あい赤ちゃん…いい赤ちゃん…ゆう赤ちゃん

iakachan e_akachan & U_akachan…アイ イイ ユウ…愛(相)好(良)遊(優)

☆ 日本人として知っておきたいお盆の話

2017-08-13 | 学習

◯ なかなか「お盆」を考えることがありませんが、この8月13日〜16日は思い起こして、ご先祖様に感謝を捧げましょう〜

私の根っこプロジェクト知っておきたいお盆の風習。先祖の霊の里帰り|日々の便り|【二十四節気・七十二候・節供・年中行事】暮らし歳時記

8月15日は月遅れのお盆で、8月13日はお盆の入り。お盆の内容は多様ですが、一般的には、盆棚を設え、お墓参りに行って、先祖の霊を招くために迎え火を焚きます。夕暮れの頃、玄関前や門前でオガラを燃やす習わしがありますが、オガラとは麻の茎の皮をむいたもので、オガラの煙に乗って先祖がやってくるといわれています。まずは火を拝み、外から内へまたぐようにして家に入る風習もあります。ちなみにオガラの燃えさしをタンスに入れておくと、衣服に困らなくなるともいわれています。

pixta_15190178_S.jpg

お盆には、各地で様々なお盆の行事が行われますが、盆踊りもそのひとつ。単なる町内会のお祭りではありません。本来、盆踊りはお盆に帰ってきた先祖の霊を慰める霊鎮め(たましずめ)の行事で、死者を供養する「念仏踊り」(自分で念仏を唱えながら踊る)が原型です。次第に念仏を唱える人と踊る人に役割が分化し、発展した「踊り念仏」が「盂蘭盆

(うらぼん)」(お盆のこと)と結びつき、精霊を慰めて送り出すための行事になりました。今はお盆以外の時期に盆踊りを行うことがありますが、本来は旧暦7月15日の晩に盆踊りを行い、16日に精霊送りをしていました。

16日は精霊送りです。送り火を焚いて、先祖の霊をお送りします。地域によっては海や川に送り火を流して精霊送りを行います。有名なところでは、長崎の「精霊流し」、奈良の「大文字送り火」が毎年8月15日。京都の「五山送り火」と「嵐山灯篭流し」、福井「敦賀とうろう流しと大花火大会」が毎年8月16日に行われています。

【暮らしを彩る年中行事】お盆
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/obon/
【暮らしを彩る年中行事】お盆/迎え盆と精霊送り
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/obon/mukaebon/
【暮らしのまつり・遊び】盆踊り
http://www.i-nekko.jp/matsuritoasobi/natsu/bonodori/
【暮らしを彩る年中行事】薮入り
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/obon/yabuiri/

日本人として知っておきたいお盆の話

2016/08/05 に公開

【メルマガ登録はこちら】→ http://taigu-gensho.com/mail-magazin/
===============
今回は小学3年生のくるみちゃんからご相談をいただきました。「お盆とはなんですか?なぜご先祖様の御墓参りをするんですか?」このような素朴な疑問を持つことは本当に大切なことですね。今回は大愚和尚にお盆の初まりについてお話をしていただきました。(大愚.com事務局)
===============
【ご相談窓口(受付中!)】
 大愚元勝和尚への相談は下記のリンクをクリックし、フォームより送信してください。返信は動画の配信をもってかえさせていただきます。相談者を特定できる内容は公開しませんので、ご安心ください。
→ http://taigu-gensho.com 
===============

【大愚 元勝 プロフィール】

 昭和47年8月生まれ。宗教法人福厳寺住職。空手道MAC小牧支部長、FMT整体グループ顧問、株式会社慈眼代表取締役社長、ワールドウイング小牧代表。小牧市立篠岡小学校、中学校、小牧南高校を経て、駒沢大学へ進学。大本山総持寺にて安居修行。愛知学院大学大学院文学修士。空手家、セラピスト、社長、作家など複数の顔を持ち「僧にあらず俗にあらず」を体現する異色の僧侶。僧名は大愚(大バカ者=何にもとらわれのない自由な境地に達した者の意)。3才で経を習い5才で葬儀デビュー、10才で僧籍を取得するも、厳しい師匠や堅苦しいしきたり、「お寺の子」と噂される重圧に反発して寺を飛び出す。紆余曲折を経て、迷いの中32歳で起業。仏教理念に基づき、社員、お客、売上げに恵まれるシステムを構築して複数の会社を立ち上げる。38歳の時再び寺に戻ることを決意。事業の全権を社員に任せてインドから日本に至るまでの仏教ゆかりの国など、世界23カ国を旅し、自身の僧侶としてのあり方や寺院のあり方を問い直す。現在は福厳寺の興隆に尽力しつつ、講演、執筆、WebサイトやFacebookなどを通じ、固定概念や執着を手放す「生き方」と「働き方」を人々に伝えている。講演実績として、三菱東京UFJ銀行、各務原商工会議所、株式会社ダイキエンジニアリング、富良野小学校、小牧市立桃陵中学校など多数。また今後福厳寺にて開催予定のテンプルステイには、各方面から期待が集まる。


【大愚とは】
「固定概念にとらわれることなく、境界線を設けることなく、執着を離れて、自由に、柔軟に、大胆に」の意。大愚に学び、大愚に遊び、大愚に働く。新時代を自由に生きるためのキーワード。

【YouTubeチャンネル登録はこちら】
→ https://goo.gl/5hbmw6

【大愚.comはこちら】
→ http://taigu-gensho.com

【Facebookはこちら】
→ https://www.facebook.com/taigu33

【Google+はこちら】
→ https://goo.gl/up2pGL

【ポッドキャストはこちら】
→ https://goo.gl/7gXqPT

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月12日(土)のつぶやき | トップ | 8月13日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL