どうでもいいこと

M野の日々と52文字以上

はあ

2016-10-13 00:18:49 | 日記

 

当ブログは、過激にならないように気をつけている。特に生活圏に関することは書かないようにしているが、いわてアートプロジェクト2016は、生活圏を離脱した人たちばかりなので、まあいいか。

 

 

ということでアドレナンを消費すべく、泳ぎます。

無駄のない生き方とか平気に誰もが言いますが、無駄というのは重要です。それは人が肉体であるからです。

 

 

いわて2016アートは、滅多にない成功と失敗だったと思う。で、プラマイ、マイナスだったと思う。

みんな努力したといっているが、作家の仕事をわかっていない時点で話は終わっていた。

クロージングパーティーは、誰もが違和感を感じていたと思う。和装縛りがあったのだ。半纏という微妙な和装もいいということで、鳶の半纏があったのでコスプレしていたのだが、ダイソーで200円のハンチッグハットまで買ったが、和服というその領域をかん生える機会にはあった。

でもな、少しいい加減にしろと言いたい。

 

 

 

 

シシリアさんと話をしたかったのだが、よくある光景になっていた。呼ばれた外人さんは仕事をこなし、誰ともコミュニケーション取らずに帰ってゆく。通訳も関係者も取り合わない状況で、僕はクロージングパーティーを寂しく迎えたのだ。

なので米山に行く。米山曰く「書面の美術展」という。そうなのだ。

コミュニケーションが企画との間で、相当薄かっのだとおもう。

 

 

まあとにかく建材とかそれだけではなく、徳清倉庫の建物は、入った時点で時空が狂う建物だ。

人の器が問われる、そういった建物だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 足りない | トップ | すごい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。