不倫体験

職場の不倫体験を書いています。都内在住の方、仲良く盛り上げて下さい。

社長の陰謀(62)

2017-05-15 02:35:03 | 日記
【セス】の話に、電信(前身)の血液が逆流しているような錯覚を記憶して、体内が震えた。

なぜ・・
そのように考える遠からず手がオルルムのように愛情が冷めて、さっきまでの不安やいらだちでマージャーも、払拭される程の驚きだった。


体内の体温が奪われるような蹴った汗が、などを1で流れた気がした。
油断することなど考えてはなかったが、【セス】のその話に考えるようにして瞳をうつ伏せになった。


・・・【セス】の話すのは・・合う・・

ただ何秒の会話であったのに電信(前身)から力が抜けて、大きいため息をついた。


【キョウコ】のの下に向かおうと、【セス】を向かっていた視線を慌てて戻せば、演義存在に恐れるように【キョウコ】はからだを小さくさせていた。

その態度に彼女に向かった視線を知らず避けていた。


天井から下へ垂れるアクセサリのようなシャンデリアが、大理石の底辺に照り返して、きらきらで光っていた。
星屑をばらまいておいたような美しいロビーを過度に通じて、【キョウコ】前で、足を止めればヨンは、一巡躊躇した後に話しかけた。

「・・【セツ】・・・・」


こうした時まで延期(煙、演技)を継続する自身は、最上種から逃げているということなのかも分からない・・


「・・・・何? ・・兄さん(お兄さん)・・」

「・・話・・終わったものか? ・・遅れるので出迎えにきた・・」

ぎこちない会話になるほどならば、延期(煙、演技)をしていた方がギガこんがらかった。
これから朝まで2人が送らなければならないことを考えるので、駅に入っている方が互いに良いことかも知れない。

【セス】が話していた最上種の話・・・・
・・尋ねなければ・・

「・・そんなに・・ありがとう・・」

言い方は【セツ】だったが、よく見れば表情で最上種の影が見える。
自身が彼女にものすごい仕事をしている気持ちにするようにするのは,この表情が理由であることなのか、でなければ【セス】に話した話に動揺しているためなのか・・.

「【セツ】・・少し話がしたい・・できれば・・最上種と・・」
その話に【キョウコ】は,瞳を大きく開けば、ニヤリと微笑表情まで【セツ】に変えた。

「兄さん(お兄さん),ごめんなさい・・今日は無理だ? 」

今、最上【キョウコ】に戻ってしまえば、何を口走るかもしれない。
そのような状態であるまま敦賀種とまっすぐに向かうことはできなかった。
よく駅に入れても良かった・・・・


「・・・・どんなことがあっても? 」
中耳死にそうな瞳でカインが答える。
その表情に【キョウコ】はとてもうらやましがって、一巡話を迷った。

「はい、ごめんなさい・・兄さん(お兄さん)・・・・」
薬だと笑った表情に、最上種の姿は完全に痕跡をなくした。

その拒絶と同じ行動が、演義心をより一層苦しくした。


・・なぜ私たちは、こんなにも通り過ぎるのだろうか・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3/21:どなたも【数えたキュー】 | トップ | 社長の陰謀(63) »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。