歯医者通いで敗者にならないために

歯医者通いで敗者にならないために

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドラクエ2の思い出を書いていく

2017-07-11 11:31:26 | 日記
ドラクエ2ではスーファミ版とファミコン版ではバランスがかなり違うようになっている。

実際のところ、初期の2はかなりシビアで、普通に攻略本とか使わずにクリアした人はかなり少ないんじゃないかと。それくらい大変だったのです。

特に、終盤のダンジョンの難易度はきつしぐたりするので、謎解きも相まって、あれをどうやって古瀬といのかと、苦情が来なくて良かったというレベルね。

他のゲームもやばかったから
ただ、あの時代は他のゲームの難易度もやばかったのでそれほどでもないかも。

FFとかも難易度でいえばかなりヤバいですし、冷静に考えてみると、あの時代は難しいほうがいいみたいな風潮があったのは間違いないわけでね。

普通にクリアできないゲームっていうのがざらにあったから。もしくは、クリアすると得点だけが引き継がれて無限ループみたいなのもありがちな感じ。
『うれしい』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一年を振り返って思うこと | トップ | 半沢直樹の終着点はどこか? »

日記」カテゴリの最新記事