AI裁判官の日は近い

2017-05-26 11:34:00 | 日記

日本の裁判は憲法の「法の下の平等」により判例主義のはず。

水戸地裁、河田泰常裁判長は携帯電話のワンセグ機能がNHK放送の「受信が可能である設置機器」、として男性からNHKへの受信料金返還を求めた訴えを棄却した。

しかし先日の東京地裁が出した「wifiの暗号解読は無罪」すなわち「wifiの受信可能の状態は無罪」とした判決は何だったのか?受信可能なデバイスは「設置」にあたるのではないのか?

ー 客観なんてものはない、あるのは解釈だけだ ー

ニーチェの声がする。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モウリーニョにブーメランが突き刺さる | トップ | 執念のガナーズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。