不倫体験

職場の不倫体験を書いています。都内在住の方、仲良く盛り上げて下さい。

Do you miss me(33)

2017-04-25 13:10:04 | 日記
敦賀種に抱きしめられるとなぜ、こんなにも胸をしつこくねだることができるということだろう。
そんなに遠くない昔に味わった感情欄、明確に間違いだ。

・・それが恐ろしい

そこに・・恐ろしいのは抜け出してことだけではなかった
いつかくるかも知れない・・敦賀種が違う女性が好きになる時が・・

そのような考えに首から胸にかけて鋭い痛みが分けて、息がつまる。


敦賀種が愛していること言葉が恐ろしくて自身の感情が伝えられない・・
・・イロッケペニンデも・・


敦賀種が信じることはできないことではない
・・私自身の問題だ・・
好きであって下さる・・・・自信がない・・


「最上種・・すでに、行かなければ・・本当は・・このまま連れて戻りたい・・」
中耳死にそうな演義の顔をじっと受験(凝視)して、【キョウコ】は花が咲くようにそっと微笑を浮かべた。


「・・そんなに・・魅力的に微笑を浮かべられれば・・・・」
ヨンは瞳を細くして【キョウコ】に再びキスをする。
かかれた声で何度なのか好きだと伝えれば、【キョウコ】のシャツのボタンを解き始めた。

「津、敦賀種・・・・」

「・・静かに・・」
唇の前にピンセット指を充当して、魅力的な微笑に向かった。
再びキスの雨を降らせるようにすると、ヨンは我を忘れて【キョウコ】の唇をうらやましがった。

「・・・・であってしない・・」
積み重ねることができる唇のア今から、鳥は声を閉じ込めるようにヨンはより一層深くキスをする。

「・・・・・・でも・・津、敦賀種! 」
襟首から胸もとに唇を這って行くようにすると、味わうように何度もキスをした。
やわらかい膨らんで大きくなるのに手を焼いて、その先端を口に含む。
【キョウコ】はこらえることができなく大声を出した。

「・・・・ああ・・」

身体をからだを退けるようにして、演義肩に置いていた手に注力した。
しびれが走るような錯覚が電信(前身)をかばって、【キョウコ】の息が上がる。
胸の膨らんで大きくなるのにキリキリと痛みが走れば軟餌じっと受験(凝視)してきた。

「・・出て行って愛しているのを・・忘れないで・・」
腕前がよく【キョウコ】のシャツ ボタンを閉じれば再び唇にキスを落とした。

「継続は・・まともに東京に帰ってきた時ですか? ・・・・君を不破の下に送り返すのは・・・・とても苦しい・・」


ますます良くならない息を飛ぶようにして、静かにヨンを受験(凝視)して戻した。


話す言葉はこんなにもうれしいが、なぜ不安にならないということだろう・・



言いたくない一言が・・・・勝手に唇から流れておりて落ちる。


「敦賀種・・・・すでに、交際できません」

一点を受験(凝視)したまま【キョウコ】は確実な話で知らせた。


「別れて・・受けることができないでしょうか・・」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Do you miss me(32) | トップ | Do you miss me(31) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。