BLOG★いくちゃん★

その時気になることを自由気ままに気まぐれに。

珍種・トラツリアブ

2009年10月16日 | 写真・蝶/昆虫


岡山でダルマ朝日が見える場所はいくつかある中でなぜ児島を選んだのかというと、
ここだけにしか生息していないという珍種のアブを見るためです。

ポイントに着いたのはあまりの早朝であったために、あたりには朝露がたくさん残っていました。
しかもあまり日が差していなかったのと、時期的にまだ早いこともあって正直「どうかな〜」って思ってました。
そんな事を思いながら歩いていると……珍しい蝶を発見! と思ったら。



ベニシジミでした。
ぱっと見、変わった種類の蝶だと勘違いしました。
だってこんな姿で止まっているベニシジミは見たことがありませんでしたから。

さらに探索。
何というか、トラツリアブどころかな〜んにも飛んでいません。
こりゃあ来週か? と思い始めたその時、セイタカアワダチソウの先端に丸いものが止まっているのが分かりました。



いたっ! トラツリアブです!!
しかし全然動きません。その様子は冬にそのまま凍死してしまった昆虫のような感じです。



しかし動きの素早いトラツリアブなだけに、こうして撮れるのはかえってラッキーなのかも。
とりあえず1頭撮れたのでここは一旦退散しました。



「ここから少しブレイクしたのニャ!」

まあ、もう少し日が高くなるまであちこち探索しました。
結果としては大ハズレだったのですけど、道端でこんなのがいました。



キジの幼鳥です。
只今大人の羽に生え替わっている最中のようでした。



ノビタキ(野鶲)。何気に初見。
ノビタキは止まっているモノで○○ノビとか言いますが、これはただのエダノビ……。



再びポイントへ行ってみると、1頭だけ飛んでいました♪ 多分さっきのヤツでしょうね。



数カット撮った後、ファインダーを覗いている時に視界から消え、そのままどこへ行ったのか分からなくなりました。
残念。どうせなら広角の写真やホバリングの写真も撮りたかったのに。リベンジ……確定!?
ジャンル:
写真
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 児島半島の日の出 | トップ | 高嶺ルビー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。