Who Am I

お前は大地の広がりを隅々まで調べたことがあるか。その全てを知っているなら言ってみよ-私はこの口に手を置きます ヨブ38章

パラシュート大作戦④広島

2013年07月30日 | ゴスペル
『パラシュート大作戦』第四弾。

過去 ①大阪②岐阜③東京に続き2012-13年度の最後の学生のパラシュート大作戦。本日、ロサンゼルス発。

俺が個人的に関わらせてもらったタクヤとそのパートナーのエリナ。
彼らの歓送会で最後の祈り。



初めて彼にに会った6年前、「(僕のこと)『たっくん』ってよんでください!」って自己紹介された時は「おいおい、一回り半も年上の俺にむかって自分のこと『君』付け指定かよ」と閉口したことを覚えている。俺は最後の最後まで呼び捨てにしたが、いつの日かタクヤに限っては『君付け指定』の自己紹介も容認するようになっていった。


未来の日本の教会を背負っていく未完の大器という印象あり、この若武者を個人的に関わりを持ったのが3年前。メンタリングにおいては遅刻0、キャンセル0、宿題100%。定例以外にもむこうから積極的に連絡をくれた。それが本人の性格の表れだろうし、プライオリティを上げてやってくれた証拠だと思う。俺のほうが学ばされ励まされた。


最初から最後まで彼との関係は『体育会の先輩後輩』の関係で、いい思いさせてもらったのは俺のほう。 信仰的にみるみる成長していった彼にいつのまに俺のレベルも超されて、最後の半年は俺は役立たずやったね。後輩にレギュラー取られて最後の県大会出れない3年生みたいな。。。


しかぁしぃ!後から来た者が自分を抜いていく様はまさに『愛と青春の旅立ち(1982)』のラストシーンで士官学校卒業生ザックメイヨに立場を逆転され、敬礼する鬼軍曹フォーリーそのもの。それは清々しいものよ。


宣教地である広島へもうすくパラシュート上陸。応援してるぜ!

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏祭り 2013

2013年07月28日 | 育児真剣勝負
今年も教会の夏祭り、この日はオレンジカウンティの多くの日本人がうちの教会に来てくれる。教会を開放し、屋台で食べるような日本食(焼きそば、たこ焼き、カキ氷、クレープ、おにぎり、フルーツ等など)をサービスし、子供達が遊べるようなクラフト教室や水風船すくいや、スイカ割り等をやるのが徐々にこの界隈で知られてきているからだと思う。

この日、焼きそば担当になった俺は完全100%わが子そっちのけだったのだが、「私に任せて」という妻にムスメ達の写真を任せた。何故なら今日はヴァイが初めて浴衣を着る日。祭りの様子に合わせて写真を撮らねば。東京の義母がわざわざこのために浴衣を購入しロサンゼルスに送ってきてくれたからだ。

ナマ脚


パタリロ


で、どうゎ~ときた200人(超推定)ほどの客にタダ飯サービスし終わったのが2時半。片づけし疲れ果てて家に帰ってカメラをチェックしてみたところ、確かにムスメ達はカメラに収まっていたのだが、祭りの様子が一切入っていなかった。妻よ、確かにあなたは昨日から教会の奉仕の準備、今日の礼拝の8種類の奏楽で疲れていたのは分かる。お疲れ様である。が、祭りの様子がこれじゃわかりまへんで。

妻がちゃっかりムスメの為に作った飾りもの。ヴァイとメロンの両方に。やっぱクラフトが得意らしい。


疲れはしたが福音のための種まきがちゃっかり出来たこの日は非常に心地よい気持ちで帰宅できたのでした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆとり?さとり?君どっち?俺昭和。1

2013年07月25日 | とんでもはっぷん
最初に言うと俺はバリバリ昭和人間(昭和後期)です。スクールウォーズ、昭和プロレス、夕焼けニャンニャン世代です。
昭和はいい所も悪い所も沢山あるけど今日は「昭和の責任」を書きたいと思いました。

-----------------------------------------------------------

今日歯医者に行き、麻酔を打たれて先生が来るまでの10分少々、日本の某雑誌を読んでいたら面白い記事を発見した。
『さとり世代』。
こんな言葉あるんだね。ポストゆとり世代をそう呼ぶらしい。もう日本では一般常識でしょうか。こちらロサンゼルスではそんなに普及してないです。で、俺が気になったのはその記事がさとり世代を揶揄していたこと。(自分も過去同じ事やってたこと反省)

俺の持論は『ゆとり世代でもさとり世代でも、どっちも社会の犠牲者』。
そういう制度を作ったのも、そういう環境を作ったのも、またそういう子供を育てたのも俺達昭和の人間。
そのことそっちのけで「ゆとり、さとりは扱いにくい」とかマスコミで面白おかしくゆとり&さとりの若者を嘲笑していないだろうか。

80年代後半にバブルもはじけ、いけいけドンドンもおわり、モーレツ社員も死に絶え、大企業神話もなくなった。
子供達は生まれたときから好景気の日本を見たことも無く夢も希望もなく育った。大学行っても就職先ないし。親たちが暗い顔して生きてる社会を見て「希望持て」といわれてもさ。

昭和組も詰め込み式で努力しても人生報われないことに気づいて、新しく取りいえれた政策『ゆとり教育』は結局うまくいかず。
そりゃそうだ、円周率を3.14から3にしたり、運動会の駆けっこ皆で手をつないでゴールさせても子供は変わらん。
で、たまたまゆとりの時代に生まれた若者達は『ユトリンジャー』と昭和組に嘲弄される。。。
で、その次は「さとり世代」ですか。今度はどのようにこのさとり世代を揶揄しようと企んでいるのか。。。昭和人間。

気になる。ちょっと気になる、このジェネレーション間の歪み。
以前牧師先生が言っていた。「この世の中にはボーダー(境界線)に争いが起こります。自分と違う種類の人との間にです。皆さんにはその境界線でブリッジビルダーになって欲しい」と。

自分自身、自戒も込めて
『昭和の同胞達よ、日本の次世代の為に謙遜に強かに若者に接せようぜよ』。


ps) 
古き良き昭和の思い出①。『ミルメーク』

どう、昭和の友よ、チョー懐かしくない?





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

似ている

2013年07月24日 | 育児真剣勝負
ガレージ(というか俺の部屋)でしまじろうのビデオを見ている奴。


この次女を見て俺の第一印象、「ん?誰かに似てる。。。」


誰だ??????



わかった。



『塩沢とき』だ。



このムスメのネタは尽きない。。。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイパーケーキ2

2013年07月23日 | ゴスペル
妻が先日に引き続き、まだ友人の為にダイパーケーキを作った。今度は女の子用らしい。




俺も今回初めて作成中の様子を見てみたが結構大変そうであった。妻にとっても今回で2回目のダイパーケーキらしいが、2,3時間かけてつくってたわ。


彼女に聞いてみたところ、こういうクラフトが本人は好きらしい。ふーん。そういえばムスメたちが色々細かなもの作ったりするのはひょっとするとこの妻の影響かもしれぬ。親のやっていることを子供も真似る。ま、至極当然。納得。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

子守② マミーはサウナ

2013年07月21日 | 育児真剣勝負
たまたまなのであるが昨日に引き続き、今日も子守の日。
2ヶ月前、母の日にお母様方にプレゼントしたサウナの招待券を今日使いたいらしく、彼女達がサウナで楽しんでいる間、夫達が子供の面倒をみることに。教会の礼拝後、奥様方は夫と子供を残して涼しい顔してサウナへ。彼女達との待ち合わせは4時間半後。


早速ランチの時間。夫達は特に今日の為にランチの準備もしていなかったため、手っ取り早くIn and Outで済ませてしまえ。



男の親が3人とはいえ、合計6人の子供を飯を食べる公共の場で統率するのは簡単な業ではない。結局動物園みたいになってしまったけれども「まーしゃーない」と割り切り、ある程度子供には自由にさせた。教会の中ではあの子供の集団を『動物園』なんて思うことは100%無いのだが、こういう場にくるとどうしてそういう言葉が出てくるのだろうか?やはり教会の中は「守られ」「ゆるされている」という『安心感』があるからだろうか?)


本当はこのあとプールで皆でワイワイガヤガヤやる予定だったのだが、最近ロサンゼルスは涼しく、今日も最高気温が25度までしか上がらない。さすがに今日は子供もプールはヤル気がない。ここですぐ臨機応変に代替案が男性陣から出れくればサマになるのだが、特にみなグッドアイデアなく。しゃーない。なんの工夫もないが公園につれていくことに。 が、連れて行った公園はアーバインで1,2番目に大きな公園。遊具は沢山ある。幸い子供達には魅力的のようで、電池が切れるまで遊び続ける感じ。俺のほうは昨日から連日の子守の疲れもあってか、けっこう疲れ今日は手抜いた。ヴァイ、メロン、自分達でテキトーにやってくれ。


そうこうしているうちにあっというまに奥様方との待ち合わせの時間がやってきた。非常にご満悦のお顔をした奥様方登場。かなりサウナでリラックス出来た模様。普段教会で話出来ないこともじっくり奥様間で話もできたようでよかったです。取り合えず今日の目的は達成できただろう。そしてこれで今年の母の日企画も正式に幕を閉じました。夫達の役目も正式に終了です。 男性陣お疲れ様でした。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子守① マミーはリトリート

2013年07月20日 | 育児真剣勝負
今日はJCFN主催女性リトリート(心の保養みたいなもんだ)に妻が朝から晩まで出かけるらしい。
このリトリートで司会と食事担当の妻は前夜にキッチンにへばりついていた。

日付が変わり1AM.食事が完成したらしい。50人分のベーコンチャウダー、サンドイッチの具、ケーキ。
最初は20人ほどの参加だったらしいが結果的に50人の参加とのこと。食事の準備も大変だわ。



午前7時半。妻出陣。残され組(父、ムスメ二人)はとりあえずヴァイとメロンの幼稚園に流しそうめんを食いにいく。ロサンゼルスにあっても日本の幼稚園なので日本の行事はほぼ全て踏襲されている。コロコロと子供達の面子が変わる様にこちらの在留邦人社会の人の流れの速さを覚える。というか我が家が長居しているだけか。毎年繰り返されるこうした年間行事にも我が家は今回で4巡目に入っている。



腹を満たし、現在午後1時。さてと、妻が帰ってくるまでまだまだ時間はたっぷりある。どうやって時間を潰すか。
とりあえず公園につれていこう。2時間は稼げる。


それからムスメ達の好きな花屋につれていこう。1時間は楽に稼げる。


まだ妻が帰ってくるまで時間がある。そうだ裏庭でボール遊びをさせよう。これで1時間は時間が稼げる。 芝を植えてからもう裏庭で遊べる環境が出来ている。親として監視も楽。これはいい。



午後6時。妻帰宅。 結構今日は楽チンだったぜ。やっぱ食事を一回も作っていないから楽だわな。当たり前だ。
妻の話によると、女性リトリートは随分恵まれたとのこと。へぇえ、そうなんだ。
Facebookでぴろっと宣伝しただけで50人の参加者があり、プログラム自体もかなりシンプルだったらしいが、力ずくでやらず聖霊に任せてやったら恵まれたとのこと。簡単に言うが、なかなかそう簡単でないはず。少なくとも力ずくに任せずというところが男にとって羨ましい。なかなかそれが出来ないからさ。男が不器用なのか、霊的じゃないのか。どうやら女性のほうは来年もやって欲しいという声が既にでているとさ。やっぱ女性は違うね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夫婦のやりとり1 『アナログ人間のプライド』

2013年07月19日 | とんでもはっぷん
毎週水曜日の教会の祈祷会で今、使徒行伝を学んでいるがこれがかなり自分的にタイムリーでありかなり面白い学びになっている。で、折角だからしっかりノートを取ろうと思って8ドルもするちゃんとしたノートを買ってきた。



しかし事件は起きた。
「いいだろぉ」と自慢のノートを妻に見せると、「あなたってアナログよねぇ」と一刀両断。

。。。!!  (メラメラァ~)

おまけにダメ押しで妻がもう一言。「スケジュール帳も旧式だし」と。


あったまきた。アナログの何処が悪いんじゃ!
俺はガシガシ紙に書いて、ゴシゴシ消して、グチャグチャに書き潰されたアノ状態が好きなんじゃ! 

と言っても本当にそういうアナログ作業が好きで好きでたまらないわけではない。が、こんなこと言われプライドが傷ついたわけである。こうなったら嫌でもこれからもアナログ式で行ってやる。(固い意思表明)


アナログなめんなよ。







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァイ5歳

2013年07月17日 | 動画の館
今週月曜日は俺の誕生日。そして二日後の今日はヴァイの誕生日なのさ。早いもので今日で長女が5歳になった。
今日は会社を半休して家族でナッツベリーファームのウォーターパークに行く予定だったのだが、今朝突如会社でトラブル発生し、修理屋としての宿命を律儀に守り通してしまったため、娘の誕生日企画を台無しにしてしまった。
会社を取るか、娘をとるか。。。悲しいかな、俺は会社を取ってしまったのだよ。あ”~あ。
悪い事したなぁ、と思いながら「少なくともケーキだけでも一緒に食べられればいいのに」と思いながら急いで帰宅。
なんとかケーキのろうそくの火を消すまでには間に合った。




今週妻が焼いた2個目のケーキ。


ここまで育ってくれたことに感謝し、姉らしい行動が出て来たことに益々尊敬の思いが増す日々です。親バカです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

家族からの祝い

2013年07月15日 | 動画の館
また今年も誕生日を迎え、また今年も家族が慎ましく祝ってくれたことを感謝し心に留める。




また俺の希望通り妻が恒例のカツカレーを作ってくれ、3杯食べた自分としては今晩の総摂取カロリーは5000カロリーを超えたとみた。ケーキも食いまくった。



昼間会社でへこみ、覇気無くボヨーンとドライブして帰宅後、こうして家族が祝ってくれると、この寂しくない人生の有り難さを覚えたのさ。こういう時、子供は一段と可愛く映る。親バカです。
妻が作ってくれたケーキを前に。


感謝。感謝。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

どうしてクリスチャンは救われた後、教会を去るのか

2013年07月13日 | ゴスペル
最近フェイスブックでもチラチラ話題に上がってるこの本。ホントは妻の本だが横取りしてこの3週間ぐらいじっくり読んでみた。
感想はヤバイです。ハチコ(訳者)さん、またいい本見っけて訳したなぁって感心。



俺自身、ノンクリスチャンの求道者にはいつもこういってた。。
「聖書はさ、大切なことは4つしかないから。それだけ押さえればとりあえずOK~!」なんて調子に聖書をコンパクトにまとめる技を半分自慢していたアホなので、この本読んで反省させられました。

本書はどうしてクリスチャンは救われた後、やがて教会を去ってしまうのか?
福音派と言われる人たちの伝道は何処がおかしいのか?
福音とは救われておしまいなのか?それって福音派じゃなくて救い派じゃないのか?
そもそも福音の定義は何か?
使徒達はどのように福音を語ったのか?現代の我々と何処が違うのか?
等など、オモロイこと満載。

人の魂の救いにとにかくこだわり、彼は既に救われているか、まだ救われていないかに第一の関心を寄せながら伝導、弟子訓練しているような俺みたいなへんてこりんな奴にはこの本は非常に非常にいい意味で一石を投じます。牧師先生方に読んでもらって感想を聞きたい本第一候補。 お勧めです!!

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

メロンの弁当

2013年07月11日 | 男の料理塾
今週から次女のメロンが幼稚園デビュー。マジ?子供の成長は本当に早いです。
長女のヴァイと同じく2歳になった時点で世の中に放り込むことにしました。
彼女がうまくやっていけるか多少心配はある。

で暫くの間、弁当はムスメ二人分作ることに。でも中身は全部同じなため、労力はあまり変わらない。
いつもの通り、出社前の5:30AMにアチョ~とこんな感じにやっつける。


ムスメ二人がキティちゃんバッグを背中に背負って一緒に幼稚園に通う姿を想像しながらニヤニヤしている親バカは俺だけではないはずだ。。。 多分。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天然

2013年07月10日 | 育児真剣勝負
風呂場で妙な光景に遭遇。 『3つの角』
一角獣ごっこは今までも何度もやっているが、風呂場に人形を持ち込んで自分達の仲間にしているあたり、このムスメたちはいいお笑いセンスしているかもしれないと父は思った。


関西ノリが入ったとしたらそれは妻の影響だろう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チキンとブロッコリーのホワイトソースパスタ

2013年07月08日 | 男の料理塾
長い間、休業状態のカテゴリー「男の料理塾」である。
ムスメの弁当と日曜日の朝は俺が担当しているが、それ意外全く料理しなくなって随分経った。
そろそろ妻を手伝ったほうがいいかと思い、一週間のうち夜1回だけ俺が作る日にしようかと提案しようかどうか迷っている。口先だけになると格好悪いからだ。で、以前のことを思い出しながら週末試しに何か作ってみる『お試し』期間を持つことにした。それが現在3週間ほど続いている。暫くは新しいものには挑戦せず作ったことのあるもので感覚を取り戻そうと。

で、つくってみた。


結果、結構ダメな感じ。料理はやっぱ常にやってないと感覚が鈍る。そして時間は倍かかる。感覚がどれぐらい鈍っているのか、試しに生のチキンを片手に持ってみた。この手触り。質感。なんか懐かしいような。一体何グラムぐらいだろう。。。 1パウンド(450グラム)ぐらいだろうか。。。
で、量りでちゃんと測定してみたら370グラムだった。やはり感覚は鈍っていた。50グラム以上の誤差が出るというのは感覚が鈍ったということです。

やらなくなると料理はホントダメやわ。やっぱ復活するのやめよか、、、、弱気。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パラシュート大作戦2013 ③東京

2013年07月07日 | ゴスペル
先月の第二弾に引き続き3発目、パラシュート大作戦2013 東京編

愛されキャラ、イジられキャラのYOTA、今週東京にパラシュート上陸します。
こっちで学生やって、社会人として働いて、更にまた大学院に戻って学位とり、その間、教会の青年会のリーダーもやってくれました。
ホントお疲れさん。日本では9月から社会人、遣わされた場所でキリストの香りを放ってもらいたいです。

それにしても、今晩のお別れ会、この写真の『YOTA巻き』を仲間が作ってくれるあたり、愛されキャラの証拠だと思います。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加