Who Am I

お前は大地の広がりを隅々まで調べたことがあるか。その全てを知っているなら言ってみよ-私はこの口に手を置きます ヨブ38章

俺から料理は覚えるな

2012年01月30日 | 男の料理塾
何事も経験だろう、ということで今日1日、男の料理塾にヴァイを一日弟子入りさせた。 今日は餃子を作る。


ヴァイにアドバイスしたのは「衣の中心にネタを置き、衣の端っこに水をつけて、つまみながら袋をとじていくんやで。」と。
結構曖昧に教えたところ、曖昧なものがやっぱり出来上がってきた。
ネタが飛びだしている。



とりあえず10個作ってみろ、とヴァイにやらせたところ結構調子よくサクサク作業していった。



出来上がってみるとヴァイが作ったものはなんだかタコスのようなブリトーのような。
右下の10個がヴァイが作ったもの。
ん~。見た目は悪いが、まぁええやろ。とそのまま焼きましたわ。



俺は調味料もなんでも目分量テキトー。
妻はよく「味付けがテキトーだと味もテキトーよ」と言う。
ヴァイは俺から料理は学ばないほうがよいであろう。



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

緊張したぜ

2012年01月29日 | ゴスペル
今日、サドルバック教会の礼拝で2011年に生まれたベイビーを礼拝中祝ってくれるということで行ってきた。
この写真、メロンと妻と俺の3人でサドルバックのステージの舞台裏で待機中。ステージで最初の賛美が聞こえてくる。



直前にスタッフから「ステージに上がったら、一家族一人ずつ代表で家族の紹介をしてください。」
と言われた。「じゃ、やってね」と妻に言われ、「ゲゥッ」。超ド緊張。
噛んだらどうしよう?とステージに立つ前は結構ビビッてしまったが、いざ立ってみたらなんとかなった。
サドルバックのステージに立つなんて記念記念。


一方(取り決めにより)唯一ステージに上がれなかったヴァイは教会内の池で遊びまくり御満悦。
このあとスカートびしょ濡れとなり、パンツで遊ばせました。ロサンゼルスは暑いのだ。



引越ししてまだ一週間で全然落ち着いていないけれども、新しい生活に期待したい。
この週末は比較的にのんびり家族で過ごせ祝福でありました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

40 days in the word - Tim Tebow風

2012年01月27日 | 男の群れ
今週からサドルバック教会の40 days in the wordというキャンペーンがあり、
我ら男の集まりでもそれをやっている。
会社帰りのオッサン連中が皆マジメに頑張ってます。
今日はデンバーブロンコスのQB、Tim Tebow風に集まってみたぜ。




今までのサドルバックのキャンペーンの中でも一番気合入ってるんじゃないかなぁという印象。
かなりシステマティックに40日間のプログラムが組まれてます。
40日間とにかく聖書の御言葉を思い巡らせる(ことがホントに出来るといいなぁ)。


俺の経験では、
◎聖書は「なんとなく読む」だけだと、なんとなく終わって結局何も残らない。
◎聖書を読むことが目的になると、読んだということで自己満足し、結局何を学んだか覚えていない。
◎聖書読んでる時間と1日のその他の時間は別次元のものとして区別して生活していると信仰持ってる意味が無い。
で失敗多し。


で、結構同じような失敗の経験を持った男達が集まってます。
「最初だけ調子いい駄目オヤジ」にならないように
40日間続けます、という内容の誓約を全員書いてしまった。
さぁこれから!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妻の抱負 2012

2012年01月25日 | とんでもはっぷん
昨日のJCFN新年会

妻の抱負が語られた。。。




カメラが回った瞬間、ついつい抱負をギャグにしてしまった。。。

そして2号の鍋は確かに旨かった。。。。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

また引越し

2012年01月22日 | ゴスペル
週末は引越しであった。
アメリカに来て5回目の引越し。しかも雨の中。。。
滅多に雨の降らないロサンゼルスで引越し日に雨が降る確率なんて宝くじ的確率やで。
早朝、フリーウェイで雨天走行を誤り中央分離帯に乗り上げた大型トレーラーと
その大惨事を横目に見ながら引越しトラックを借りに行った。


トラックを調達し、会社の人のガレージに預かってもらっていた冷蔵庫をピックし、
渋滞を回避して下道を使ってアパートに帰ってきた。予定より30分遅れてここから搬入本番。
今日の引越しを手伝ってくれる筋肉部隊も揃った。



JCFNの身内のヘルプを合わせ今日編成した引越し部隊は10人。
9ヶ月前にもロングビーチからアーバインに引っ越してきたばかりなので、
その時にお世話になったメンバーには今回休んでもらいメンバー総入れ替えで臨んだ。


引越しの邪魔になるためヴァイはフジナミ家に預かってもらい、メロンは部屋の隅に寂しく寝かせた。



雨の中、誰もがシャキシャキ動く動く。おぉスゲェ。
俺なんて余裕こいて記念写真撮っちゃってるからね。
いつもの如く、こういう場合の教会パワーはすごわ。
ホンマに感謝です。



前半の搬出は雨で手こずり1時間半かかったけれども、
後半の搬入は超スムーズに50分で終わり、予定を30分オーバーして無事終了。
一仕事終えて団らん。悪天候のなか怪我も事故も無くよかったわ。



9ヶ月住んだアーバインは素晴らしい街であったけれども案の定Oz家には資金的に短命であった。
今回引っ越したのはアリソビエホなんていうオレンジカウンティ南端の山岳地帯で
知り合いも殆どいない土地ではあるけれども、微力ながらOz家はここから福音発信していきたいと思います。








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

五回目の結婚記念日

2012年01月20日 | ゴスペル
やっぱ特別な日やからな、5回目でもちゃんと祝わなあかんやろ。
ということで妻と話し、「お寿司食べ放題のお店にいきたい」とのことだった。
で、さっそくちーちゃんお勧めのニューポートビーチのすし屋に行って来た。
良く考えてみると結婚して夫婦で寿司を食べにいったのはこれが初めてだった。



この店、25ドル1時間ですし食べ放題。60,70人ぐらい客居たんじゃないかな。
びっくりなのは客が殆ど白人ばかりで日本人は俺たちぐらいだったよ。


一方ヴァイとメロンの世話はちーちゃんとマチコにを頼んだ。
折角の記念日だから子供抜きで夫婦だけでゆっくり話したかったのさ。



が、ところがどっこい。
1時間という制限時間が気になってしまい、ゆっくり夫婦で話が出来ない。
あれ食べよう、これ食べよう、ネタが新鮮じゃないな、サーブのタイミング遅いなぁ、
あのアメリカ人達ロールしか食べてないじゃんアホちゃうか、、、、
等など、結婚生活と全然関係ない話ばかり。これじゃアカンわ。



制限時間を20分超過してとりあえず腹一杯になってから店をでた。
「やっぱりしっかり話す時間取ったほうがいい」ということで
その後スタバに行ってやっとそこでゆっくり話が出来た。
時間は短くともやっぱり子供がいない中で家の外で夫婦だけで話が出来る時間が取れるのは貴重。



賞味2時間半の夫婦だけのデート。今回も感謝なことでした。
家に帰ってきてヴァイと合流。結婚生活も子育ても大変ですが祝福であります。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

徘徊メロン

2012年01月17日 | 育児真剣勝負
我が家の食事中、メロンは大抵床を這いずり回っている。
まだ立てないので這いずるしかないのだが、食事中はよくテーブルの下を徘徊するわけだ。
うーうー、と唸りながら足元を回り続ける。




俺も妻もヴァイも話に夢中になると、ついついメロンのことを忘れてしまう。
そのうち、「あれっ!メロンどこ??」と気づくと地面をコロコロしてるんよねぇ。


小さいお子さんをお持ちの親ならわかると思いますが、地面ベースで生活しているメロンにとって
床に転がっているものはとりあえず口の中にいれてみるもの。
結構床に落ちてるもの食べてるんだよねぇ。
毒じゃないからまぁいいか、と最近はなあなあになってしまってて反省。


ps:
この写真でみるとやっぱメロンって一本眉毛だよな。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドアの外で

2012年01月13日 | 育児真剣勝負
ヴァイは寝るときいつも自分の部屋で一人で寝かせている。
しつけによりそのために1歳からベッドルームを彼女に一つ与えた。


が、昨年末のecで親子一緒にベッドで寝ざるを得なかったため、
6泊も親と一緒に寝たことが彼女にとって気に入ったのだろう、
その後もやたらと親と一緒に寝たがる。というか母親と寝たいらしい。


これでは良くないと思い今晩は妻がキッパリ。
「マミ~!」と叫ぶヴァイに対して「ダメ」と断りベッドルームのドアの外にヴァイを締め出した。
俺が皿洗いをしていると、泣き叫ぶヴァイの泣き声が聞こえる。


その数分後、ピタリとヴァイの泣き声がやんだ。やっと諦めて自分の部屋に入ったのだろうと思った。
が、行ってみたらなんとヴァイが俺たちのベッドルームのドアの外でクークー寝ていた。。。。




後からそれに気づいた妻が「愛らしい。。。」とポツリ。
だからといって一緒に寝させることなく妻はヴァイを担いでちゃっかり子ども部屋へ運んでいったのであった。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レース当日の朝

2012年01月12日 | 体育会系のススメ
ecが終わった直後、いつも頭をよぎるのは
「また今年も来たなぁ」という思い。そう、今年もロサンゼルスマラソンが3月18日に行われる。


昨年のロサンゼルスマラソン当日の朝。



去年はホントに天候に泣かされたよ。
本番まであと66日。
やばい。まだ殆ど準備開始してないし。
ヤバさ的には毎度毎度のことだけどさ。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

男 語る

2012年01月10日 | 男の群れ
今日、闘うパスター"Ben-K"先生のご自宅へおじゃまさせていただいた。
Ben-K一家はかなり皆様キャラクターの濃い人ばかりで、かつかなり楽しそうなファミリーであった。


この男、鍋がやたらと似合うなぁ。



ガツガツ食ったあとは、教会の話、ミニストリーの話、Ben-K先生の伝説話、ぶっ飛びお母様の話、
ゲームの話等など、男ってこんなに話すんか?!ってぐらい話しとったわ。
(右半分と左半分は遠近法は使っていない)



こんなに話したのは久しぶりやな。めっちゃくちゃ楽しかったわ。
会社が終わって直行し午後6時から日付が変わった翌日午前1時まで実に7時間ぶっ通しで話した。
家に帰ってきたら午前2時を過ぎていた。。。。


まだ月曜日なんですけど。。。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マネ マネ マネ 

2012年01月07日 | 育児真剣勝負
とにかくマネをしたがるわけや、ヴァイの場合。
夕食後、明日の教会の賛美の奉仕の為に妻が奏楽の練習を始めた。

すぐにそのあと、ヴァイが妻の横にピッタリくっついて弾いてるマネをしている。



俺がギターを手に持った瞬間もヴァイは音楽何ややりたがるからね。


ヴァイのピアノデビューはありえるか。。。


何か楽器をやらせてあげたい気はあるが、ヴァイは芸術というよりダンスとか体を動かすほうが好きだという噂を妻からよく聞いている。
4歳になったら本人の希望をきくことにしよう。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忙しさの中で失う家族の時間

2012年01月06日 | ゴスペル
ec期間中、ベッドで泥のように眠る娘達。
メロンなんて下向いたまま即死状態だったからね。ヤバいっしょ。

親に日中はずっど引きづり回され、夜も集会が終わる9時までチャイルドケアに預けられ、部屋に戻ってくるとバタンッ! くぅ~、くぅ~。
本当に犠牲者である子供達には申し訳ない。


ec期間中ってのは5日間とにかく修養会運営のほうと子供の世話の両方で常に緊張がぴーんと張った状態。
ゆっくり家族で話す暇もなく、特に夫婦間の会話の少なさは危機的やね。
やっと一段落ついた最終日の夜、やっと家族スナップ写真が一枚。家族の貴重な証拠写真となりました。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ビジョンと信仰と勇気の結果

2012年01月03日 | 動画の館
Ec11最終日朝の集会で流れたJCFN20周年記念ビデオ。
20年前、海外邦人伝道のビジョンと、主に応答する信仰と、一歩踏み出す勇気があったからこそ、
現在のJCFNのネットワークが出来あがったのだと思う。JCFNは今年21年目に突入です。





今回北米主事達をビデオの中に(1:15~)出演させた。(首から下だけ)当時妊娠中のウチの妻はキャンセル。
代わりに俺が出てしまったよ。各々が着ているTシャツは全部JCFN主催の過去の修養会のオリジナルTシャツです。


映像ソフトのAfter Effectを駆使したこのシーンは15秒間で1ギガのファイル。
完成してFinal CutにExportした直後、After Effect内でこのファイルが破損。
最終版は間一髪セーフでした。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男が一つになる瞬間

2012年01月01日 | 男の群れ
ec11男性集会の1シーン。
男達が一致し決心した瞬間。




今年も100人以上の男達が心砕かれ、心触れられ、決意を新たにしました。
こうして神の男のカルチャーが広がっていくこと。それが俺個人の願いです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加