読『Number』912

2016-10-14 17:07:34 | 鑑賞 - entertainment -

ついに大谷翔平はプロ野球のアイコンになってしまった。
究極のプロ野球選手「二刀流」。
すべての野球小僧たちが「夢」として少年時代に置いてきてしまった境地に彼はいる。
おっさんであるわたしでさえも彼に憧れてしまうのだ。

プロ野球は今まさにクライマックスだ。


連載中の『1984年のUWF』もまさしくUWFのクライマックス。
“ゴルドーの告白”もクライマックスです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二段構えのハム | トップ | ホークス、おつかれ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鑑賞 - entertainment -」カテゴリの最新記事