ヘルマンリクガメ飼育日記第Ⅱ弾

ヘルマンリクガメ屋外飼育繁殖を目指して…

エサをおねだり

2016-10-14 | 孵化仔


朝7時にバスキングライトが点灯します。

点灯すると床材に潜っていたヘルマン孵化仔たち(16年4月生、9月生)がのこのこと

出てきます。

そしてライトの下に集まって身体を温めます。

飼い主がケージの前でごそごそと始めるとエサ場に集まってきます。

エサをもらえるのだとわかっているのですね。



早速、野草中心のタンポポ、桑の葉、ノゲシ、ヤブガラシ、青梗菜、グリーンレタス(高いので少々)をあげました。



みんな大喜びで食べていました。



我が家にお迎えしたオカメインコです。



名前を「ピーちゃん」にしました。

なんかありきたりの名前ですが呼びやすいしいつも「ピー、ピー」言ってるのでそう決めました。

ケージも購入しました。

購入したのはHOEIの465オカメっていうやつです。

ネットでいろいろ調べたらこれが一番良いってことでしたので決めました。

リクガメはもう何年も飼育してますのでいろいろ詳しくなりましたがインコは初めてでしのでただ今勉強中です。



最近では飛べるようになって放鳥中、毛ずくろいが終わると飼い主の肩に飛んでくるようになりました。

可愛いですね。
『爬虫類』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野菜高騰! | トップ | 月1回の身体測定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。