ねこだけどいぬ

同棲生活中20代女の日常や趣味について

ベーコンとそら豆のにんじんクリームシチューのお話。

2016-10-18 15:47:56 | グルメ
記憶が新しいうちにという事で、昨日の晩ご飯についての日記です。

昨日の晩ご飯は、タイトルの通り「ベーコンとそら豆のにんじんクリームシチュー」を作りました。彼氏のおばあちゃんに自家栽培の乾燥そら豆をもらっていたのですが、なかなかレシピを検索してもヒットせず、どう食べるか悩んでいました。

塩を少し入れて茹でると美味しいとは教えてもらったのですが、どうせならそのまま茹でるよりも何かに入れてみようと思い考えていました。レシピは思いつかないままとりあえず水で戻し、結局二晩もそのままにしてしまいました…。

いよいよ食べなきゃなと、ふと最近買ったにんじんクリームシチューのルウを思い出し、入れたらどうなるんだろう…?と、好奇心から作ってみることにしました。結果から言うと、とても美味しかったです。良かったら参考にして作ってみてください。

ルウはこちら写真のものを使いました。

材料は
・ベーコン
・にんじん
・玉ねぎ
・乾燥そら豆

ベーコンは厚切りのものを使いました。乾燥そら豆は一晩(私は二晩でしたが…)水につけて戻しておきます。玉ねぎ、にんじん、ベーコンは食べやすい大きさに切り、そら豆は頑張って皮を全部剥いておきます…。中くらいのボウルに一杯分くらいの量のそら豆を使いました。

*皮剥きは同じ爪ばかり使うと痛くなるので変えるようにした方が良いと思います。あまりにも多いので仕事帰りの彼氏が一緒にんじん剥いてくれました…。ありがとう。:(;゙゚'ω゚'):

あとは普通にクリームシチューの箱に書いてある通りに作るだけです。具材煮込み終わった時、そら豆特有の匂いが鼻をつきやはり合わないのかな…?と思いかけました。ルウを溶かす時かき混ぜるとそら豆はほぼ全て煮崩れます。が、逆にそれが良いみたいで、どろっもたっとしたクリームシチューが出来上がります。多分、原型を留めた状態よりも美味しいと思います。是非、煮崩れさせてください。笑

*もしかすると、乾燥そら豆じゃなかったり、一晩しか水で戻さないと煮崩れない可能性もあります。

出来上がりは、初めてベーコンのクリームシチューを作ったのですが、これがまた良いだしが出るようで、そら豆でなくてもきっと美味しいかと思います。ベーコンと煮崩れスープ全体に混ざったそら豆の風味がなかなかに絶妙で、乾燥そら豆がもし手に入れば是非また作りたいと思いました。あと、そら豆が沢山入っているおかげで少しでお腹いっぱいになります。いつもより減りが遅く、翌日のお昼までたっぷり楽しめました。

余談ですが、最近クリームシチューのルウにハマっています。初めてクリームシチューを作った時は小麦粉から、ルウを使わずだったのですが、ルウを使うシチューの食べ慣れた懐かしさと、濃厚さが気に入り色んなルウを試しています。前回買った生クリームver.の濃いシチューも甘く濃厚で美味しかったです。

ルウで作った時の味は、一から作る場合再現出来ないのでしょうか…?一から作るのも美味しいのですが、ルウの方がざ・家庭のシチューという味がして好きです。

さて、今晩は何を作ろうかなぁ…。メニューは当日に考える人間です。合挽き肉当日ピーマンというところまで決まっています。笑
また美味しいものが作れたら、ブログに書きます。最後まで読んでくださってありがとうございました。良かったらまた読みにいらしてください。(*´-`*)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鮭と白子の石狩鍋のお話。 | トップ | amazarashiが好きなお話。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

グルメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。