gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

<自宅放火>心神喪失認めず有罪判決 東京地裁(毎日新聞)

2010-03-17 22:46:14 | 日記
 自宅に放火したとして、現住建造物等放火罪に問われた東京都杉並区の無職、平沢美樹被告(27)の裁判員裁判で、東京地裁=波床(はとこ)昌則裁判長=は10日、懲役3年、執行猶予4年(求刑・懲役5年)の判決を言い渡した。弁護側が心神喪失による無罪を主張し、裁判員裁判で初めて責任能力の有無が本格的に争われたが、判決は完全責任能力があったと認定した。裁判員は判決後、責任能力を判断する難しさを語った。

 判決は「被告は当時うつ状態だったが、放火後に逃げて震えるなど結果の重大性を認識し、事件の記憶も残っている」と指摘。一方で「一家3人で心中しようとしたのが動機だが、現実味に欠ける発想もあり、うつ状態が犯行に影響したことは否定できない」と情状酌量した。

 会見した女性裁判員は「1年前の事件当時の精神状態を判断するのは難しかった」と述べた。公判では捜査段階で精神鑑定した医師が証言したが、男性裁判員(40)は「専門用語が多く分からなかった。もう少し一般的な言葉を使ってほしかった」と話した。

 判決によると、平沢被告は09年3月24日夜、自宅2階洋間のベッドに敷かれた布団にライターで火をつけ、壁など約13平方メートルを焼いた。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
放火容疑:新聞社事務所全焼 50歳の社員の男逮捕 滋賀
放火容疑:元住職を逮捕 寺や仏具に火災保険3億円 埼玉
京都呉服商宅放火:重傷の59歳夫が死亡
群馬4人死亡:拳銃使い心中・放火か…石材業者、負債1億
裁判員裁判:初の「心神喪失で無罪」主張 東京の放火事件

「国会の居眠り王」=自民・森氏、菅財務相を批判(時事通信)
准看受験可など提言―EPA受け入れで四病協(医療介護CBニュース)
普天間「地元理解が先決」、米が政府に伝える(読売新聞)
チリ地震の津波、「指示」で避難6・5%(読売新聞)
三島風穴 埋め立て前に学術調査を 富士山周辺で最古級(毎日新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JAYWALKボーカル「疲... | トップ | 総務相が再び遅刻=野党側の... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。