Who Am I

お前は大地の広がりを隅々まで調べたことがあるか。その全てを知っているなら言ってみよ-私はこの口に手を置きます ヨブ38章

新車

2012年06月30日 | 体育会系のススメ
とうとうOz家、初めて新車買いました。
ドライバーは俺だけで乗るのはヴァイ、メロンだけだけど。

早速娘達は、ギャーギャーわめいて大変だった。
誰が右側、左側に乗るのか?前なのか後ろなのか?
ブランケットはどこに置くのか?水はどこに置くのか?等々。。。。


初乗車はマジ大変。最初だから近所だけ40分ぐらい走っただけなんだけど、
娘達が自分のポジションが決まるまで20分ぐらいかかった。
で、結局、こういうポジションで収まりました。



結局寝るんだな。。。。。


合計53キロ(=メロン(20キロ)+ヴァイ(10キロ)+車体(20キロ)+マザーズバック(3キロ))を押しながら
坂道の多い地元アリソビエホを走るのは、ものすごくしんどい。コンディション的には今までで一番きつい。
こりゃ単なる走るだけのトレーニングじゃなくなってきたわ。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

親元を離れて

2012年06月29日 | 育児真剣勝負
会社から帰ってきたらヴァイとメロンが風呂に入っていた。
驚いたのは風呂場が砂だらけだったのじゃ。
何じゃこりゃ?ってぐらい砂だらけ。

で、聞いてみるとどうやら昼間のうちに海に行ったらしく、
テツロー、コーヘイ、ノンチャン、ミユキチャンと出かけていたらしい。
Facebookでチェックしてみたら、確かにこんな写真がアップされていた。




おうおう、こんな感じであそんでたのか。妻はその間、家で夕食の準備してたとさ。
ってか親離れて海に遊びに行った3歳と1歳の娘達をFacebookで確認するのもヘンな感じだよ。

わが子の相手してくださいました4人のおにいちゃん、お姉ちゃん達無事帰ってきてくれてありがとう。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンパンマンのアンパン 2

2012年06月26日 | 育児真剣勝負
会社から帰ってくると、ヴァイが持ってきたよ、また。
これだ。


そういえば確か去年も同じようなパンをヴァイが持ってきたような。
チェックしてみたらやっぱりあった。昨年の同じアンパンマン
今年のはなんか光沢があるぞ。

今年も幼稚園でロサンゼルスにあるパン工場に遠足に行ったそうだ。
そして今年も俺に見せるまで食べずに我慢していたんだとさ。


またまたくどいですが今年もおきまりで繰り返しますよぉ。
『アンパンマンは実はイエスキリストをモデルとしている』らしい。
漫画家の、やなせたかし氏はクリスチャンだ。
アンパンマンは「自分を食べさせて人を救う」という自己犠牲を描写しているんだとさ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世の中励ましてくれない人ばかり

2012年06月24日 | ゴスペル
今日、教会の礼拝で面白いことを聞いた。
「日本で一番売れている本はなんでしょう?」と牧師。
正解は『少年ジャンプ』だそうだ。マジかよ。
一番売れてるのが漫画ってのはどうよ?ってのも思うが、興味深かったのは少年ジャンプに掲載される漫画の条件。
”友情”、”努力”、”勝利”が漫画の中に入っていることだそうだ。
俺実は漫画というものを本で読んだことがないので真実は定かじゃないんだけど、まあこの話信じることにしよう。



映画も人気のあるのは自分が元気の無いとき励ましてくれるもの。
人は皆励ましてもらいたいんやってさ。

俺もやで。。。。

でも人は自分のことわかってくれず大抵の場合は、「バカだなあ、お前がバカなんだよ」って逆に落とされるって。
俺も確かに期待していることを相手がしてくれないケースは職場でもよく(というか毎日)あるわ。

世の中は励ましてくれない。。。。

「鉄が空飛ぶわけないだろ、バカだなぁ」と言って息子を励まさなかった父親がいた。
しかしその息子は後に飛行機の開発に成功した。ライト兄弟の父親は息子を励ますことをしなかったそうな。

今日の説教のポイントは「聖書は希望を持たせるために忍耐と励ましを与えてくれる(ローマ15章4節)」であった。
俺、聞きながら頭の中にずっとあったのは、殆ど日本の家族のこと励ましてへん、ってことやった。
アカンなぁ、俺。全然やってヘン、ダメやって。
でも逆に励ますことぐらいしか俺出来ヘンわ、とも思ったんや。
やっぱ日本の家族に対して行動せなアカンわって思ったんよねえ。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

LAST RUN ! - 娘と走った1,198キロ

2012年06月23日 | 体育会系のススメ
「今日で二人でジョガーで走るの最後やで」
ヴァイにそう告げた。
「どーして?」
「どーしてだと思う?」

このジョガー、ヴァイが生まれて3ヶ月目から使ってきた。

(びびなびで40ドルで買った。十分もと取ったわ)

毎週6マイルつづ4年間合計1,248マイル。
一緒に走らなかった時やサボった時も考慮し4割引きして748マイル(=1,198キロ)ぐらい走ったかな。


実は昨晩アマゾンで二人乗り用のジョガーを注文してしまったのさ。
理由は勿論、このメロンをヴァイと一緒に乗せるため。


『Last Run!』ってのはヴァイと二人で走るのが今日で最後ということ。
来週からは3人で走る予定や。


PS)
が、試乗も何もしていないので果たしてヴァイとメロンの同時走行がうまくいくかどうかは未知である。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英語

2012年06月20日 | 育児真剣勝負
かかって来た電話に英語で俺が対応していた時、ヴァイが一言、
「ダディの英語ヘン」

「(なぬっ!)どうして?」

「だって英語なのに日本語に聞こえるモン」

「。。。。(チクショー)」

とうとうこの日が来たか。
勿論まだまだヴァイの英語はヘナチョコなんだが、やっぱ発音が全然ちゃうんよね。
当たり前だが日本語と英語は音が違って、所詮俺は英語も自分の知ってる音(”50音”ってヤツ)に置き換えてる、
つまりカタカナ表記できる発音なんやが、やっぱ子供の耳に聞こえる英語の音はカタカナなんかで表現出来ヘンらしいわ。
なんか、子供に負けるとくやしいわ。


いつも決まったポーズ。どこで覚えてくるんやろな


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

父の日 2012年

2012年06月17日 | ゴスペル
今日は父の日なので、お約束の”親バカ”行かせてもらいます。

朝、妻から「ねえ見てみてテーブルの上」と。

おうおう、今年もわんさか袋に入ってるじゃないか。
カード、家族写真集、壁掛け、タンブラー。
殆どが手作りで嬉しいねぇ。

写真集は二人の娘が生まれてから今日までの俺とのツーショット写真が沢山入っていて思い出がバァ~と頭によみがえり、ジ~ン。
おうおう、そんなに感動させんじゃねぇよ。今朝はこれから教会の礼拝に行くんだ。朝から感動してるヒマなんてねえよ。

が、娘達が順調に成長し、最近はメロンもやっと俺に馴染んできてくれ、こんなナンチャッテな父親だけれども
子供達が父親として好いてくれると思うととても幸せな思いになってしまった。


その後の教会の礼拝のメッセージにも、ジリジリ心に語られてしまい、
ちょっと目頭熱くなり「あぁ、やべやべ。」とぐっとこらえたりして。

今日一日「感謝やなぁ」「恵まれてるなぁ」を繰り返し覚えさせられました。
俺自身、根がいい加減なのですぐ感動も感謝も忘れる薄情者で、
今感じてる感謝もいつまで続くか自分自身信用できないですが、
出来ればいつも感謝忘れずもうちょっとぐらい謙遜でいたいと願わされます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夫婦の会話 

2012年06月16日 | ゴスペル
 ぼくら夫婦は今でもラブラブです。最近もこんな会話をしました。

  「目医者に行こうかな。」
  「どこか悪いの、視力が落ちたの?」
  「違うよ、君しか見えないんだ」
  「………」


これ、家の夫婦の会話じゃないです。残念でしたー。
今年1月に今のところに引っ越してきてから5ヶ月間ずっと行っている教会の牧師夫婦の会話。
すごいよねぇ。さすがに俺もこんなジョークというか、本気でも冗談でも言えないし、この牧師夫婦、すばらしい。
今になって初めて教会のウェブサイトチェックしたところ、上記の会話が掲載されていたわけです。


6年前、サンタモニカで撮った婚約記念写真。時が経つのは早い。

あの時から俺も妻も色々変わったことあり。まだまだこれからやけどさ。
この牧師夫婦みたいになれたらいいなぁと思うんよね。
ま、俺次第か。リーダーやからな。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見せてはいけない

2012年06月14日 | 育児真剣勝負
会社から帰ってくると、早速ヴァイが近寄ってきてこう言う。
「ダディ、あの、見せちゃダメだから」。。。。



「はぁ?」なんのこっちゃ?

「内緒だから見せられないの。。。。」

しきりに「(見せたいけど)見せられない」を3,4回繰り返す。

あ、わかった。父の日のプレゼントだろう。
今度の日曜日が父の日だからさ。

どうやら週一回ヴァイが通っている工作教室で父の日のために何かを作ったらしい。
ヴァイはそれを言いたくてしょうがないけれど、父をビックリさせるために本番までそれが見せられない。
だから「見せられない」とこんなに繰り返すんだ。

プレゼントを秘密にしたい。けど何か話したい。というわけや。
っうか、もうバレバレやて。
でもまあ可愛いけどさ。







コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

姉妹それぞれ

2012年06月12日 | 動画の館
ヴァイは即興賛美。。。
メロンは歩行練習中。。。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

召しへの応答

2012年06月10日 | ゴスペル
我が家が行ってる教会の牧師の按手礼式に行ってきた。
按手が行われるのを見たのは今回で2度目であったが今回はものすごくビビっときた。
やはり自分が毎週行ってる教会の牧師であることもそうだけど、今回は
『リーダーはこうやって召され応答していく』というのをまともに見た。




この日、目覚めよく5時半ぐらい鳥の鳴き声を聞きながら裏庭でデボーションをしていた時、
何故か示されイザヤの6章を読んだ。何度か読んだことある箇所ではあるけれども、今回は何故かじっくりこの一章をかみ締めた。
「なるほどな、こうやってリーダーは神から召しを受け、応答していくんやな。すげっ。俺は全然あかんわ」で終わった。
が、「聖なる、聖なる、聖なる、万軍の主。その栄光は全地に満つ」(イザヤ6章3節)はホント良い心地を覚えた。


その数時間後、この御言葉が目の前で起こったわけさ。
按手を受ける牧師4人に司教から与えられた聖書箇所が正にこのイザヤ6章だった。
この御言葉が礼拝堂で読まれた時、「うわっ。起きた! 今朝読んだとこやん!(鳥肌)」とビックリしたというか、気味悪(⇒冗談です)というか、ホントこんなん起こるんやんって感動。

で、そのあと歌った賛美も「聖なる、聖なる、聖なる」の連呼でほんとよかったわ。
按手を受けた牧師を見て、「この人が俺のリーダーなんやな」と思ったわ。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動物王国 1 『ウサギ』

2012年06月09日 | とんでもはっぷん
確かに我が家は田舎であろう。そりゃぁ、となりのトトロみたいな田舎やないが、結構なもんよ。
家に向かってくるとき、フリーウェイ405から133に乗り換えると驚くのは『鹿に注意』の看板が出てくる。笑えるぜ。


で、いつも裏庭には野うさぎが顔を出しに来る。それも一匹二匹の世界やないよ。
少し離れた広場には8,9匹のウサギが普通に寝てたりするからね。

(ダイニングの窓から撮影)

そして家の前にもいる。
いつも俺が朝会社行く時、玄関のドアあけるとバァ~と数匹逃げて散っていくからね。

(リビングルームの窓から撮影)


この「動物王国」、シリーズで何回かにわけてやってみようと思う。
マジ、野生の動物の数だけはすごいよ。ムツゴロウもびっくりって感じやわ。








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

子供が重い

2012年06月05日 | 育児真剣勝負
久しぶりにヴァイを背中に乗せて腕立てをしたらかなり重かった。



2年前にも同じようなことが。。
以前は50回は出来たのだが、今はもう無理。アノ頃は本当にヴァイは軽かった。

昔はもっともっとアクロバチックなことも沢山やったけどさ。
子供は日に日に成長し、あっという間にデカくなってしまうんだねぇ。

で、なんでもマネしたがるのが子供。
さっそくヴァイが「メロンを乗せて私もやる」と。


おいおい、落とすなよ。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メロン ジョガー初挑戦

2012年06月03日 | 育児真剣勝負

今日、メロンを14ヶ月めにして初めてジョガーに乗せてジョギングをした。


ヴァイは3ヶ月めから乗せ始め、4年間で200回ぐらい搭乗したんじゃないだろうか。
うちにあるジョガーは一人乗りのため、ヴァイとメロンを同時に載せることが出来ない。
今日まで一度もメロンを載せなかったことはちょっと可愛そうだったかもな。

基本的にジョガーは乗せてる本人を楽しませる、というより、家で妻が休めるように子供を外に連れ出す目的がある。
どちらかといえば面倒がかかるほうがジョガーに乗ることなる。というわけで暗黙の了解でヴァイを乗せてきた。
メロンはそんなに妻が手を焼く感じではないのだ。

今日はあくまで試験的なものであったが、けっこうメロンもジョガーに乗せられるのは嫌ではないようで、
なんとか1時間ぐらいならばおとなしくしていられそうだった。


後はアリソビエホでもう少し排気ガスの少ないコースを見つけねばならぬ。
この街は道の半分以上が坂道じゃないかと思うぐらい道が多く(山やから)、
ジョガーを押しながら走るのはかなりキツイで。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メロンの逆襲

2012年06月03日 | 育児真剣勝負


なんでも「遅い」とレッテルを貼られているメロンであるが、
この1、2週間で随分進歩してきた。

まず、異常な量の食事。且つ、兎に角何でも食べる。
体はどんどん重くなり、片腕でだっこするのは大変になってきた。

歩きはまだ出来ぬが、やっと立てるようになってきた。
ただし、前に進むことが出来ないため、前進するために彼女が考案したのは
「高速ハイハイ」
今や考えられない速度でハイハイが出来る。
ハイハイのスピードよりも、歩くことに気を使ってもらいたいが、
メロンには高速ハイハイのほうが都合がいいのだろう。

何かにつけ、長女のヴァイと比較され、「遅い」と家族の中でイメージが浸透していたメロンであるが
彼女なりに頑張っているようだ。

少なくとも立てるようになった今、視点の高さが30センチぐらい高くなり、見える世界がかわって楽しんでいるようだ。
怖くて泣いていたブランコも今じゃ笑顔見せる余裕も出て来たわさ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加