不倫体験

職場の不倫体験を書いています。都内在住の方、仲良く盛り上げて下さい。

社長の陰謀(63)

2017-05-20 02:33:03 | 日記
遠からず、最上【キョウコ】に戻る所だった。
敦賀種の中耳死にそうな表情は、私の心にあたえる影響が過度に大きくて自らも制御することはできない。

「部屋に・・戻って・・」
どこか知らず敦賀種の雰囲気を感じる。
駅が全部できないとすることよりは、わざわざそのようにしているように考えられた。

その後ろ姿に、心が悲鳴をあげる。


「・・・・・・兄さん(お兄さん)・・・・・・申し訳ありません・・」


ヨンは聞いたことを知らずに振り返ってみれば、そこには【セツ】が違って【キョウコ】が入っていた。

「感じろと他人の目につく・・」
手を伸びれば【キョウコ】は演義瞳をじっと受験(凝視)して戻した。

「・・どのようにしたの? 」
今すぐにでも泣き始めそうな【キョウコ】の表情を無視して、手を握って引けばそれに影響を受けて【キョウコ】が歩き始めた。 人気が少ないエレベーターホールを陥って無言であるままエレベーターを待つ。

頭を下げたままの【キョウコ】に視線に向かって、抱きしめたい衝動をこらえた。
「敦賀種を、苦しくしてしまうので・・出てくる」

「・・それは・・出て行って決めますか? 」
抱きしめていた手を【キョウコ】のボールに移してやさしくかばった。

「チュェサンシエゲラミョン・・苦しくすれば良い・・なので話を尋ねても良いだろうか? ・・出てくることも、以前に支払えばというものがあることだ・・」

【キョウコ】は演義八中(案)(中)でからだを丈夫にした。



「・・好きなことだ・・・・どのようにすれば良いことか迷う程・・最上種が・・」


重要な人は作らないそのように考えて自身のうわべ(殻)に閉じこもっていた私の心を・・彼女は何度も破る・・.
すでに、自身の心に嘘をつくことにも限界だった。


【キョウコ】はからだを丈夫にしたまま何も返事をしなかった。


単に、ボールにある演義手に【キョウコ】は,自身の手を積み重ねてその暖かい手を強くぎゅっと握って泣いた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社長の陰謀(62) | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。