IWGP王者vsタイガーマスク

2017-03-20 22:10:21 | 日記
ワールドプロレスリング~新日本プロレス45周年試合 オカダカズチカvsタイガーマスクWを観ました(KBC-テレ朝系)。

よみがえった。
ワールドプロレスリングが金曜夜8時に放送されていた頃のワクワクが。

タイガーマスクWは初代に匹敵する天才である。
初代タイガーマスクはあまりに天才すぎた為に俗世を超えて別世界の創造主となっていた。そして歴代のタイガーマスクたちはつねにこの天才と比較されてしまっていた。
タイガーマスクWは恐るべき身体能力と格闘センスで初代にならぶ。さらにWは歴代タイガーたちを背負うのだ。初代のクロスチョップ、ソバット、二代目のタイガートライバーとわたしは彼の後ろに歴代タイガーマスクが見えた。

同じく驚異的な身体能力のオカダとタイガーマスクの激闘はロマンが詰まっていた。
プロレスラーに憧れた少年時代に戻れた。

これこそ新日本プロレス。
試合のあとクリーンビューとアサヒペンのCMが流れるんじゃないか、と思った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 盛者のさだめ | トップ | ベースボールに散る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。