ねこだけどいぬ

同棲生活中20代女の日常や趣味について

鮭と白子の石狩鍋のお話。

2016-10-18 12:25:56 | グルメ
前回書いたiPhone5SからiPhone7に変えた話。と同じ日のお話です。

SoftBankが帰宅し、彼氏のお母さんは家でする事があり忙しかったので、私と彼氏で鮭と白子の石狩鍋を作りました。なんだか豪勢な響きな気がする気もしますが、近場の西友に売っていたお安く便利なお鍋セットです。

彼氏が白子の下処理をしてくれている間に私は野菜(確か玉ねぎ、長葱、水菜、ニラ、にんじん、大根、しめじ、舞茸だったかな?)を切り、彼氏の下処理が済んだところで野菜切る役をバトンタッチし、私は具材を煮たり味付けをする役に回りました。料理が好きな彼氏なので、料理初心者な私はとても助けられてます。

ちなみにレシピはこちらを参考にさせてもらいました。

お鍋を自分で作るのは人生でまだ2回目なもので、火加減が強過ぎて沸騰し過ぎじゃない?と指摘され慌てて弱めたり、色々ありましたが無事に完成。最後にバターを大さじ1くらい溶かしていただきました。写真を撮っておけば良かったのですが、忘れてしまいました…。

出来上がりは、彼母も私も「おいしいっ」とのこと。唯一、彼氏も美味しいには美味しかったみたいなのですが、どうしてか味が薄く感じたようです。普段は私よりも彼氏の方が薄味好きなのですが…。疲れてるのかな?という話をしました。

締めは、もうほとんどお汁がなくなっていたので少し足しておじやにしました。全部のだしが染み渡っていて、とてもおいしかったです。これは彼氏も丁度良い濃さで美味しかったとのこと。

やはり普通に石狩汁を作るのよりも、沢山の具材を煮込んだお鍋の方が断然おいしかったです。大分寒くなってきていましたし、とっても温まりました。

このレシピ、もし手に入れば白子も足してみて作ると、とーっても美味しいと思います。本当におすすめです。ジブリカフェさん、レシピありがとうございました。

デザートは彼母のお土産のかぼちゃプリンをいただきました。こちらは写真あるので貼っておきます。



ほろ酔いの新味、カシスグレープを彼母の分も用意しておいたら、彼母も持ってきてくれるというミラクルもありました。

美味しくたのしく、やや忙しい日のお話でした。最後までお付き合いくださった方ありがとうございます。また良かったら読みにいらしてください。(*´-`*)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« iPhone5SからiPhone7に変えた... | トップ | ベーコンとそら豆のにんじん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。