難問の愛言葉!比較だ!

ほっこりな毎日について書きつづります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

買取業者が自宅までやって

2016-12-24 12:00:59 | 日記
こんにちは。お元気ですか。買取業者が自宅までやって来て、しつこく金を買い取ろうとしてくるという迷惑な事例があります。これは訪問購入と呼ばれます。お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないと覚えておいてください。悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。

多くの資産がある方は、なるべく形をバラけさせておきたいものです。ある程度の資産がある人がよく行っているのは、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。この方法を採用するなら、まず考えることは、金を売っている場所や、その購入手段です。新たに金の購入を始められるなら、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、信用できそうなお店から買うことが大切です。それならば、金の価格が高騰して、いざ手放したいとなった時にも失敗しないでしょう。

最近流行りの金買取ショップでは、アクセサリーをはじめとして色々なものが買取の対象になっています。金というといかにも富豪の趣味という気がして、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品にばかり考えが至りがちですが、私達の手の届く範囲にも金製品は意外と多いものです。意外なところではメガネなどです。どんな品物でも溶かせばまた金として再利用できますから、眼鏡や金歯だって値段をつけてもらえるのです。


貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。普通の家庭なら、家に置いておくのも一般的だと思いますが、せめてダイヤル式の金庫は備え付けておきたいものです。数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、やはり自宅保管では心配なので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも解決法としてアリでしょうね。不況の影響か、金買取の相場が上がり続けているようなので、専門店で買い取ってもらったという時、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によってはこれを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。インゴットなどの地金を売却した際の利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、実質的には税金は課されないということです。

金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。他の種類の営業電話はよく受けますが、金買取の話はこれまでになかったので、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。電話の人が説明してくれたところによると、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、不要な品をその業者に売却できるという話でした。丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。それでは、今日はこの辺で。また!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スワップ投資だからとはい・・・ | トップ | まとめて引越しの見積もり »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。