読『Number』912

2016-10-14 17:07:34 | 鑑賞 - entertainment -

ついに大谷翔平はプロ野球のアイコンになってしまった。
究極のプロ野球選手「二刀流」。
すべての野球小僧たちが「夢」として少年時代に置いてきてしまった境地に彼はいる。
おっさんであるわたしでさえも彼に憧れてしまうのだ。

プロ野球は今まさにクライマックスだ。


連載中の『1984年のUWF』もまさしくUWFのクライマックス。
“ゴルドーの告白”もクライマックスです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二段構えのハム | トップ | ホークス、おつかれ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。