汚名返上

2017-06-20 15:53:49 | 観戦 - sports -
ボクシングライトヘビー級3団体統一戦 アンドレ ウォードvsセルゲイ コバレフを観ました(wowow)。

前回の?の判定の反響を受けて行われたダイレクトリマッチは「疑惑」の王者ウォードが見事にコバレフをKOで沈めました。

ウォードはコバレフの荒れ狂う戦意を「柳に風」のようにクリンチでいなしていく。コバレフは思うような展開に持ちこめずに焦りぎみに。やがてウォードのベルトライン上のボディが効いてしまいコバレフはKO。たしかにボディブローは低かったがそもそもボクサーのトランクスの位置は高すぎる。さらにそれをアピールで防ごうとしたコバレフには正直「格闘家」としてはいかがなものかと感じざるをえない。ウォードは見事な汚名返上だった。あらためてボクシングの奥深さをみれた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウェリントンレスで底力 | トップ | ネギがモリモリなのです »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。