二段構えのハム

2016-10-12 21:11:54 | 観戦 - sports -
プロ野球 パリーグCS第1戦 日本ハムvsソフトバンクを観ました(RKB)。
大谷vs武田のエース対決は緊迫の投手戦が続いた5回に武田が突如崩れて6失点KOでゲームセット。

しかし恐るべきはハム、栗山采配。
3番近藤、4番中田、5番田中、6番陽、7番レアード、8番大谷とクリーンナップが二度来る「二段構え」。
それが武田の精神を疲弊させていったのではないか。

大谷の輝きの奥に栗山采配が潜んでいる。

ただ奇襲の勢いはそう長続きしないものである。
ホークスは動じる事なく、1勝1勝を積み重ねて行くしかない。

王会長のフラミンゴの構えのようにピッチャーの奇策に動じる事なく一振りで決める!
これぞ「王道」!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彼に賭ける? | トップ | 読『Number』912 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。