gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビクトリノックス

2010-03-02 10:06:03 | 日記
マウンテニアモデルビクトリノックス(Victorinox)は、スイスに本拠地を置くナイフメーカーである。スイスアーミーナイフの納入業者として知られている。社名はカールの母親の名(ビクトリア)と、フランス語でステンレス鋼を表す略語「イノックス」の組み合わせ。2005年に同じくスイス軍にアーミーナイフを納入していたウェンガー(Wenger )社を併合した(後述)。歴史 バイエルン州旗モデルビクトリノックスビクトリノックスは1884年、スイスのイーバッハで帽子職人の4人目の息子であったカール・エルズナーが開いた工房がはじまりである。カールは1860年生まれで、手に職をつけるためドイツやフランスで鍛冶職人としての修行を積んだ人物であった。カールの工房が飛躍するきっかけとなったのは、1891年にスイス軍に納入したツールナイフである。この製品は高く評価され、スイス軍は制式装備品のナイフの納入業者をドイツのゾーリンゲンの業者からカールの工房に変更することとなった。現在も同社のツールナイフの基本形となっている「オフィサー」が開発されたのはそれからしばらく後のことで、「オフィサー」は1897年に特許を取得している。その後類似品が数多く出回るようになったため、1909年にハンドル部分にスイスの国章である白十字を入れるようになった。2005年4月25日にウェンガー社を買収。製造元は一社となったが「ウェンガー」ブランドは継続すると発表されている。ウェンガーウェンガー社(w:Wenger) は、スイスアーミーナイフのもう一つの供給会社である。1893年、スイス・ジュラ地方に移住した手工業者四人が開いた工房「ザ・カトラリー・ワークス」がその前身とされる。その後、財政難に陥った同社を、牧師であった“テオ”セオドル・ウェンガーが再建し、彼の姓を社名として、ウェンガー社が設立された。1901年には、ビクトリノックス社と同じく、スイス陸軍にソルジャーナイフが採用され、以降はビクトリノックスとウェンガーは、半数ずつソルジャーナイフを納入するようになる。販売の減少から業績不振に陥り2005年4月25日にビクトリノックス社に吸収合併されたが、ウェンガーはブランドとして存続している。製品スイスアーミーナイフスイス陸軍が正式採用している、日用的な用途に使用するための多機能折り畳みナイフが「ソルジャー」である。

産業ガスで価格カルテルか=大陽日酸など十数社立ち入り-公取委(時事通信)
約40ブランド出展、日韓から女性モデル募集 福岡コレクション(産経新聞)
春の始まりに「立春の酒」を=福島県磐梯町〔地域〕(時事通信)
千葉の光洋会が民再法の適用申請、双樹会に連鎖(医療介護CBニュース)
悪質訪問販売で業務停止の業者 小沢氏側に献金448万円(産経新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「テレビから懸賞に誘導」 Q... | トップ | 林忠四郎・京大名誉教授が死... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。