おしゃべりなゆび

いーちゃんと私と花と映画と木村さん  
日々思った事を書いていきます。

キング・アーサー

2017-06-22 | 映画

 ストーリー : 王の息子として生まれ、その跡を継ぐ者とされていたアーサー(チャーリー・ハナム)。だが、暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)によって父と母を殺され、スラム街へと追いやられてしまう。過酷な環境の中、アーサーは生き抜く知恵を身に付け、肉体を鍛える。やがて、無双の力をもたらすとされる聖剣エクスカリバーを手にする。仲間たちと共に圧政を敷くヴォーティガンを倒し、王座に就こうとするアーサーだったが……。

 アーサー王をめぐる伝説をベースにしたアクション。王であった父を殺されてスラム街で生きてきた男が、聖剣エクスカリバーを手に親の敵である暴君に立ち向かう。メガホンを取るのは、『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチー。


  2D字幕版で鑑賞

 鑑賞理由は ジュード・ロウ氏がご出演だから♪(笑)

 

 ジュードさん、アーサー王の叔父様で登場
兄王に使えていたが 兄に対して謀反を企み 魔術師の力を借りて王国を手に入れる
兄王・ユーサーは殺される直前 一人息子を舟に乗せ逃がす
舟が流れ着いた町で娼婦によって育てられた王子アーサー
出生を知らぬまま喧嘩に明け暮れながら逞しく育っていく
 ある日、同じような年ごろの青年たちが王軍によって捉えられ ある場所へと連行されていく。 そこには岩に突き刺さった1本の刀があった。 兵士に言われるがまま その刀の柄を握った瞬間、アーサーは稲妻に撃たれたような衝撃を受け気絶してしまう
 
  監督はガイ・リッチーさん
シャーロック・ホームズ(大好き)とか見ましたけど 今回もリッチーさんらしい映像がたくさんあって 面白かった。 中性のヨーロッパ、ほぼ暗くて薄汚い(笑)
人間と魔術師がいて 互いに利用しながら共存をしている
アクションシーンがお見事だし ファンタジーとして観れば楽しい作品でした

 ジュードさん・・
自身の野心の為に 悪魔に魂を売り渡した王
お顔がお綺麗ですからね(笑)  悪役が映えてとっても邪悪感たっぷりでお似合いでございまった (笑)

 主演の方、以前出演された作品も鑑賞したことがあるけど 印象に残って無いのか全然だれか分からなかったけど 鍛え上げた素晴らしい体でした・・顔は ちょっと好みのタイプではないけど・・ね

 アーサー王の伝説の始まり・・エピソード0って感じかな?
ファンタジーアクション作品として面白かったです

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« びっくりしたぁ~ | トップ | 海老さま »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。