どうでもいいこと

M野の日々と52文字以上

どうも忙しいようだ

2017-04-06 00:52:04 | 日記

 

やらないといっていたがガマ合戦をまた観察している。でも今年はゆるゆるにしている。撮影はやっぱりしたくなるのだが、相当抑えている。

 

 

最高気温が19,3度と暑かった。スーツを着ての仕事だったので、もうひどかった。

 

 

高松の池にアメリカコハクチョウがいた。こいつはコブハクチョウやコクチョウのように人に飼われていたのが逃げ出したわけではなく、少数飛来しているものだが、どうも群れからはぐれてしまったようだ。

寂しいからか、おとなしい奴だ。

 

 

北朝鮮が米中首脳会談の直前にミサイル実験を行なった。これでは中国のメンツもどうしようもないし、あらゆる選択肢を検討中のアメリカも逆に切羽詰まるだろう。

米中首脳会談がどのような方向で進むのかはわからないが、北朝鮮問題に関しては「彼らはアメリカに会いたがっている。我々は影響を及ぼせない。我が国には朝鮮族の国民もいる。人道的な支援は必要で経済制裁にも限界がある」と中国は言うだろうし、アメリカは「そうして北朝鮮を増長させた挙句に北朝鮮を使って我が国を挑発しているとしか思えない」まあそんなところだろうか。ありとあらゆる分野で「熱い協議」が行われるのだろう。

ただ今一番怪しいのはトランプさんの支持率がついに40%を切って、34%になったのだ。おまけに今までの仕事の評価は56%が評価できないとなっている。

連邦予算案もムチャクチャで、これが通るとは思えない。自分の給料は全部寄付すると公約していたが、逆にこの公約遵守が批判されている。

米環境保護団体シエラクラブは「売名行為」だと批判。マイケル・ブルーン事務局長は「国立公園を実際に助ける気があるのなら、予算を記録的な水準まで削る方針を取り消すべきだ」と主張した。」

女性問題でイバンカさんを登用したのはいいのだが、国連人口基金(UNFPA)への資金拠出を打ち切ると言う。

「UNFPAは中国政府による人工妊娠中絶や避妊手術の強制に関与している」との理由で、3250万ドル(約36億円)の拠出を中止すると通告した。」

国連人口基金の声明はこうだ。

米国は、国連人口基金の創設に携わった加盟国の一つであり、以来、長きに渡るパートナーとして、女性と少女のリプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康・権利)の保護と推進のために連携し、それにより、女性と少女そして家族のよりいっそうの健康を促進してきた。米国政府および米国民からの支援は長年に渡り、防ぐことのできる死や障害から、とりわけ今日急速に進む世界的な人道危機において、何万人もの母親の命を救うために役立てられてきた。米国からの拠出金は、世界中の紛争や自 然災害により不安定な状況に陥っている地域、例えばイラク、ネパール、スーダン、シリア、フィリピン、ウクライナ、イエメンなどにおいて、ジェンダーに基づく暴力や妊産婦死亡の削減に取り組む国連人口基金の活動に充てられてきた。」

この36億円の意味合いは、問題の大きさに比べればあまりにもちっぽけな金額だ。それをケチることの問題の大きさを、わからないのだろうか。

確実に連邦予算案案はもめに揉めるだろう。しかし、議会と喧嘩腰で揉める大統領と、議会と誠実に向かい合いながらもありとあらゆる人脈を使って説得に当たる大統領と、どちらがスマートだろうか。どちらにしてもあっという間に問題を解決できたらクールなのだが、それができないとするならばどちらがクールかはあきらかだ。

オバマケア廃止法案は一体誰のために作ったのかよくわからない酷さだった。だがそれを廃案に追い込んだ共和党の一部議員を脅迫したり、喧嘩腰は一方的になっている。プロレスだったらそのメイクはよくわかるのだが、現実的にはほぼ不可能だ。

支持率が7%以上下がるのは、あまりにも誠実ではなくあまりにも喧嘩腰すぎたのだ。プロレスでベビーフェースが過激な発言をしすぎてヒールに転落したのだ。



そこにティラーソン国務長官がよくわからないメッセージを出した。

「ティラーソン氏は声明で「北朝鮮がまたしても中距離弾道ミサイルを発射した。米国はすでに北朝鮮について十分語ってきた。これ以上話すことはない」と述べた。」

この誤解を招くような発言は、間違いなく韓国株式市場に影響をもたらすだろう。意味は今までの「ありとあらゆる選択肢」ではなくなったのだ。支持率低下、しかも危機的な30%台となればやることは一つだ。

一つだけ可能性があるのは、中国が北朝鮮に制裁のための爆撃を行うだけだ。今中国は北朝鮮国境沿いに陸軍を集めている。これが最も世界平和に近いと言うのは皮肉なことだ。アメリカが手を出さないことを祈りたい。だがこれが今最も可能性があるのだ。

これ以上話すことはない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あたたかくなった | トップ | もっと暑い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。