映画『神に選ばれし無敵の男』

2016-10-29 13:06:38 | 鑑賞 - entertainment -

先日放送されていた『やりすぎ都市伝説』なかでチラっと取り上げられたハヌッセンをみてこの作品の事が気になりだしあらためて観ることにしました。

映画は第二次大戦に向かい狂気に覆われていくドイツ、欧州の不安の閉塞感が見事に描かれています。
劇中、ヒムラー、ゲッペルスが登場するもののヒトラーを登場させなかったのは意図的に感じられ、ハヌッセンこそがナチのユダヤ人に対する狂気を爆発させてしまった張本人ではないのか、という説を感じました。

物語は退廃的でありながらも幻想的で美しく、いつまでも記憶に残ります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 闘魂伝承 | トップ | シティ対バルサ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鑑賞 - entertainment -」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。