どうでもいいこと

M野の日々と52文字以上

今日も頑張った

2017-04-26 01:27:48 | 日記

 

今日も頑張って仕事をします。朝一番に缶バッチが届いたのですがそれすら見ずに仕事です。で、写真の仕事って歩くんですね。歩きます。中腰にもなります。しゃがみます。時には寝そべっていますし、爪先立ちで立つこともあります。

足がえらいことになっています。ちょっと立ちたくない。

キジバトがウロウロしていました。

 

 

北朝鮮がミサイルを撃つかどうかで世間は賑やかなようです。ただこの問題を今ニュースで取り上げるのは、実際のところどうなのかと思います。何しろ日米共に大変都合のいいタイミングだったからです。支持率の低迷しすぎているトランプさんと、森友学園問題と共謀罪の法案問題で苦戦中の安倍内閣にとって目をそらすには最適なことだからです。

その上北朝鮮問題を大きくすることで、韓国大統領戦に圧力をかけることができます。文氏が大統領になった日には日米共にどうしようもなくなります。韓国国民に危機感を感じさせる意味合いは、確実にあります。少し前まで韓国は中国とアメリカの両天秤外交という無謀なことをやっていました。それをヤッホーと喜んでいた韓国国民に少しは現実に戻れやと、そう言い放っています。

中国ですが、緩衝地帯が欲しいから庇護しています。歴史も長期スパンでは朝貢外交でずっと続いていたことがあり歴史的庇護国です。ですが今の建国史からゆくと少し複雑です。まず金日成がソ連出身だったということ。ソ連によって養成されて北朝鮮にやってきたという経緯があります。なんでそうなったかといえば、第二次世界大戦後の分割によるものです。アメリカとソ連が世界を分割したことですね。ここで北朝鮮にソ連から送り込まれたと言ってもいいのが金日成です。さてここからニューズウイークの遠藤誉氏のコラムから。

「1949年3月にアメリカのマッカーサー(当時、連合国軍最高司令官)が、そして1950年1月にはアチソン(当時、米国務長官)が「韓国や台湾はアメリカの防衛線から除く」(アチソン宣言)と発表したため、これを好機ととらえて、金日成がスターリンの賛同を得て始めたものだ。

当時、中国の毛沢東は「戦争が始まれば、アチソン宣言などすぐにひっくり返る」として北朝鮮が戦争を始めることに断固反対した。1946年から本格化した国共内戦を戦って、1949年10月1日にようやく中華人民共和国建国に漕ぎ着けたばかりの毛沢東にとって、さらなる戦争に巻き込まれるのは「ごめんだ」ということもあった。」

ということで、ソ連と北朝鮮がアチソン宣言を好機と捉え、中国を巻き込んだのが朝鮮戦争。当時はソ連の力が強かったので中国も応じなければいけなかった。ただその後、朝鮮人で編成された人民軍出身者を粛清したり、中国がソ連と離れてゆく過程で中国を非難しまくったりと、北朝鮮は朝鮮戦争の恩義を感じていないような行動を続けます。ソ連的な共産党ではなく、中国的でもない独自の思想体系を作ることでもわかるように、独自路線を貫こうとします。

小学生の時にラジオを自作すると、必ず聞こえたのが中国と北朝鮮の電波だった。互いの悪口を言い合っていたというのが記憶にある。

それでも中国は緩衝地帯としての北朝鮮を重視していたから今まで支えてきた。でも核開発でその根拠が失われつつある。そして万景峰号のウラジオストック航路ができた。つまりここでロシアが接近している様子が見える。近代史でソ連が重要だったように、現代でもチャンスがあればロシアは朝鮮半島に近づくのだよ。

日清戦争や日露戦争当時の状況に近いのではないのかと思う。だが、だからこそ北朝鮮は今は何もしないと思う。

まあ今やトランプさんの方が危ないな。

 

 

明日は雨だ。休める。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大快晴で桜の撮影が忙しい

2017-04-25 01:06:23 | 日記

 

今年の桜は、冬の気温が平年並みだったにもかかわらず、確かに急激に気温が上がったと言うのもあるが、それにしても桜の品種間の差が少ない年だ。オオシマザクラ以外はほぼ一斉に咲いた。原因としては気温よりみぞれが多かったので地温がその平年に比べて低くなったのではないのかと推察される。ただ撮影するとなれば、その品種間の咲き頃がばらついてくれた方がありがたい。撮影スポットが分散するからだ。スポットごとに時間もかけられる。しかし一斉に咲いたとなれば、すべてのスポットを一気に回らなければいけない。

今日大快晴で、そのチャンスがきた。秋田駒ヶ岳が綺麗に見える。

 

 

一週間前から、だいたいこの日だろうと目処をつけていた。そして危ぶまれた黄砂の影響もかなり少ない。PM2.5の数値もかなり低い。大快晴は予想されていたのだが、見事な晴天になった。確かに春霞というもやはあるが、黄砂の黄色やPM2.5の黒さはない。

朝一番から撮影しまくりだった。風景撮って桜撮って人撮って建物撮って、延々とそれを繰り返す。頭の中は分刻みのスケジュールがあるが、上手くいくはずもなく変更して修正して、延々と繰り返す。特に午前中は花の生き生きした時間だ。ここの遅延は許されない。

移動はほぼ自転車なのだが、それでも12659歩歩いた。携帯の万歩計は自転車のペダリングを計測しないので、どれだけ歩いたんだとなれば、8.9キロ。自転車分を入れると何キロなのだろうか。

姫神山も良く見える。

 

 

奥羽山系の山々も良く見える。真昼岳とかその辺りだろうか。

しかしだ、こう言ったムチャクチャな撮影になると、絞りとかそう言ったことは一切考えない。逆に失敗しない方法にする。今回は絞りはよっぽどでない限りF8固定にする。絞りを下手に変えるとそのままで撮影してしまうことがある。それを避けるためだ。

ただデジタル時代になってレンズの解像度がかなり良くなった。理論値には決して達しないが、現実的な最高解像度に近づいている。そう言ったレンズを撮像素子という物理現像系で扱うと、絞りの回折効果、光が波なので小さな穴を通った時に干渉しあって結像が甘くなる、しかも絞りの羽を薄く作るのに限界がありすぎてさらに起こりやすくなる、それが起きる。つまり絞りを絞ると像が甘くなるのだ。シャープさが薄れてゆく。

用意した一番明るいレンズがF1.8、一番暗いレンズがF4というのか鍵だ。レンズ交換を頻繁にするのに、この暗いレンズ?に合わせたということなのだ。明るいレンズの性能は活かせないかもしれないが、暗いレンズでの失敗は避けられる。そうすれば全体の品質はまあまあ安定するということだ。

絞りとか考えない方が、いい場合が多い。

 

 

早池峰山も良く見える。

写真の仕事で一番大切なのは、普通を押さえることだと思う。この場合は失敗しないことだ。そして要求された写真をキッチリこなしておかないと、ちょっと遊んでみました〜とかそう言った写真を撮りたくとも撮れなくなってしまう。彼らの普通を取りながら、その上を常に念頭に入れておく必要がある。

そのために手段は限定したりするのは、変なことではない。だが今日一日で要求されている基本を全部撮らなければいけなかったのは、かなりきつかった。

毎度のことだがね。

 

 

岩手山も山頂の鷲形がクッキリと浮かび上がっている。

とりあえず明日からは仕事に遊びが入れられる。ここからが楽しいところなのだが、現実的には桜は散り始めるし、明後日は雨の予報だ。今日の頭真っ白の撮影がベストなのだろう。

残念ながら。

 

 

蓬莱島に亀がいた。縁起がいい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒かった

2017-04-24 01:00:01 | 日記

 

今日は雫石に東北大学野球春季大会の撮影にいってきた。寒いと言う予報だったが、雫石はさすがに山の中、とても寒かった。とはいっても気温変化を見れば盛岡市内と変わらず8度から9度台だったのだが、風がとても寒い。特に11時以降は9度以上あったのだが風が強くなり、選手が時折息で手を温めるほどに寒かった。

わたしも少し油断して着込み方が甘かった。おまけに雫石球場は風を避ける場所がない。本当に寒かった。

と言うことでノースアジア大の守備練習ですね。どう見ても取り落としているように見えますが、まあ多分偶然でしょう。

 

 

寒いが風は悪化しなかった。実は朝に抗ヒスタミン剤を飲んできたのだが、どうもこれが効いたようだ。と言うことはこの数年風邪だと思っていたのはアレルギー反応だったとなる。あんだけ長期間苦しめられていたのは、風邪ではなくアレルギー?扁桃腺が腫れて微熱が出るのが?別に涙が出て仕方がないとかそういったことはないのだが、花粉症?

そう、三月の風邪は結局五虎湯が効いたので疑ってはいた。この漢方薬は気管支ぜんそくの薬だからだ。

でも誰がどう見ても風邪の症状にしか見えないのだよ。かかりつけの医者も騙されたとしか言いようがない。そのうちアレルギー検査にゆくしかないな。

考えられるのは、軽いアレルギーで粘膜がやられている所に病原菌が湧くと言うことなのだろう。風邪が原因で喉が痛むのではなく、アレルギーが原因だから抗ヒスタミン剤で炎症を抑えると症状が全部押さえられるわけだ。

 

 

インドと言うのは変な話題の豊富な国だ。ネットで知り合った女性に適当なことを言っていたら、不倫旅行を迫られて、金がないと言っても聞いてくれないので、航空券を偽造して彼女に送って、彼女の乗る飛行機にハイジャックの謀議を聞いたと言う手間の込んだのか、とっちらかったことして捕まった人がいる。

犯行の動機については、さびしい懐具合を理由に旅行を中止した場合、自負心が傷付くと共に女性との関係が終わることを恐れていたとしている。航空便が欠航すれば自分ではなく空港に責任をかぶせることが出来ると計算していたという。」

なおこの男、旅行代理店勤務だ。航空券は簡単に偽装できるようだ。

 

中国の広州汽車集団は、2008年創業だが中国でも有力な自動車メーカーとして日本でも知られている。だがその主力ブランドの名前が「トランプチ」。トランプさんが大統領に当選する前から使っていたのだが、名称変更の是非を検討している。

理由はトランプ大統領の支持率が悪くアンチトランプが多い上に、今年一月のデトロイトのショーで結構揶揄されたらしい。そこで悩んでいるようなのだ。

なお中国車は日本では一部のマニアのものだ。だから関係はない。なお壊れない車を作っているのは日本のみ。定期的に部品交換があるように設計しているのはドイツや北欧系。それが下手くそなのがその他EU。安い車は必ず壊れるのはアメリカ、ただしそれで人が死ぬことは決してない。そう、日本以外の国で壊れないことを前提に車を作っている国はない。皆様、この事実の方が大切なんじゃないんですかね。

 

 

お昼に盛岡に戻ってきたが、やっぱり寒い。おまけに大粒の雨がバラっと降ってきたりする。体の芯まで冷えてしまった。

 

 

春の天気はなんとかの心か。

男心?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満身創痍です

2017-04-23 01:19:57 | 日記

 

今日はよく晴れた朝だった。早朝から仕事だ。気合を込めて向かう。

 

 

だが風邪が問題で、少し耳が遠くなっている。おまけに声が出ない。いや、声の出し方は工夫すればできるのだが自分で言うのもなんだが地鳴りのような低音になる。なのであまり大声も出せない。発音が聞き取りにくいようで、ちょっとコミュニケーションが難しくなってしまった。

 

 

昼過ぎには雲が増えて、日差しが弱くなった。

あとかだづけで、今度は腱鞘炎が悪化してしまった。

 

 

右足首と左膝に問題がありそうな気がしている。気がしていると言うのはあると言うことなのだが、腱鞘炎と風邪に比べれば大したことはない。だが隠れて何かがありそうだ。風邪も本当に風邪なのかどうか疑わしくなってきた。アレルギーかと言う気がしてきた。

まあなんなのだろうね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よくわからない

2017-04-21 22:38:33 | 日記

 

昼に北朝鮮からのミサイル防衛のための避難訓練を感覚する記事があったが、あれはなんだったのだろうか。総理が化学兵器を搭載したミサイルを打つ可能性があるといったのはつい最近だ。

根拠があるのだろうか。

 

 

ツグミがまだいた。

中国までも北朝鮮を非難し、今日は警戒している。そういった意味では確かに警戒するべきだろう。だが何かが違うのだ。ミサイル発射に失敗し続けている北朝鮮で実績のあるノドンを大量に打ったとしてもあとがない。そういった打ち上げ花火をあげるだろうか。

もちろん孤独の狂気でいるはずの金正恩氏がその判断をしかねないのは間違いないが、それも憶測でしかない。

根拠がないのが最近の報道だ。緊迫はしている。だが政府が警戒するのと、民間が警戒することの中身が違う。どのようにしてもミサイルから逃げるためには、ミサイルを撃つ根拠の全くない土地に逃げるしかないのだ。

地下鉄はあるかもしれない。北朝鮮には核弾頭以外にはバンカーバスターのような兵器はありえないからだ。大型爆撃機を保有しなければ、バンカーバスターは使えない。重すぎるのだ。だから開発できてもできないのだ。

 

 

 

まるっきりのポーズにしか見えない。わたしらは警告しましたよ。その程度だ。

もしミサイル攻撃だとしたら、避難勧告が分単位になるからだ。津波警報夜も以上に難しい。伝達経路だけでかなりアウトだ。

 

 

政府は現状維持を最善と考えていると思う。その前に北朝鮮の破壊は韓国すら良くないことと考えている。(建前は立派なことを言うのが、儒教だ)

 

 

 

起きたら仕方がないことだが、予防線張られても困るわけだ。

人をどこに誘導したいのか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加