まつかぜ日記

暮らしの中で思うこと



工房からの風 2016

2016年10月15日 | 手仕事のもの

今年も、『工房からの風』に行ってまいりました。

とは言え、昨年は欠席(?)し、二年ぶりでしたので

今回は様々な風景が新鮮に映りました。

否、この『工房からの風』というイベントは常に動きを止めず、前に進んでいるですから、

この新鮮な感覚は当たり前のことかもしれません。 

↑トップの写真は お庭の花たち。この景色が本当に心地よいです。

↓写真がピンボケで失礼。 草花の一つ一つに手書きの名札がついていて。

「あれ、この花は??」という会話に答えてくれます・笑♪

 

おり姫神社の奥は、熱い心意気を感じます!

男の仕事場

 一日で一つのフライパン。最後は卵を焼くそうな。

 椅子の張り替え♪

 樹とともに布をつくる人。

この他にも木工のstudio fujinoさん、陶芸の瀬川辰馬さん

お二人のお店が並んでいるのですけれど、素敵な空間をつくられていました。

それから、鋳金技法の本山ひろ子さんのテント!

出店の空間に合わせてご本人が手作りされたとお聞きしました。

作品たちと相まって、輝いてました。

 

そして、最後に立ち寄った『民具の扉』。三名の作家のお話も心に残りました。

あー楽しかった。

 

そして風の余韻は、我が家でもまだしばらく続きます。

 n cafeさんの 薬膳ジャム。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ありがとうございました ~... | トップ | 『驚きの明治工藝』展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。