不倫体験

職場の不倫体験を書いています。都内在住の方、仲良く盛り上げて下さい。

社長の陰謀(64)

2017-06-18 11:00:03 | 日記
「・・似ていて、兄さん(お兄さん)・・? 」

「銀? 何・・・・最上種・・」

「あ、得て・・・・と・・兄さん(お兄さん)・・・・その・・ア、安定しないですが・・」
【キョウコ】がキッチンに立って、明日の準備をしていれば、軟餌後から【キョウコ】を抱きしめてその肩に頭を焼いていた。


・・だね、なぜ・・敦賀種であろうか・・
して、その上・・部屋に入ってずっと離れていないといえというのか・・


「すでに、取っておきたくなかったことだ・・」
そのように言ってヨンは【キョウコ】に回していた手を少しだけ強くした。

「得て・・と・・牛、その・・」
いくらしても安定しないで、【キョウコ】は無理に自身のできることを探していた。 何かをしないでいれば気持ちの整理をすることができなくて、このままだと心が流されてしまうので増えたこれだと不安を抱いていた。


「水論です・・私のそばは最上種に歩けば良い・・」
ボールに展開した手がやさしく接触する。
細くすることができたやさしい瞳と微笑を見て、【キョウコ】は真っ赤になった。


右・・なぜスルガシはこのように美しいことであろう・・・・


「最上種・・そんなに静かに見られれば・・キスしたくなります・・」
すでに真っ赤な【キョウコ】の顔はより一層赤くなって、近づく演義の顔に驚いてぎゅっと(固く)瞳を閉じた。
やさしい唇の感触が【キョウコ】の唇に接触する。
驚いてからだを丈夫にした【キョウコ】エ【クス】だと笑って、ヨンは頭を下げている【キョウコ】のあごに指を歩いた。

「・・好きです・・」

あごに件指で上を見るようにするとヨンは再び【キョウコ】にキスをした。
このまま皆を奪いたいが・・
再び【セス】の言葉が頭を間違う・・・・

重い刑罰道具とともに【セス】の忠告が頭に残っていた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3/26:どなたも【数えたキュー】 | トップ | 社長の陰謀(65) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。