冒険の終わり…か?

2017-04-19 15:26:07 | 観戦 - sports -
チャンピオンズリーグ レスターvsアトレチコ マドリーを観ました(スカパー)。

1-1。トータルスコア1-2でアトレチコの勝ちぬけ。
ここでレスターの冒険は一区切りを迎えた。
アトレチコはレスターにとって同種の進化型だった。カウンター種のアトレチコは国内においてバルサやマドリーを苦しめながらも同種ともいうべき守備偏重のチーム相手に取りこぼしがあったためにそれらのチーム相手にはポゼッションして点を取る戦術を身につけている。

アトレチコは見事に同種の「弱点」を突いて勝利した。レスターの持ち前のハイプレスを空転させて逆カウンターを浴びせる。
やはりアトレチコは強かった。

レスターは最後まで冒険した。
岡崎をさげて3バックにして攻撃偏重の型を見せた。見事に1点を取り返した。
奇しくも解任されたラニエリが取り組んでいた攻撃的な型が最後の希望になった。ラニエリには「この日」が見えていたのだろう。

“レスターの冒険”おもしろかった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一巡して | トップ | 堅固なるリアリズム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。