ニーナのホカホカのんびりブログ

ニーナのホカホカのんびりブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コメダ珈琲のパクリ点出現

2016-12-28 12:50:28 | 日記
「コメダ珈琲店」の運営会社が、お店の外見がそっくりだとして、和歌山のお店を訴えていたそうなんですね。

コメダ珈琲店といえば、うちの近所にも何件かあって、どのお店も同じ外観なんで、どの地域のお店に入っても、初めて来た感じがしなくて、なんか懐かしいというか、
馴染むというか、

そういうお店なんだけど、東京にも進出していて、全国的にメジャーになっちゃいました。

だから、まあ、パクられたというか、真似されたんですね。

まあ、真似されるだけ有名になったということですので、それは名誉なことなんですけど、店舗だけでなく、お菓子や、食べ物のパッケージもそっくりなものがでてきてしまうこともよくあるみたいですね。

ただ、やっぱり、外見がそっくりだと、お客さんがコメダ珈琲店と間違えて入ってしまったり、コメダ珈琲店だと思いこんで注文して、あんまり美味しくなかった、

コメダ珈琲店は良くない、なんて思われてしまったら、営業、売上に関わってくる問題なので、放置しておくわけにいかず、裁判所に訴えたんですね。

それで、東京地裁に使用差し止めの仮処分を申請していたところ、真似をしていた、和歌山市に本店のある「マサキ珈琲」は、外観などの使用を差し止めるよう命じられたんですって。

やっぱり、裁判所が真似るな、と判断したということは、結構そっくりだということなんですね。

ただ、このお店、外観だけでなく、メニューまでそっくりで、そこまでやらなくても、と思ってしまいますよね。

結局、オリジナルじゃなく、よその真似だけしていても、長いことお店やっていけないような気がするんだけど!

メニューが一緒ということは、シロノワールもパクってるのか。

ああ、シロノワール思い出したら、食べたくなっちゃった。

ジャンル:
速報
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |