ias デザイン室

(株)社会空間研究所のデザイナーが作成した作品を集めたお部屋です。ぜひ、立ち寄って行ってくださいね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メダルの音。

2016年09月23日 | Watch & Think

リオデジャネイロ・パラリンピックも閉会し、オリンピックイヤーが終わりました。
閉会式での2020年TOKYOへの引き継ぎのパフオーマンスのおかげで、これから4年間ふわふわわくわくした気分が続くのでしょうか。

今回のパラリンピックは今までの大会と比べてとてもTVで取り上げられました。その報道の中で記憶に残ったのは感動的な競技シーンもさることながら、メダルの話でした。
女子柔道でメダルを獲得した選手が「選手村に帰って、部屋でずっとメダルを振っていた。とてもうれしい」と言っていました。(振る?)と思った瞬間、アナウンサーが「今回のオリンピックからメダルの色を判別できるよう金属球が入っているそうです。今までもメダルに点字は刻印されていましたが、音でメダルの色を識別できるようになったのは今大会からです」
その後は、アナウンサー達が銀メダルの音がいいとか銅メダルの音の方が好みだと言い合った。

パラリンピックは1964年東京大会からだそうだが、52年間、目に障がいのある選手は点字によってのみメダルの色を感じていたのかと思うと少し味気なかったのではないかと思う。それは目の見える者が同じ色の円盤に金、銀、銅と書いてあるメダルを貰ってもテンションが上がらないのと一緒ではないだろうか。金、銀、銅で色分けされているからこその感動なのだから。
音で何色のメダルなのかがわかる。これはもの凄い高揚感だろう。隣に色の違う選手が居たらなおの事。比較することで優越感と劣等感を味わうのは次につながる。次はあの音のメダルが欲しいと、一番いい音のメダルが欲しいと願うだろう。
2020年の東京でもこの「音に色をつける」素晴らしいデザインは引き継いでもらいたいと思う。

友人とパラリンピックの話をした時、記憶に残ったことと皆が口をそろえてメダルのデザインを挙げた。
「それ思いついた時、上から降ってきたって思っただろうね~」
「一生に一度あるかないかってぐらい、幸せな気分だっただろうな」
「歴史変えたって思っただろうねぇ」
思いついた誰かにも金メダルをあげたい。デザインの話題でこんなに幸せな気分になれたのは久しぶりだ。

リオ五輪開催の前は、懸念材料満載で不安視されていたけれど、終わってみれば人間味溢れるいい大会だったような気がする。他のものにやさしいという事が、うまくいく一番の要因なのだと思うから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Rio 2016 font

2016年08月19日 | Watch & Think

リオデジャネイロ オリンピックもあと数日。
日本の真裏の大会ですが、普段から不規則な生活を送っている為、時差をものともせず観戦しております。

ネットでは既に話題になっていますが、リオ五輪のロゴやフォントはかわいいですね。

特にロゴはまるで人が跳ねて踊っているかのようです。筆記体っぽいのも新鮮です。(そういえばこの頃、筆記体ってあまり書く人いないですね。)

ロゴデザインは、イギリスのフォント制作会社のDalton Maag社。
ロゴデザインのmakingを見ましたが、何を言っているのかわからないまでも思い入れの凄さが伝わってきます。
試行錯誤などではなく、ひたすら案を出し続けロゴを作っていく様は、見ているだけで疲れるほどです。
デザインって、大変~って思います。 
オリンピック・パラリンピック以上に大きな仕事ってないですよね。地球上のありとあらゆる場所から、その一瞬をみているんですから。

このRio 2016 fontを見るとこの夏を思い出すのでしょうね。
2020年、TOKYOはどんなデザインが溢れているのでしょうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■今年はオリンピックイヤー。

2016年08月05日 | Illust gallery

弊社では、スポーツを活かしたまちづくりの業務を請け負う事があります。また、社員でフラッグフットボールの運営に携わっている人もいます。

リオ2016オリンピックが始まりましたが、記憶に残る名勝負がたくさん生まれるのでしょうね。

 

2020では野球が復活!

パラリンピックは一か月後、9月7日からです。

同時にやってくれればいいのになぁ。

冬のスポーツも。

中央のイラストがフラッグフットボールです。

アメリカンフットボールから身体的接触を取り除き、腰の左右に付けたフラッグを取ることで

タックルの代わりとする、年齢、性別に関わらず老若男女が楽しめるよう考案されたスポーツです。

ラジオ体操でまちおこし!

これらは以前、スポーツイベントを活用した地域の活性化事例集の表紙用に書いたものです。

表紙には9種目のみ使用しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くまモンナイト

2016年05月18日 | 行ってみた、やってみた (^_^)
熊本の地震の直後、友人の知り合いのデザイナーが「くまモンナイト」を開いた。
参加条件は活動を自粛しているくまモンをこっそり連れてくること。
「あなたんとこの犬、黒っぽかったよね、貸して~」というメールに我が家の痩せっぽちのお嬢様をくまモンに変身させて送り出した。
 
 
参加したデザイナーやイラストレーター達は非体育会系で若干高齢化していることもあり、熊本の状況も状況だしボランティアなんかで行ったら足手まといだよね、だったらまぁこっちで手を動かして、ついでに飲んで騒いでみようということになったらしい。
(理由つけて飲みたいだけなんていう人もいたみたいですが、何もしないくせに文句を言っちゃいけない)
 
さてさて集まった自称くまモン達は、それぞれのパフォーマンスにより「いいね」を集め、1いいね=500円を連れてきた人が募金するというルールはドキドキの大盛り上がりだったそうだ。
最高いいねを叩き出したのは、まあるい赤ほっぺを貼った特大ふなっしー様で、20いいねを獲得、ブシュ~と梨汁を(連れて来た人が…)吐いていたそうだ。
我がお嬢様は、変顔と背景の鯉のぼりが季節柄ナイス!という事で4いいねだったそうだ。
 
そして、くまモンが活動を再開した。
一夜限りの自称くまモン達は、ほんのちょっとだけだろうが「踏ん張れ」に手助けできたことだろう。
友人の話だと、そのデザイナーさんは、KOBEナイト、福島ナイトと銘打ってずっとずっと「踏ん張れ」ナイトを続けているらしい。
 
デザインもイラストも苛酷な現実の前には非力だけど、TVの中で子供たちに駆け寄るくまモンを見て、ちょっとほっとして、大丈夫だって思ってしまうのはまだまだ甘いのかもしれないけれど、人ってどこからかはこういうものが必要なのだと思いたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高津さんぽみちワークショップ、参加者募集!

2016年02月12日 | 作品紹介

IAS 建築・まちづくり通信の方にも掲載されていましたが、高津さんぽみち「下作延・上作延コース」マップ作成のための市民ワークショップの参加募集のチラシを作成しました。

表面だけでしたが裏面はコースの地図とプログラム、イラストの線画の女の子はカラーです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加