どうでもいいこと

M野の日々と52文字以上

今日もまた世界はカオスだな

2017-05-16 21:59:42 | 日記

 

家庭菜園の種まきをした。小松菜とほうれん草と遅いのだが落花生を蒔いてみた。落花生はポットで育成予定だったのだが気温が低いようで全然発芽しないのをぶちまけたら、根っこが出ていたのでそのまま植えた。

植えた後には不織布をかけてクリップで止めた。実はこの不織布を使いたくて、あぜ止め用の板を買ったのだ。高さと丈夫さがが欲しかったのだ。これで初期生育は万全だ。

ということで今話題のランサムウエアというコンピューターウイルスの話。CNNでも13日にイギリスの病院がハッキングにあったという記事が出た。日本でも被害が出た14日に報道が出たのは、土日であったというのはあるがそれにしても対応が遅かった。おかげで今日も被害にあった企業が報道されている。

これについてアメリカの諜報機関が把握していたものが流出して、それをどうも素人っぽいハッカーがウイルスに仕立て上げたもののようだ。これに対してのマイクロソフトの言い訳はうんざりするものだ。政府が悪い。だが彼らの本音は、XPを使っているユーザーが最も悪い、多分そうだろう。

OSには必ずバグがある。それは読み込み時のエラーだったり、そもそもコードに問題があったりそれでも動いていることに驚異を感じるべきだ。インベーダーゲームではバグがあった。それを利用してのゲームの魅力があった。なのでゲームではバグを残すとかそう言った偶然性がゲームなのではないのかとなっている。だがたった数キロバイトでもあるバグを、ギガにたどりそうなOSにないわけがない。

特にXPはデーターベース用のウインドウズと融合させた、最も安定して安全なOSとして世の中の出てきた。だが市場評価は最悪だった。重いし使いにくい、これが問題だったのでXPはすぐに廃れた。なおMeというOSはもう誰も覚えていないだろう。

だがXPはその安定性と廉価だったことで爆発的に、基幹システムに入り込んだ。問題はここだ。病院や工場のシステムは一旦入り込んだらそうそう変えられない。そしてバージョンアップすると、アプリケーションのシステムとOSのシステムに齟齬が出やすかった。それは場合によってはメモリー管理等でお行儀の悪いアプリケーションがあったためだ。アップルが昔発表したのは、25%不正メモリー占拠するソフトがあったという。つまりOSを落っことす作業をソフトがするのだ。

業を煮やしたアップルが決断したのは、過去から決別した今のマックOSだ。UNIXに移行したのだ。だがマイクロソフトのOS刷新は、そのシェアの高さ、そして高性能が災いして不可能になっていた。

とはいえ北朝鮮説が出ているので、まあ一筋縄ではいかん事件だな。もしもそうなら、イギリスの弱者への攻撃になるからだ。

 

 

真面目に、XPを使うシステムなら完全にスタンドアロンにしなければいけないのに、なんでインターネットに接続してしまったのかな。

ということで、情報というのはどうやって漏れるのかといういい例が登場した。トランプさんだよ、まったく。

実はトランプさんの流した情報は、そう新しいものではないだろう。ノートパソコンのバッテリーにプラスティック爆弾を仕込むというものだ。だが対処法はある。簡単だ。税関で格闘ノーパソをで30分以上8K動画を見せることだ。結構いけると思うがな。行き先の宣伝からなんやかんやを入れ混ぜてホスピタリティ豊かにすればいい。結局バッテリーがただしく入っていればいいかどうなのかだ。強負荷でバッテリーが消耗されてしまって、爆弾かどうかは簡単にわかるだろう。

それではロシアの外相に自慢した情報というのは何か。それは最初にイギリスがテロ対策で限定的に行ったことだ。情報機器の航空機の持ち込み禁止だ。そしてアメリカがそれに追随した。そして今拡大している。

で、イギリスは今解除していたと思うのだが記憶違いだろうか。

つまりイギリスからの情報を漏らしてしまったと考えている。しかも仔細にしゃべてしまったようだ。

 

 

何を喋ったのかは誰もわからない。だが周辺が一気に泡立ったのは間違いがない。

報道されていた内容なら平凡なことだ。イギリスから来た情報でアメリカは警戒した。どうも周知の事実だけではなかったようだ。トランプさんはそれを自慢してしまったのが問題なのだ。

個人的に国家情報を漏らしたというより、ロシアもわかっていることを自慢した方が問題なのだが、日本にも教えない情報をロシアに漏らしたとなれば、特にイギリスはどうしようもなくなる。

ただね、強国連盟というSF世界を作りたかったのならそれでいいのかもしれない。だが足元は支持率が40%を切りそうな勢いだ。

 

 

我々儒教に影響された人たちがよくわかるのは、偉い人が黙ってしまった瞬間が怖い、ということだ。メンツやら人間関係から色々考えている瞬間だ。そこでいかに自分は大人かと振る舞おうとするために黙るのだ。

そして黙るのが、大人である。偉くなればえらくなれば黙る。でも我慢できなければ将棋の歩を指すように子分に話させる。怒れば怒るほどその時間がかかる。

そして北朝鮮は、今回のミサイル実験はペキンも標的にできると言い放った。

その北京は今でも黙っている。これは怖いことだ。

 

 

世界はミクロでもマクロでも単純なのかな。今ある世界は熱力学第三法則に落ち着きつつある。

 

 

まだないのは、平等だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大雨に戸川純 | トップ | 快晴です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。