石坂久のマン・管逆転合格マニュアル ブログ版

まぐまぐのメルマガ、マン・管逆転合格マニュアルのアーカイブ版ブログです。学習のお役に立てたら嬉しいなと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日曜臨時増刊号・一部共用部分の管理

2017年05月14日 | 石坂久その他
メルマガの出ない日曜の臨時増刊号

区分所有法で答えてください。

【問題】

一部共用部分は原則として、誰が管理を
行うのか?(平成26年問9)



《解 答》

一部共用部分の共有者
              
《解 説》

一部共用部分も、どんな場所なのか?
がイメージできると解答できることが多
いのですが、なかなかそのイメージの説
明がなかったりします。

26年9問では、店舗一部共用部分とい
う出題があります。
これはいい事例だと思います。

例えば10F建ての区分所有建物があり、
1Fから3Fが店舗が10件あり、それ
ぞれに区分所有者がいるとします。
4Fから10Fまでも、30件の専有部
分があり、区分所有者がいたとします。

店舗には店舗内だけのエレベーターや、
エスカレーターがあります。
これは店舗部分の区分所有者による共有
の設備です。一部共用部分です。

住居部分にも、4Fから上しか止まらな
いエレベーターがあります。これも一部
共用部分です。

それぞれ、誰が管理しますか?
もうお分かりになりますよね。
これが原則の部分です。

次は例外へ。試験に出るのはこちら。

では、住居部分のエレベーターですが、
実は操作によっては店舗階部分にも停
止することができるものであり、この
区分所有建物全体の規約では、このエ
レベーターを店舗及び居住部分の区分
所有者全員で管理を行う!とあったよ
うな場合はどうなのか?

全員の管理になります。

この問題にもありましたが、店舗一部
共用部分の外装がマンション全体の美
観に影響してしまうような場合は?
というと、そういう場合は規約になく
ても全員で管理を行う問題になります。

まずは原則を抑える。次に例外へ。

今日も頑張りましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【問題・設備、修繕、建築】... | トップ | 【テキスト・標準管理規約】... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

石坂久その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL