Who Am I

お前は大地の広がりを隅々まで調べたことがあるか。その全てを知っているなら言ってみよ-私はこの口に手を置きます ヨブ38章

フレッド・コレマツ

2017年01月30日 | ゴスペル
今日の英語版グーグルのサイト、見慣れない名前が。「フレッド コレマツ」



さっそく誰なのかチェックしてみた。

○第二次世界大戦期のアメリカ合衆国における、日系人の強制収容の不当性を訴えた権利擁護活動家

○1998年、アメリカにおける文民向けの最高位の勲章である大統領自由勲章を受章した

○2010年9月23日にカリフォルニア州政府は、コレマツの誕生日である1月30日を「フレッド・コレマツの日」と制定し、州民に憲法で保証された市民の自由の重要性を再認識する機会とした

へぇ、日系アメリカ人でこんな有名な人いたなんて知らなかった。
442部隊でアメリカの為に戦い、後上院議員となったダニエル井上氏とかは知っていたけど、アメリカ社会で日系人の社会的権利を守るために尽力した人たちはまだまだ俺が知らないところ沢山あるようだ。アメリカではトランプ新大統領就任後、まだ10日ではあるけれども、移民入局拒否法令が出される等の波乱が続いてる。 俺みたいな日本人の外国人が今このような生活が守られているのは、こういう先人の苦労のおかげであります。その権利を無駄に使っちゃダメやなぁと今一度思いました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタ者達

2017年01月28日 | 体育会系のススメ
仕事中、妻からメールが入った。
『たしんさんから郵便物届いてるよ』と。何っっ~!
実は不在中に日本から国際スピード郵便が届いていたらしいのだけど、それを取りに妻が郵便局に行って分かったことだったのだ。
まさか差出人が憧れのたしん兄貴からとは。

で、中身はこれでした。お~!
シルベスター・スタローンをこよなく愛する者達の集まり『スタ者』がみんなで来ているTシャツじゃないか。


先日、スタ者達はこのTシャツを着て今月も映画鑑賞会(なんと4回目)をしたばかり。鑑賞の内容は勿論ご想像の通りです。
フェイスブックでチラッとその模様を見たんだけど、「あー、俺だけアメリカだからこの輪の中入れなんだよなぁ」と少々の哀愁漂わせてばかり。
映画鑑賞会のほかにも格闘技大会後の「○○○打ち上げ」でも集まる楽しい人たちですが、過去に参加できなかったこの楽しい集まりに個人的には「ミスり慣れ」感もあり、自分はすっかり蚊帳の外。
そんな中でのこのサプライズに一人興奮。今月上旬にデザインされたばかりなのに、今月中に突然自分宛てにこのTシャツが送られてくるとは。
写真撮ってくれた妻も理解できてません。

そのスタ者達の中心人物がたしんさんなわけで、とにかくあらゆる才能にあふれたすごい人。
映画、格闘技においては博士号級で、肖像画の腕はプロ顔負けで、文才に溢れ、礼儀正しく、曲がったことが嫌いで、でも本人はちょいワルな風貌。
男の兄弟がいなかった自分には憧れの兄貴なわけです。

さて、このTシャツ、もちろんたしんさんデザインのオリジナルですが、自分はこれでたしんTシャツは5枚目です。
「シルベスター・スタローン中毒」の文字がTシャツのプリント可能域の上限ギリギリまで引き上げたデザイン。
写真では見えないけど、その下に粋なセリフが書かれてます。
ロッキーシリーズ6作目「ロッキーザファイナル」の中でロッキーから息子に宛てたスーパーモチベーションアップなセリフです。
"It ain’t about how hard you hit, it’s about how hard you can get hit and keep moving forward, how much you can take and keep moving forward."

凹んでスタートした2017年。そんな時に素晴らしく励まされたタイムリーヒットでしたわ。
ありがとうございます。たしん兄貴。押忍!







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

結婚記念日

2017年01月25日 | ゴスペル
先週末からの出張から帰ってきて、今先週の出来事アップ中。
何せ記念すべき10回目の結婚記念日だったから。

会社もばっちり休み、子供も預けるプランもしっかり出来ている。
あいにく、土砂降りの雨の中で迎える記念日だったけど。
ロサンゼルスはこの時期は雨季。10年前、よくこんな季節を結婚式に選んだものだ。。

珍しく今回はオレンジ色のバラで攻めました。


今日はとことん「思い出の場所巡り」と決めている。結婚式の日に過ごした場所、そして結婚したての時に住んでいた場所。
ほんとは10回目の結婚記念日なら皆、記念のリングとか、ハワイ旅行とかですか?。
うちはやりませんでした(笑)。

まずは結婚式を挙げたサンペドロの長老派教会へ。
が、早速トラブル発生。本日金曜日は教会はお休みでスタッフも誰もいない。鍵がかかって中に入れない(汗)。。。
が、なんとタイミングよく教会の人が通りかかり(交渉の上!)中に入れてくれた。




教会の礼拝堂で感謝の祈りを捧げた後、ウエディングの記念写真を撮った海辺のゴルフ場へ。
ここはドナルドトランプがオーナーの高級ゴルフ場。


が、パトカーが入り口で厳重取り締まり。敷地内が関係者以外立ち入り禁止。
それもそう、この日はちょうどドナルドトランンプのアメリカ大統領就任式がリアルタイムで行われている。
セレブたちの祝賀会でもやってるんだろう。。。一般庶民は引き返します。

そのあと、ロングビーチの思い出のレストランへ。ここは婚約時代、最初の妻の誕生日に使ったところ。
我々には高いので特別な日しか来れなかったし、オレンジカウンティに移住した後は一度もここに来れていなかった。
だから今日は本当に久しぶりにこのレストランに来れたのです。





その後、結婚したばかりの時、住んでいた思い出の街ロングビーチを雨の中散策。
住んでたアパート、披露宴を行った教会、よく通ったカフェ、「あー懐かしいねぇ~」ばかりでした。


夜は子供も交えてチーズケーキファクトリーのケーキで祝う。
めっちゃ濃厚。個人的にはアメリカの中では一番美味い。


夫婦互いにカードを交換。お互いへの感謝、神様への感謝を覚えるために。
子供たちからも祝のカードが。


そしてヴァイのアイデアカード。

グーグルで1月20日が誰の記念日か検索すると、


ダディとマミィの結婚記念日だという検索結果が出るのだと。
8歳ながら粋なことやるじゃないか。


何も派手なことやってあげられなかったけど、この10年間、誠実であり続け、恵みで溢れた環境を与えてくださった神様に深く感謝しています。
これからの10年は過去10年とは随分違ったものになりそうです。信仰固めて主に従っていく覚悟をしていきます。







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ななみ

2017年01月17日 | とんでもはっぷん
自宅で妻が作ったうどんを食べている。

ん? 目に留まった不思議な文字。

『NANAMI』???


まさか!

と、思い表を見ると、
やっぱり!



『七味』唐辛子じゃないか!

「しちみ」ならぬ「ななみ」。
こういうのが堂々と売っている。恐ろしきロサンゼルス。

PS)
でも俺の英語も似たようなもんだろう。どこかで笑いのネタになっているにちがいない。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女子達

2017年01月15日 | 育児真剣勝負
ヴァイとメロンがお世話になった幼稚園の校長先生がポツリ、
「Oz家、ますます”女子達”になってきましたね。」
そう、この3人のことです。


妻の下に子分二人、というか3人で女性陣を形成していて、家の中の勢力図が明らかであります。
ずっと3人一緒にいるし、費やしている時間半端ないし、お父さん一人だけ会話合わないし。
お父さんの担当といえば『家庭の雑用一般』みたいな。
段々片身狭くなってきてるような感じしなくもない。。。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

教会パワー

2017年01月12日 | ゴスペル
うちの教会の毎年恒例の餅つき。
教会を解放して、地域のひとたちに正月のもち料理をふるまいます。
うちの教会の中や教会の人間を地域の人たちに見てもらういい機会であります。

今年は遂にMy臼(うす)をゲット。自分の臼持ってる教会も珍しいでしょ。ここはアメリカだし。


一番こういう時に威力を発揮するのはお母さま軍団の力。
前日の準備から当日準備、後片付けまでものすごいリーダーシップと団結力です。
教会パワーの象徴。彼女たちがいなかったら教会成り立ちません。



メロンも奉仕中。家庭用餅切り。


子供のお客さんにも餅料理体験してもらいます。



大人気イチゴ大福。


餅待行列


今年は200ぐらいの方々におもちを振舞うことができました。
ちょっとは地域に貢献したかな? 「教会は安心な場所」と思ってくれたら嬉しい。 つながってくれたらもっと嬉しい。







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

高級チョコレート

2017年01月06日 | とんでもはっぷん
妻が友人からお土産をもらってきた。
チョコレートだ。 見るからに高級そう。



ネットで調べてみたら、びっくりなんとチョコ9粒で30ドル!
げー!。一粒3ドルじゃん。こんなにちっちゃいのに。


でさっそく我が家の女性陣はティーパーティーしましょうと。
で、娘達から即席の招待状が渡された。



食べてみると確かに美味い。しかし一粒3ドルじゃ俺は買えんな。贈る側の気持ちが伝わります。
我が家は4人家族。 2回ティーパーティーをやるとして、残る最後の1個は誰が食べるか討議になっている。。。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスチャンファミリーの子供の名前

2017年01月04日 | ゴスペル
先日ECのチェックアウトの奉仕している時、「私○○です」と皆名前を言って部屋のカギを返しにきてくれた。
その時、思ったこと。
『めっちゃ、クリスチャンホーム出身バレバレの名前やん』っていう子が何人もいた。

聖書に出てくる人物の名前を使うのはよくあること。
①サラ ちゃん
②ナタン 君
③テモテ 君
たまに見るよね、こういう名前。

で、

④ほさな ちゃん
もたまにある。

でも次の名前はあまりお目にかかれないだろう。

⑤証(あかし)君
⑥みくに ちゃん
⑦賛美(さんび)ちゃん
⑧宣教(せんきょう)君
⑨アーメン 君

素晴らしい。もう子供ながら悪いことできないよね。
我が家のヴァイとメロンも本名は聖書の御言葉から引用したが、今回であった数々のストレートな名前もすばらしく素敵。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

EC 2016

2017年01月02日 | ゴスペル
昨年12月27日から1月1日まで家族でEC16行ってきました。

今回で参加回数は妻は14回目、俺が8回目、ヴァイが6回目、メロンが4回目。
常連ではありますが、それでもECは常に新しく、毎度恵みに溢れます。
ただ、写真、ビデオを殆ど撮らなくなっちゃいました。。。 気づいてみたら今回家族写真ゼロでした。あ”~。

会場到着。今年もカリフォルニア州ムリエッタ カルバリーチャペル


外でのアクティビティ。ロサンゼルスの温暖な気候に日本、カナダ、また他州から来た人たち皆口をそろえて「ロスはいいよなぁ」


全体集会





会場敷地内でペリカンに遭遇。


男性集会これからはじまります。


まだクリスチャンでない人たち(といっても27人もいます)のプログラム。
個人的には今回のECで一番恵みが見れた。若者が信仰を持つ瞬間のそのキラキラした目の美しいこと。
今更ながらに若者伝道って素晴らしい。


キッズプログラム。


連日朝から夜遅くまで遊びまくって娘達はご満悦の日々。


朝、出陣に備えて準備中の我が家の女性陣。


中学、高校生達のユースグループ。ECのグループの中で近年急速に拡大成長している層。
もう50人以上の大所帯です。数年後のECの中心を担う若者たちです。


大食堂。EC期間中は個人的には3食ともガッツリ頂いているため、普段より摂取カロリーが増える。
が、その分とにかく移動移動で歩きまくるのでカロリー消費も多く、トントンかなって感じ。


スキット


最後のスモールグループ。
もう皆心打ち溶け合った良い友。


派遣式。皆、福音を宣べ伝える者として日本へ派遣されていきます。


カウントダウン始まり




楽しい人たち


カウントダウンが終わると早速チェックアウトが始まります。
第一陣は午前2時。急いで年越しそばを食べてバスに乗り込む人たち。
第二陣が午前3時。
第三陣が午前4時半。
第四陣が午前6時。
皆、ECの興奮覚めぬ、つかの間の仮眠をとってそしてバスに乗り込み自分たちの遣わされている場所へ戻っていきます。


2017年の朝が開けようとしてます。


チェックアウトリスト。一人ひとりが部屋のカギを返しに受付に来続けます。
1月1日午前8時現在、350人のうちもう250人以上チェックアウトが済みました。
皆一人ひとりがこのEC5日間の恵みに溢れた表情をしていました。
その中では初日不安げな表情をしていた人もいたと思うけれど、チェックアウト時は誰もが喜びで満ち溢れた表情をしています。



正午の最終バス組50人。これでロサンゼルス空港へ向かいます。
これで見送りはすべて終了。


冒頭の通り、何度ECに来てもECは常に新しく、また毎度恵みに溢れます。
これから一人で、また妻と一緒に、EC期間中神様に語られたことをゆっくりプロセスしていきます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加