ジャニーズ街

ジャニーズのことを徹底雑記する街です

中丸雄一 、彼一押し!

2017-03-08 10:00:01 | 最新ジャニーズ情報
ジャニーズタレントに夢中になりすぎてしまったのか、最近はビールの種類もよくわからなくなりました。ビール以外に発泡酒というのができて、最近ではさらに第三のビールなんていうのもできてさっぱり。酒税や原材料、作り方など微妙に違うらしいですが、今のところマイブームは、ビールよりも安いけどビールにより近い発泡酒。まいば×けっとなら、1本110円ぐらいで買えます。さ、今日も行ってみましょう。
坂本昌行が2010年に出演した青山劇場の『Pal Joey』は、彩吹真央、桜乃彩音、高畑淳子らが共演。舞台は30年代のシカゴである。流れ者のクラブシンガーを演じる坂本昌行と、坂本昌行を取り巻く3人の女性たちとの恋の駆け引きを展開したストーリーだ。キャラクター的には地味といわれている坂本昌行だが、毎年舞台の仕事で実績を重ねており、今後は俳優として、テレビや映画でもその実力が開花する時が来るのではないだろうか。
加藤成亮は10年の春クールで、待望の連続テレビドラマ初主演の仕事を得たが、ジャニーズ事務所所属のタレントでは長野博以来の主演だった。
渋谷すばるは10年4月、新宿の路上で信号待ちで前に止まっていた乗用車に追突したと報じられた。バンパーがへこむ程度の軽い物損事故にもかかわらず、昨年3月に人身事故を起こし、60代女性にけがを負わせた錦戸亮と同じ半年間の運転禁止処分に。この厳罰は“過去のペナルティー”が関係している(『東京スポーツ』4月23日付)という。
なーんだか、変な展開になってきたね。もう少し軽い話にしたかったのだが、まあこれも成り行きだ。もう少しだけ付き合ってほしい。
「いけのおと事件」といえば木村拓哉。クイズの解答で「水の音」を答えなければならないところをそう答えてしまったのだが、それは誰の俳句?答えはこの記事以外の記事に書かれているので探してほしい。
椿一といえば稲垣吾郎が出演した「笑の大学」、川田平太といえば草なぎ剛主演の「黄泉がえり」。では清水豊松といえば「中居正広が主演の『私は貝になりたい』」という作品だ。
?亀梨和也は10年1月に始まったドラマは『ヤマトナデシコ七変化』(TBS系)で『神の雫』のリベンジとしたいところだったが、視聴率が振るわなかった。「逆視聴率王」(『東京スポーツ』10年2月17日付)などと揶揄されたほどだが、腰が低い亀梨和也は現場の受けが良く、次々新しい仕事が来た。
生命保険の本で、具体的に商品を論評しているものは以外とないのですね。これは、保険募集をしている人は具体的な商品比較をしてはいけないという決まりがあるからなんです。それだけに、草野直樹氏が書いた「生命保険のウソ?ホント」(九天社)は貴重です。保険商品の内容について解説しているからです。ではまた。
[PR]嵐関連グッズ一覧です 
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TOKIO のことを書いてみるか? | トップ | Coming Century で昼夜頭がい... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む