Who Am I

お前は大地の広がりを隅々まで調べたことがあるか。その全てを知っているなら言ってみよ-私はこの口に手を置きます ヨブ38章

肺活量を増やす方法

2011年02月27日 | 体育会系のススメ
朝5時。
S君とのジョグは俺に取ってアウェーのレンドビーチでやるため、この時間に起きなければならない。
ので、結構大変ではあるけれども、カレとのトレーニングで顕著なのは肺活量が増えることだ。


ただ単に2時間走るだけならそうでもないのだが、とにかく最初から最後まで走っている間、ずっと話す。
走りながらの場合、小さい声だと聞こえないからか、なぜか自然に声がデカくなる。
それでなおさら呼吸は苦しくなるのだが、それがまた肺活量を増やすトレーニングになる。
バカ話も多いため、笑いながら話す時は呼吸困難になる。


走りながら話すというか、話しながら走るといったほうが適当か。兎に角お互い話しっぱなしなのだ。
友達のこと、仕事のこと、最近テレビでみて感動したこと、最近考えていること、日本人とアメリカ人の違い、など等。。。。。。




カレと走るといかに黙って一人で走る方がラクだとよくわかる。
カレのは若さの有効活用というか、乱用というか、元気がいいのでまともにそのスピードについていけないけれど、
どちらかと言うと俺がいつも引っ張ってもらっているかな。



追伸)
東京マラソンの結果が出たね。
またまたヤバい記録。
過去4年連続で完走率が95%を超え、完走者の半分以上が5時間以内で走りきる。
4、5人に一人は4時間を切る、というのは市民マラソンでは世界でも珍しぐらい質が高いと思う。
特に完走率は日本人の真面目さを物語るね。因に27年の歴史のロサンゼルスマラソンは毎年完走率は50%に届かない。
基本的にお祭りだからさ。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夫婦共同作業 2011年一本目

2011年02月27日 | ゴスペル
今日、Lampに夫婦でスピーカーとしてよばれ言って来た。
ミニストリーにおける男女の協力関係について自分たちの学んできたことを体験をふまえて話す機会をいただいたので。

夫婦で一緒にやる仕事としは今回これが今年の一本目。
いつもこういう機会を経て二人で仕事モードになったとき、妙に一致してチームワークが機能する瞬間がある。
そういうとき夫婦の仲も良くなる気がする。



LAとしては記録的な寒さの中、わざわざ遠い所からも多くの若い人たちが集まりとても楽しかったのです。



ヴァイも必死にノートをとっていた。

というのはウソで落書きをしていたのだが、よくもまあ親につきあって夜遅くまでがんばったもんだ。
親の仕事で犠牲になるのは決まって子供です。


今日は朝6時からS君とのジョギングに始まり、Lamp後の真夜中K君の寮までの送り向かいと結構体力的に限界に達したところで
半分だけ目開けてブログを書いているわけだけども、若い世代に相手してもらいながら自分はエネルギーもらっているし、
彼らの成長を見る中に喜びを見つけることが出来ることを今日も再認識。


ひとまず今日の所は任務終了。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親バカ快進撃

2011年02月25日 | 育児真剣勝負
会社から帰宅すると妻がホクホク顔で話しだした。
「ヴァイ、すごいのよ。今日幼稚園で出席取るとき全員の名前を間違えずに言えたんだって!」
ヴァイの幼稚園では毎朝当番が前に立って全員の名前を一人ずつ呼び点呼を取ることになっている(子供軍隊)


「2歳半で全員の名前を覚えることが出来るなんてめずらしいんだって!」
クラスに一体何人の幼稚園児がいるのか俺は知らんが、まあ嬉しい話じゃないか。
「ひょっとして、ヴァイ天才かも!」と夫婦でニコニコする。


一体今までに何回このようなバカ親会話をしただろう。
そしてこのバカ会話の最後は
「でも親は最初自分の子供のことを天才って思うんだって」
「自分だって子供ん時は神童(非クリスチャン的表現1)って呼ばれたのに結局違ったしね」
 「“来年の事を言うと鬼が笑う“って言うし(非クリスチャン的表現2)」
「だよねぇ。やっぱ平凡か」
で毎回オチる。
でもこのほんの僅か数分の夢話が夕食時の会話に花を咲かせるんじゃ。


頭の良さはまあどうでもよい。
「恵みと真に満ちておられた」と表現されるあのお方に少しで似れば。
ヴァイの本名もそれにちなんでつけられた。


こんな本みつけた




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プライドをもつことはアホなのか

2011年02月22日 | 体育会系のススメ
「カレーなんてカロリー高いんだからダメよ!」


妻が調子が悪くベッドで休んでいる。
「面倒くさいな、今晩は簡単にカレーで済ませてしまえ」と料理していた俺に妻がストップをかけた。
「エッ、カレーもダメなの? カレーなんて大したこと(カロリー)じゃないじゃん」
ガックリ。


マラソンの為のこの一連の苦労。うげぇ~
やっと最近真面目に走って練習していても全然調子が上がらない。
寧ろ長時間(2-3時間)の練習は逆に体に悪影響を与えているのを感じている。


「なんの為に走るの?」と妻。
「。。。。うぅーん。難しい質問やな」


『主の栄光のためや!』と意気込んでいた時もあったが、あの時具体的にどういう影響を周りに与えることができたか疑問。
殆ど自己完結で終わってしまっている気もする。
10回完走も終え、11回目のモチベーションが極めて低い。


やっぱ正直なところ一番の理由は“毎年連続完走“の記録を伸ばすことだけかなぁ。
これはハッキシ言って”My Glory(自分の栄光)”の世界やね。
こうやってブログで隠喩的に「俺頑張ってまーす」と実は自慢してるんやろうなぁ。ブログ自慢。
しかし代償が大きいですわ。時間も体力も家族の協力も。


“連続完走記録”というプライド。
プライドを持つことはホントにアホなのか?

多分。

でもそれでも男は自分の存在価値をなんとか認めてもらいたいんよね。
聖書的やないかもしれんが。


Ps)で、結局カレーは作った。しかも妻とヴァイの食べ残しもしっかり食べかなり満腹になった。
やっぱなんも学んでいない








コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

みんな心の中は.......

2011年02月21日 | ゴスペル
チキショー。やられた。このビデオを作った奴は最高やね。
出だしは「あちゃー」ってくらいつまらんけど後半来るよ。



心の中を見る眼鏡を通して人をみれば、皆心のなかは色々あるんや。となりの嫌な奴もホントはいろいろ抱えてるんや。
忘れがちなものをおもいださせられるね。

これははちこさんから紹介してもらったビデオでした。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当たらない予想

2011年02月19日 | 育児真剣勝負
今日は朝からサンダーストームだという天気予報だったのでS君とのトレーニングをキャンセル。
が、いっこうに雨が降って来ない。こんなだったら朝からS君と走れたわ。ほんとにアメリカの天気予報は当たらない。
ってかアメリカ広いので他地域の方にお叱りうけないように限定すると、「カリフォルニアの降水確率」は結構いい加減だ。
俺は天気のこと何も知らんけど、素人なりに何でもテキトーに言わせてもらうで。


雲はあったけど雨が降らんのでヴァイをつれて散歩


ヴァイがもっと大きくなって一人で何でも遊んでくれるようになったら俺の時間もまた回復するのに。。。。。
と無駄な想いを馳せながら、今日もヴァイの一挙手一投足を見守る。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナマっちょろい減量物語

2011年02月18日 | とんでもはっぷん
やっとLAマラソンの申し込みをした。
本番の日付を間違えていて、一週間早かった。なんともう30日を切っていた。死んだ。 最高に調子悪い。


減量せなあかんなと思って何週間経っただろう。
殆ど体重が落ちていない。1キロぐらいかな(汗)
当たり前だ。毎日結構しっかり食ってる。


「もうそろそろやばい」
と妻に言うと
「野菜スープ中心のメニューにします」と一言。
げっ。


今日は金曜日であり、一週間のうち唯一テイクアウト出来るものを買って来て食べる日。
やっぱこってりモノが大好きな俺は金曜日の午後からそわそわするのだ。
ジャンクっぽいものをガツガツ食べ、ソーダゴクゴクってのが好きなのだ。
が、しかし今日のメニューはこれだった。



これがサブウェイでカロリーが低いんだってさ。
妻からのススメで今晩はこうなった。
因に、ウェブの写真はこんなにボリュームがあるように見えるが、本物はもっとぺちゃんこだった。
でも6インチではなく、フットロングをしっかり食ってしまった。


あー。明日から連休3日。
真面目に走ろ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァイの信仰

2011年02月16日 | 育児真剣勝負
Oz家の信仰チェック。(ヴァイの場合)

俺がヴァイに質問する。
「ダディとジーザスどっちが好き?」


少し考えてからヴァイが答えた。
「ジーザス」


ん? 俺とチャウんかい?。
まぁよい。それが聖書的な模範解答だ。


更にもう一つヴァイに質問を続けた。
「じゃ、マミーとジーザスどっちが好き?」


間髪入れずヴァイが答えた。
「マミー」


なんじゃそりゃ。ジーザスやないんか!
やっぱまだヴァイは分かっとらん。



Oz号の指定席で昼寝するセレブ。平和ボケ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大過なくバレンタインデイ

2011年02月14日 | ゴスペル
今年も来たぜバレンタイン。
今年も贈ったぜバラの花束。


地道な作業ではあるが、これが夫婦の生命線の一本を担う。
毎年も途絶えずに続けることが出来、とりあえずよかった。



そして今年も妻はチョコレートケーキを焼いた。


大過なく今年もこの日を終了。


一年前のバレンタインの自分のブログをチェックしてみたら大体同じような内容であった。
驚いたのは、昨年のバレンタインの二日前、 2月12日のブログはヴァイの一角獣遊びの写真が使われていたこと。
何故なら、なんと今年も先日2月12日のブログはヴァイの一角獣遊びだったのだ。
偶然というか、一年経っても遊び方は進歩していないということか。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカのアジア人

2011年02月12日 | とんでもはっぷん

Oz家が住んでいるアパートは半分が黒人。白人2割、ヒスパニック2割、アジア人1割。
日本人は我が家だけであるが、先日、妻とヴァイが黒人ファミにリーに話しかけられた。

「ニーハオ!」

妻とヴァイが固まり、どう答えていいか分からず数秒。
そのまま黒人ファミリーから次の言葉。

「チャイツェン!」

固まったままの日本人の親子をそこに残してその黒人ファミリーは行ってしまった。
大抵のアメリカ人にはそのアジア人のルートの国が何処かなんてわからないんだろうと思った。
今は中国が流行やしな。人数も大いし。とりあえず中国語で話せば当たる確立も高いんや。
やっぱ国家計画でヤオミンを排出した国はアメリカでも存在感あり。


どうやってこの国でアジア人として生きて行くかはまだまだこれから要検討。
とくにヴァイはね。


気を取り戻して、今日も一角獣遊び。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どアホとキャプテンのラブストーリー (実話)

2011年02月10日 | 男の群れ
前回のブログで「(はいはい、どうせ俺はプライドの高いダメなクリスチャンだよ)」
と書いたのが気になった。
多くの方に日々、このバカブログにつき合っていただいてホントに感謝していますが、
もしその中で誤解された方がいたらアカンと思って。
「俺はダメや」と言ってはいるが、忘れていけないことがある。


これは「どアホ(=俺Oz)」と「キャプテン(=ジーザス)」の実話である。

俺はもう救われている。
過去のどんなアホなことも、今やってるアホも、この先まだやるだろうアホも赦される。
そしてどんなに俺が自分のことダメダメや!と思ってて実際にダメ人間であっても、
それでもジーザスはそのドアホ(=俺)を愛している。


突っ張って、しかめっ面して、一人で自慢げに立っているのは俺を筆頭としてその阿呆者の勝手であるが、
ジーザスはそれでもその阿呆者を受け入れる。そういうもんやで。俺らのキャプテンの器量は。
ダメな自分のまま「こんな者ですが」とジーザスの方へ歩いて行けばええやん。
きっと日々やってる自分の多くのアホを少しは悔い改めるで。


これはデニーズの男の集まりで自己卑下して落ち込んでいる者に、以前Sさんが語っていたこと。
「〇〇君、頑張れ!」は世の中で励ましの合言葉になっているが、それは全然励ましやない。所詮御丁寧なプレッシャーや。
そんな中にあって、Sさんが語ったこの聖書の理解に基づいた励ましは白眉である。
どうや、すごいやろ。男の集まりは最高や。



しっかり神の方、見んかい! ジーザスパンチ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男の戯れのススメ

2011年02月08日 | 男の群れ
今日が火曜日でよかった。
今日はデニーズの男の集まりの日だ。



会社でムカムカすることがあった。(はいはい、どうせ俺はプライドの高いダメなクリスチャンだよ)
家に帰ってくればヴァイも今日は機嫌が悪く、飯食ってても、お風呂に入れてあげても、何やっても「ダジィ、ヤダ!」の連呼。
こういう日はホントに心に平安がない。

こういう状態で妻に八つ当たりしたら最悪。
今日はなんとかそれだけは免れたけど(学習してますがな)、やっぱりどこか気が収まらない。


こういう日ですよ。信用出来る男達の輪の中に入って行きたいと思うのは。
日曜日の教会の礼拝じゃないんだよな。こういうときに欲しいモノって。
やっぱもっと敷居の低くて、要するに”愛する野郎共”の集まりですよ。欲しいのは。
別にそこで嫌なことのうっぷんを晴らすわけでもなく、誰に愚痴を聞いてもらうつもりもない。
ただその輪の中に入るだけでいい。きっと心が静まる。
行きのドライブ中、「俺、このメンバーに入っててよかった」と思いながら、デニーズへ向かった。


深夜、いつもより長めの時間まで店に残って話した。
店を出た時、入る前よりやっぱり心は静まってた。
よかった。こういうのがあって。やっぱこういうのは俺には必要だ。











コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

父親の威厳を揺さぶるもの その1

2011年02月06日 | 育児真剣勝負



「ダジィ、食べる前にお祈りしなきゃダメ!」
食事が整う前につまみ食いをする俺にヴァイがこう言った。


「ダジィ、ボールで遊んじゃダメ!」
部屋の中でゴムボールを蹴っ飛ばす俺にヴァイがこう言った。


ヴァイの「ダメ!」は時に理屈に合わない意味の無い「ダメ」が多かったが、
たまに上記のように、父親であるこっちがビクっとさせられることがある。
頭の中で思い出してみると、なんだかどことなく妻の言い方に似ている気もする。
母親から学んでいるってことか?
父親としての威厳の危機。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男は。。。。。

2011年02月05日 | 男の群れ
男チームのたくやから送られて来たリンク。
これは面白い。日本では今こんな粋なのCMで流しているのか。結構キタぜ。





  「男は単純だ」
  「男は口下手だ」
  「男はつるむ」
  「男は女に弱い」
  「男は張りあう」
  「男はサイテーで」
  そして
  「男はサイコーだ」

ラストシーンで勝者から敗者への缶コーヒーの投げ渡しも男的に洒落ている。
作った野郎はホントよく男の性質を分かっていると思った。
が、しかし、もし家の妻に言わせれば、もう一つ付け加えなきゃいけないと言うだろう。

  「男は話を聞かない」



俺のことか?










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魅惑のプリン挑戦 第3戦 - 抹茶プリン

2011年02月03日 | 男の料理塾
プリンシリーズ3作目 抹茶プリン。
でも写真で見ると、なんだか「よもぎプリン」にも見える。
ホントはトッピングにあずきも乗せたかったのだが。
使ったカップもイマイチだぜ。



適量の倍以上の抹茶を使ったため、非常に濃厚な味になった。それがおいしいんだけどさ。
が、後でその抹茶粉末だけで5ドル分も消費したことを知りびっくり。使いすぎたぜ。
プリン4個分の抹茶粉末が5ドルかよ。


それでも結構おいしかったのでまた作りたいと思う。
デザートではあるがこれは自分のレパートリーに入れよう。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加