Who Am I

お前は大地の広がりを隅々まで調べたことがあるか。その全てを知っているなら言ってみよ-私はこの口に手を置きます ヨブ38章

黒髪アリス 本番

2017年05月28日 | 育児真剣勝負
さて、ヴァイの学校の3年生最後で最大のイベント、『アリス』の発表会であります。
木曜日の午後1時開演という、働くお父さんの都合完全無視のスケジュール。
でも親バカなので、自分は行きました。
そして会場には自分と同じ親バカなお父さんたちが仕事サボって皆勢ぞろいしていました(笑)。

正味30分の劇ですが、ビデオばっちり最初から最後まで取りました。
皆自分の子供の出番ではバシャバシャ写真撮ってましたが、ビデオで最初から最後まで全部撮ってる親バカは自分一人でした。。。
親バカのてっぺん行ったとおもいます。
が、このブログで3ギガのビデオを公開するほど親バカではありませぬ(笑)。

本番はこんな感じ。


ヴァイは「緊張はしなかった」と言ってましたが、多少は緊張したでしょう。
それよりもその場にいた俺はかなり緊張したよ。マジ。
終わった時はホッとしたね。あー、無事終わってよかったと。
担任の先生から指名されたとはいえ、よく主役張ったよなぁ、と我が娘に感心のバカ父。。。。
今日までヴァイに付き添ってセリフ暗唱の練習に付き添った妻もお疲れ様。

で、いつものように何かイベントが終わった後は、ヨーグルトランドへ打ち上げ。
皆お疲れ様。


(追伸)
姉のセリフ暗唱の邪魔にならぬようメロンも協力してくれましたが、最後にメロンに聞いてみました。
「メロンちゃんもアリス主役やりたい?」と。
メロン開口一番、「私はやらない」と。
それでいいよ、メロン、あれは大変だからさ。。。。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の車4

2017年05月25日 | とんでもはっぷん
本日、俺の前を走っていた車。ナンバープレートが I'm late....
お急ぎのようです。

命名『遅れんなよ』







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芝生

2017年05月22日 | 大工系ダディ
さて、ロスは夏モードに入りつつあり、今年もカテゴリー『大工系ダディ』の季節がやってきました。
我が家の前庭は水節制の為、完全に芝が死にました。
というか、5年前けっこうインチキ業者にやってもらった為、安い土と安い種のため雑草ばかりの酷い前庭でした。
メキシカンの業者に見積りとると500ドル。韓国人の見積もりは800ドル。白人業者だとさらに値上がりします。
一時期は水節約の為、人工芝に変えようかとも考えたけど、その場合2000ドル。きついな。。。
で、結局過去2年間はこんな荒廃状態。


で、この春、父「そろそろ行くか」と一念発起。
前庭も自分でやり直します。予算70ドル。

まず雑草と死んだ芝の取り除き作業。これが一番時間がかかる。
朝5時半。太陽が出る前が勝負。気温が上がらないうちにやらないと作業中死ぬ。


今回はこのために新しく鍬を購入。25ドル。 業者がこれを使ってるのを見て学んだ。なるほど、これは結構強力。


そして一気に8割のところまで。因みに取り除いた雑草と土の総量はなんと65ガロン(245リットル)の業務用ゴミ箱6箱分!
これをただで家に回収に来てくれるのはありがたい。2週間にわけるけど。


作業はかなり肉体労働で体重が2キロほど落ちます。
普段使わない筋肉疲労激しく、とくに腰が。。。。
この界隈は金持ち白人が多く、こんな肉体労働するのは我が家だけ。
作業中、自分が勝手に感じているのは「100年前、アメリカにわたってきた日本人一世は皆こうやって畑仕事で生計を立てたんだよなぁ。
第二次世界大戦中の日本人強制キャンプもこんな感じで畑仕事させられていたんだよなぁ。」それをこういう作業する度に勝手に思い起こします。

さて、日付が変わり、後半戦。最後の土慣らし。ここまでで作業時間7時間。


その後、いよいよ芝の種まき。種は400スクエアフィート(11坪、37平方メートル)で13ドル。
助手登場。



その後、上から土をかぶせます。1袋2キュービックフィート(15ガロン=57リットル)あたり6ドル。9袋購入。
ガロンだったり、スクエアフィートだったり、キュービックフィートだったり、アメリカは単位が日本と違い過ぎて覚えるの大変。


そして仕上げに水まき。


さて、これで芽が出るまで2週間ぐらい。
今後の報告お楽しみに。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の車3

2017年05月17日 | とんでもはっぷん
本日、俺の前を走っていた車。ナンバープレートがワンダフル

命名『幸せ野郎』



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の日

2017年05月15日 | ゴスペル
昨日のこと、母の日やね。
早朝。妻はいつもの通り聖書とローソクでデボーションの時間。
で、この日は朝早く娘達も起きてきて、今日まで隠しておいたカードやプレゼントを妻に渡していた。


娘二人とも自分で編んだ小物をプレゼントに渡していた。
ヴァイは進研ゼミで貯めたポイントでカラーペンも贈っていた。
その他、カードや手紙。全部手作り。
なんか金掛けずに手作りのモノを渡すところが泣けるじゃねぇか。

夫もカードを忘れずに贈りました。
そしてこの日は妻が食事を一度も作らなくていいようにしなければなりません。
それぐらい簡単やろ。ほんの僅かな気遣いだけ母の日だけど。気持ち届くかな。
妻の子育てのコミットメントに感謝しています。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイク トラウトとキャッチボール

2017年05月14日 | 体育会系のススメ
さて、今年も教会から70人の団体でメジャー観戦。



そして今年も試合前にテールゲートパーティ。
球場外の駐車場でBBQです。



そして今年もセンターバックの外野席を確保。
この眺めで20ドルは安いやろ。


この試合、個人的に超思い出は外野守備についたエンジェルスの主砲マイクトラウトからボールをもらったこと!
3イニング目入る時にキャッチボール終わったトラウトが外野席にボール投げてくれて、見事にキャッチ。
こんなこと、人生でなかなか起きんよ。しかもマイクトラウトが投げてくれたボールやからね。


ふぅーん。と思うかもしれないが、マイクトラウトやで。年俸20億円の男ですわ。
今年も現時点で打率3割5分、ホームランも10本やわ。
今年も首位打者もホームラン王も狙えるで。


このボール、大切な記念品。


この日、翌日が母の日ということで、なんと両チームともユニホームがピンク。
アンダーシャツ、ソックス、ベルト、帽子、バット、スパイク、プロテクター、全部ピンクやったわ。

そして最後はマイクトラウトの一発も出て大満足。


残念ながら、9回に再度タイガーズに一発打たれ試合にはまけたんだけど。
試合後の花火も出て、今年も十分たのしみました。
今年のエンジェルス、現在ア・リーグ西地区3位。もっと頑張れ~!!!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女性陣

2017年05月13日 | ゴスペル
しっぽり。 我が家の女性陣。
仲良いよね。いつも一緒にいてさ。


妻と娘達が仲いいのは微笑ましいのだが、相変わらず父一人”仲間外れ感”若干あり。。。。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

OCマラソン 2017

2017年05月11日 | 動画の館
17回目の挑戦。

今年もこんな朝早くから。5時半スタート。
今年のロスは天気がほんとおかしく、こんな季節に、よりによってマラソン当日は雨であります。



毎年走行中に応援にきてくれている家族の前を通る度に娘達を持ち上げる儀式をしているけど、今年はかなり重かった。
あと何年ぐらい娘達持ち上げて走れるかな?


今年で3回目のキッズランを走り切ったヴァイと記念写真。
今年のTシャツは日本の兄貴たしんさんから頂いたオリジナル、『スタローン中毒』を選びました。
毎年このOCマラソンで着るTシャツはその年1年間で自分にとって一番話題だったものを着ることにしています。


さて、無事17回目のフルマラソンも終わり。タイムは4時間49分と相変わらず超凡記録。
因みに一緒に練習して今年も一緒に走った中戸川氏は3時間50分という好タイム。同い年とは信じられない。。。
今年はしっかり練習したつもりやったが、ダメねぇ。原因不明。年齢の問題だけではないと思うけど。
走行中、5時間超えたら引退やな、と思いながら走るも何とか4時間だったのでまだ引退は先になりそう。
目標の30回まであと13回。13年か。。。
やれるんか????




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

OCキッズラン

2017年05月10日 | 動画の館
ヴァイ、人生3回目のOCキッズラン
オレンジカウンティ中の小学生が集まって走ります。
年齢別にスタート時間を分けて朝8時から11時までスタート時間が分れます。
この日はとにかく子供と親の人込みで大変。1年に一度のお祭り騒ぎです。

朝8時半。スタート前、ヴァイ発見。




余裕ぶっこいて走ってるヴァイ。
が、実はタイムは昨年より遅かった。。。あぢぁー。


翌日はダディ、17回目のフルマラソン挑戦です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の車2

2017年05月05日 | とんでもはっぷん
本日、俺の前を走っていた車。ナンバープレートがなんとも端的。

命名『自称男野郎』






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『不思議の国のアリス』

2017年05月03日 | 育児真剣勝負
ヴァイの小学校では学年末にクラスの演劇発表がある。
3年生は全クラスが『不思議の国のアリス』を演技するのが学校の伝統である。


『不思議の国のアリス』といえばルイスキャロルの代表作、1865年刊の児童小説。
そしてその主役のアリスになんとヴァイが選ばれたそうだ。最終的には二人の候補者の中から担任の先生がヴァイを選んだらしい。

さて、この演劇は主役は伝統的に必ず「金髪の生徒」というのが校内の暗黙の了解。
過去もずっとそうだったし、他のクラスもアリス役は全員金髪の女の子。
でもアジア人のヴァイは黒髪。聞くところによると校内初の『黒髪アリス』とのこと。
おいおい!

早速我が家では猛特訓始まってます。


俺もちょっと原稿読んでみたけど、めっちゃセリフ多い。こんなん絶対覚えられんで。
(それが子供には可能なところが、子供はすごい)。
本番まであと一か月だそうだ。


日本人の夫婦の間に生まれた日本人のヴァイでも、やっぱりアメリカで生まれ育ったせいか、「私なんてそんな大役できない」という不安とか謙遜さとか全くない。
けっこうケロリとして稽古してます。


子供は怖いもの知らず。
でもピアノの発表会でもヴァイは準備万端にして臨むタイプではない。
この演劇でもそんな調子なのか。
しかも本番に弱いところが俺に似ている。
いや、ここは子供の可能性を信じよう。
父、不安と期待でいっぱい。。。。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

E.T.

2017年05月01日 | 育児真剣勝負
子供たちと『ET』を見た。あの有名な映画ET。スピルバーグの出世作。
ETって1982年作なんやね、俺小学校6年生やん。 多分映画は中学生2,3年の時に見た。それっきり。
実に30年の年月を経て、観ました。しかも娘と。


6歳のメロンはストーリーについていけず。
「こわ~い」と。
8歳のヴァイは完全に理解したようだ。英語は勿論、話の筋も理解したらしい。


で、どこが一番よかった?と聞いてみた。

「自転車が空飛んだところかな」

おうおう、俺が中学生の時観て感動した所とやっぱり同じところに娘も感動した模様。
世代を超えても愛された映画ここにあり。おやばかもまたここにあり。

追伸)
さすが80年代の映画。この時ってインターネットもCGもないのね(レベルの差はあれ『合成』という技術はつかわれている)。
ストーリーの前半のテンポの遅さはさすが。今の時代だったら一発で蹴られそう。。。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の車

2017年04月26日 | とんでもはっぷん
本日、俺の前を走っていた車。ナンバープレートが。。。。

命名『チョッキフェチ』



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

思い出

2017年04月24日 | 育児真剣勝負
週末。
土曜日、妻は今日はECの準備委員会で一日家空けてる。

娘達を昨年夏に同じように妻が居なかった時に3人で行ったダナポイントのビーチへ連れて行った。
が、もう娘はそんなに俺にはじゃれない。
ふたりでポッチり座ってしずかーに、しずかーに。。。って感じ。


日曜日、教会から帰ってきて、一家の主、威厳をもって娘達に提案。
「ダディ、これからジョギング行くけど、ジョガーに乗って一緒にダディと走りたい人~~?」と。

娘達の反応「しーん」反応なし。
父、2度目聞く「え~~誰も一緒に来ないの?」
ヴァイ「え、私もうジョガーに入んないよ」
メロン「ジョガーより自転車がいい」と。

ということでなんとかメロンだけ俺のジョギングに自転車で一緒に走ると。
しかも父おいて結構先に一人で行っちゃうし。

あーーー。
昨日といい、今日といい、昔はもうちょっと娘達は食いつきよかったのに。。。。
段々子供たちが父が喜ぶことに反応してくれなくなってきている。。。

父寂し。。。
子供が完全に親から独立して遊びだす前に今のうちの思い出作っとかなければ。
これ完全親の自今満足やな。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パスポート

2017年04月18日 | とんでもはっぷん
娘達のパスポートが送られてきた。 アメリカのパスポートは濃紺です。
二人とも生まれてすぐ取ったものが5年で有効期限が切れたため更新したもの。
郵送でこんな大切なものが送られてくるところが、アメリカ大雑把やなぁ。
しかも申請した時はなんと地元の普通の郵便局やったし。



オモロかったのは、この郵送されてくるパスポートの説明書がスペイン語の訳付きだったこと。
これ、いかにアメリカという国が外国生まれの人が作っているかの一端を現しているところ。
ヒスパニック系の夫婦の子供がアメリカのパスポートを申請するのか、それともヒスパニック系の移民がアメリカ国籍を取るのか、
どちらかわかりませんが、そういう人が多いということでしょう。
折角アメリカ国籍取ってアメリカ人になったんだから、パスポートも説明も英語でいいのではと思うんだけど、
変なところで親切なアメリカ。。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加