもたちは大騒ぎ!でもそのうちに慣れてきて、一人ひとりが田んぼの中に描かれた線に沿って苗を植えていきました。しばらく植えていくとだんだんと慣れた様子になり、自分のペースでスムーズに植える子、曲がりくねって植えてしまう子、ドロ遊びを始めしりもちをつく子など子供らしく田植えを体験していました。

子どもたちの足跡がのこる田んぼの様子。

田植えの後にはクラスに分かれて記念撮影。4か月後の9月には同じ田んぼの稲刈りが待っています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すがすがしい竹林の中で竹の子掘りは最高!~阿見産直センターで竹の子掘り交流会開催!~

2017-04-24 16:08:23 | 阿見センター

 

4月22日(土)阿見産直センターで竹の子堀り交流会が開催されました。昨年は5年ぶりの再会だったため非常に多くの方の参加がありましたが、今年は2年目でより少し減りましたが板橋、新宿、豊島北の地区から55名の方が参加されました。仲間を増やす取り組みとしてゲストさんの参加もありました。

阿見産直センターから上小池公会堂に移動したのち、3班に分かれて徒歩で竹林に向かいました。それぞれのグループには生産者が案内役として2名ずつ担当しました。竹の子の掘り方をアドバイスしたり、お手伝いをして喜ばれました。

 昼食交流会では、手作りの野菜料理で皆さんをおもてなししました。竹の子汁は、掘りたての竹の子をあく抜きせずにそのまま具材にしているところも皆さん驚いていました。掘りたてならではのダシがおいしさの秘訣です。また、カブを生で食べたのが、驚きでとても甘くておいしいとの感想をいただきました。 天ぷらや大きなおにぎりも好評でした。

 「また、来年も元気でお会いしたいです」との生産者からの挨拶に、みなさんが大きくうなずいていたのが印象に残りました。日頃、野菜ボックスをご利用いただいている皆様と顔をあわせて交流できる機会をこれからも大切にしていきたいと思いました。

(阿見産直センター 事務局長 田中宣之)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生産法人の取り組みを視察!~つくばみらい市やわら生産組合

2017-04-10 18:55:11 | 県南筑波農産センター

4月10日(月)茨城ふるさとネットが主催して「経営学習交流会」が開催されました。視察会場のつくばみらい市農事組合法人やわら生産組合には県内各地から27名が参加しました。

代表の市川智さんから経営内容、施設の説明と米づくりを継続するための今後の見通しなど伺いました。参加者からは、「補助金を活用して生産法人が地域の中でしっかり活動できている例を広げていきたい」 「高齢化してきているいま、共同で作業を行う取り組みは大変勉強になった」など感想がありました。

視察している隣のハウスでは苗づくりの真っ最中でした。市川代表をはじめ組合の皆様、お忙しい中対応していただきありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加