いつもiらしく


いつも自分らしく生きたい!
素敵に年を重ねていつも愛らしくいたい!
そしてわたしはいつもiMacと一緒・・・

人工授粉によるクリスマスローズの初花♪

2017年06月10日 | 我が家の花(2017)

今日はクリスマスローズの話題ですが、季節外れだと笑わないでくださいね。

実は今、地植えクリスマスローズの種採取の真っ只中です。

今回は、人工交配で咲かせた『初花』のご紹介もありますが、

そちらは季節外れの話題ですから、呆れて笑ってくださっても結構ですよ

 

*************

クリスマスローズの種採取&種蒔き・・・

*************

6月に入って、地植えクリスマスローズの種採取が始まりました。

地植えで咲いた花なので、クリスマスローズ自身によるセルフ受粉や、

昆虫たちによる受粉で実った、自然交配の種採取となります。

(この場合は、親株と同じ花が咲くとは限らないから面白い

 

今年は、お気に入りのピンクの花2種類限定での種採りをしています。

早ければ 2020年の春 に初花が咲いて、庭をピンクに彩ってくれるでしょう・・・

(しつこいようだけど、お気に入りのピンクの花が咲くとは限らない

 

ピンクセミダブル と 淡いピンクシングルの種採り

 

(できることなら、これらの花と同じ花を咲かせたいのだけど

 

それぞれの株の中で、大きな種房が付いている花を数個選び、

種房が膨らんできた頃に、茶漉し袋を被せます。

 

茶漉し袋を被せて、種房が弾けて種がこぼれるのを待つ~

 

種房が茶色くなり始めたら、種が落ちてないか毎日袋の中を確認し、

種が落ちていたら取り出して、すぐにポットに蒔きます。

我が家では『とり蒔き』と呼ばれる方法で、種採取後にすぐに蒔いていますが、

この場合、種が新鮮なうちに蒔いた方が発芽率が良いように思う・・・

 

この花には種房が6個も付いていて、袋の中には63粒の種が落ちていた

 

 

ピンクセミダブルの種は、100粒ほど蒔いて完了

(今年は75cmポットに10~12粒ずつ種を蒔いた

 

ピンクシングルは、まだ1つの花が袋をかぶった状態です。

今年の種蒔きは、24個入りのトレイ1個に収まるポット数なので、

冬場の管理も楽チンです

 

今ポットに蒔いた種は、約半年の間静かに休眠してもらい、

(この間、強い夏の陽射しが届かない場所に置いて時々水やりする

12月中旬頃から来年の2月頃まで、ポコポコと発芽してくる予定です。

初花が咲くのは2020年、東京オリンピックの年ですね! 先が長いです・・・

 

*************

人工受粉をさせて交配した株に、初花咲いた・・・

*************

鉢植えのクリスマスローズを使って、

真面目に人工授粉に挑戦したのが2014年3月でした。

(ピンセットを使って、慎重に受粉させました

 

A 赤紫ダブル(種親)   ×   中心赤のイエローシングル(花粉親)

   

 

B 赤紫ダブル(種親)   ×   中心赤の白シングル(花粉親)

   

 

C 中心赤の白シングル(種親)   ×   ブラックジングル(花粉親)

   

 

以上の3タイプでの交配を試みました。

 

鉢植えクリスマスローズでの交配でしたから、

早春に花が咲いていたので、昆虫の邪魔はなかったと思います。

クリスマスローズの交配方法など、詳細は《こちらの過去記事》を見てくださいね。

 

その後の経過はご覧の通りです。

           2014年3月・・・・花が開いたばかりの初々しい花同士を人工受粉させた

           2014年6月・・・・完熟した種を採取して蒔いた

           2015年1月・・・・発芽のピーク(12月初めから1月下旬頃まで発芽が続く)

           2015年4月・・・・1本ずつポット上げ

           2015年10月・・・ポットサイズをアップして植え替え

           2016年3月・・・・再びポットサイズをアップして植え替え

           2016年10月・・・地植えにした

           2017年4月・・・・初花が咲いた

 

それでは、「発芽状況」を見てみましょう・・・ 

                    A・・・20本の発芽

                    B・・・1本の発芽

                    C・・・3本の発芽

 

次に、今年の「初花の開花状況」を見てみましょう・・・

                    A・・・13/20が初花開花(7株が開花せず)

                    BC・・初花開花せず

 

 

この場所は、娘の家の玄関横に作った花壇です。

(婿殿が大きな石を運んできて、一緒に作ってくれた…

毎年この時期になると、花屋さんから花手毬の苗を購入して植え付け、

秋までピンクと赤の花手毬を咲かせているのですが・・・

昨年の秋から来年の春まで、クリスマスローズの交配種専用花壇に変身です。

花手毬の苗も結構お高くてお金もかかるしね、この場所は、

株を入れ替えて、このままクリスマスローズ花壇にしちゃおうかと思案中です。

(わたしが草取りなどする場所は、娘の家の敷地でも我が家同然に勝手に使ってます…)

 

最後に、Aタイプ交配から咲いた13株の「初花」を見てみましょう・・・

まずは、Aタイプ『親花のおさらいです。

A 赤紫ダブル(種親) × 中心赤のイエローシングル(花粉親)

   

(上の写真、再び登場です

 

この(↑)両親の交配で、13株に2種類の花が咲きました。

(2種類とも花色や花びらの様子が微妙に違うけど、ほぼ同じ花

 

8株が、赤紫系のシングル咲き

 

 

5株が、黄色系のシングル咲き

 

 

ダブル咲きの種親を使ったにもかかわらず、

咲いた初花が全部シングル咲きだったというのは、ちょっとショックでした。

色的には、種親と花粉親が半々でしたけど、

中心赤のイエローなのに赤が見られなくて、これにもガッカリ・・・

 

BタイプやCタイプ、そしてAタイプの未開花株の初花は、

来年まで持ち越しですが、まぁ、同じような結果となるのでしょうね。

今年咲いた初花が、それぞれ翌年も同じ花が咲くのかどうか、

その辺も来年の課題です。

(手元にある開花状況の写真から、個々の株が確認できるので

 

親が異なると、どのように花や植物の性質などが変化してくるかというのは、

種子から育った花が咲いた2~3年後にわかるのだとか・・・メンデルの法則ってやつですね。

そんなには長く待てないから、来年の花を確認した時点で完結とします!

(クリスマスローズでメンデルの法則を実証するには、あまりにも年数がかかりすぎる

 

そんなわけで、まだはっきりとした結論は言えない状況なのですが・・・

今回で感じたことは、

クリスマスローズの場合は、人工授粉させて咲かせた花よりも、

自然受粉で咲いた花の方が「お楽しみ」が大きいような気がします。

 

赤紫ダブルの花を、セルフ受粉だったり昆虫による受粉によって、

自然に受粉させれば、ある程度の確率でダブル咲きが出たように思います。

その証拠に、以前ダブル咲きから採取した種を蒔いた時には、

結構高い確率でダブルの初花が咲きました

 

4年もの年月をかけてわたしのやってきたことは、

「骨折損のくたびれもうけ」だったような気がしてならないけど、

でも、今年の初花を見るまでのワクワク感は、今までにはない「お楽しみ」でした・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日村のお蕎麦屋さん♪ | トップ | 5月に出会った蝶♪ »

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クリスマスローズの初花 (mcnj)
2017-06-11 08:28:28
お早うございます。

根気がいる仕事でしたね。
みさと64さん、ならではの、業績です。

思うようにならないのも、面白さの一つなのですが。

我が家は、mcnjの体力不足、気力不足で、家内が、がんばっていてくれますが、限界があります。
もう、八数は増やせませんので、地植えに切り替えて、現状維持だけです。

種子の採種は止めて、こぼれ種に任せております。
土手も、舌を見る、小さな苗が、びっしり生えてきました。
Unknown (自然を尋ねる人)
2017-06-11 12:37:21
私もかなり真面目に学ぶタイプですが
このレポートを見ると傍には寄れないと感じました。
今日はホタルの総会を夕方開き、ホタル観賞を19時過ぎから予定しています。
雨が降るような曇り空ですが
その話はそうかいで絞めてホタルの数に期待します。
クリスマスローズのように増や瀬ないと悩んでいます。
「そうかい」
こっちが先かい! (uke-en)
2017-06-11 20:56:45
と言っても、性格の現れている克明な記録ですね。
元園芸家?として、拍手です。

ダブルが発現しなかったのは残念ですが、交配は
失敗(狙いどおりに行かないこと)の連続の上に花
が咲きますから、落ち込まないでね。

う~~~ん、宗旨替えも板についてきたか。(^-^)v
ふうむ・・・これは・・・ (くちかずこ)
2017-06-11 21:17:30
遺伝子的に、優性な物の勝利に終わるってイメージでしょうか?
例えばね、
二重まぶた同士が結婚しても、二重の子は八割なんです。
(日本人)
でね、一重まぶた同士だち、十割一重。
優性だから。

で、くちこ的、産婦人科での感想。
ハーフの子は、極めて可愛いか、その逆が二極化するなってこと。

ご参考になりましたかしらん?

二年連続、パプリカの苗を植えたのに緑の貧弱なピーマンができて怒っているくちこより。
☆mcnjさんへ (みさと64)
2017-06-12 21:58:29
こんばんは。
この年には、mcnjさんから開花株を3回も送って頂いて、
どれもみな素敵な花ばかりでしたから、
「この花とあの花を掛け合わせたら、どんな花になるのかなぁ」…と、
交配してみたい衝動に駆られたのでした・・・

でも、クリスマスローズのF1を見るのは、長い道のりですねぇ〜
2014年に受粉させて種蒔きした株が、最短でようやく今年開花ですから・・・
数年前に朝顔の交配をしたことがあるのですが、
朝顔は翌年にはF1を見ることができて、その翌年にはF2が見られます。
クリスマスローズの場合は、F2を見るには8年もかかるってこと?
でも、メンデルの法則からいけば、
今回の初花の種から咲いた花に良い花が出そうなのですよね。
4年かかった今回のF1だけで、もうくたびれましたぁ〜(笑)
あと4年は無理です! …ってことで、
これらの初花は株の充実のために、早々に種を摘み取ってしまいました。

>思うようにならないのも、面白さの一つなのですが…
これは、長年栽培されてきたmcnjさんならではのお言葉ですね・・・

そちらではこぼれ種からでも育つのですね。やはり気候の違いでしょうか。
我が家でも、大きな株の下にはこぼれ種から続々発芽してくるのですが、
ポット上げしてあげないと、それらの小さな苗はいつのまにか消えてしまいます。
中には育っている株も少しはあるけれど、成長がすごく遅くて、
初花を見るまでには数年が余分にかかっています。
でも、忘れた頃に花が咲いてる…っていうのも、それはそれで嬉しいものですけどね♪
☆自然を尋ねる人さんへ (みさと64)
2017-06-12 22:08:16
こんばんは。
昨夜のホタル観賞会はどうでしたでしょうね。
たくさんのホタルが舞ったでしょうか・・・
見物人がすごい数のようですから、まずは嬉しいホタルの季節ですね♪

ホタルの数を増やすのは、並大抵のことではないようですけど、
クリスマスローズを増やすのは・・・案外簡単です!
咲いている花から種を採って育てれば、一度に数百株は増やせます。
今回の花のように、ひとつの花から63粒もの種が採れるものもありますから、
1株に3つ程茶漉し袋をかけて、数種類の株から種を採って蒔けば、
発芽してから3年後には、色とりどりの初花が咲き乱れるでしょう!

我が家の場合は冬場の管理の都合上、一度に数百株という株数は増やせませんが、
冬でも外管理ができる地方では、あっという間にクリスマスガーデンができます♪
ただ、地植えにできる株に育てるまで、
植え替え作業や水やりなどの手間がかかりますが・・・

ホタルのように、それほどは自然の影響を受けることもないですから、
まぁ、簡単に増やすことができて、育てやすいお花だと思います♪
信州で育てるには、寒さに強いところもありがたいです。
☆uke-enさんへ (みさと64)
2017-06-12 22:46:38
こんばんは。
「こっち」が先になっちゃって、ホントすみません・・・
「あっち」は、もたもたしてるうちに春〜夏へと変わってしまい、
今日は、ピッカピカのギンボシヒョウモンに出会っちゃいました!
お庭訪問もしてくれて、ムシトリナデシコで吸蜜してましたが、
これがまぁ、なんとも忙しそうに、そして嬉しそうに飛び回っていて、
庭での撮影は、今日はさせてもらえませんでした。
蝶のことは、いつもこんな風にご報告だけで終わってしまう・・・
次こそは蝶の記事を…と一応考えてはいますが、はてさてどうなることやら・・・

あらっ、今回の交配記事は性格が現れてますか?
どんな性格を見抜かれてしまったのでしょう・・・ドキッ!
なんとなく期待外れの結果に少し凹んでたのですが、
(元)園芸家の先生に褒められちゃって、気分は上々↑↑↑で〜す♪

そうなんですよ、ダブルがひとつも出なくて、すごく残念でした。
「交配は失敗(狙いどおりに行かないこと)の連続の上に花が咲く」…のですね。
失敗の連続かぁ〜
失敗を何度も繰り返して、思い描いた花を咲かせたいところなのですが、
クリスマスローズは結果が出るまでに、あまりにも年月がかかりすぎます!

人工交配はこれにて打ち止めにして、今後は自然交配での初花を楽しもうかと・・・
それだったら個々の追跡調査の必要もなく、気楽に楽しめそうですから。
そのうちに、あっと驚くようなサプライズ花が出るかもしれませんねぇ〜

ハイ、褒められて伸びるタイプのわたくしですから、とてもありがたい宗旨替えです♪
☆くちかずこさんへ (みさと64)
2017-06-12 23:09:50
こんばんは。
くちこ先生の遺伝子学講座、大変参考になりました♪
具体的に・・・
わたしは奥二重で主人が一重、産まれた娘は一重でした。
でも、たくさん泣いて育った娘は、いつの間にか二重になってた(笑)

へぇーーー! ハーフの子はみんな可愛いかと思いきや・・・
極めて可愛いか、その逆が二極化…ですか?
産婦人科って、色んなことがわかるのですねぇ〜

緑のピーマンを収穫しないで、そのまま完熟させて色づいたものがパプリカだと、
少し前まで思っていたわたしです。
でも、元々ピーマンとパプリカは違うのですよね!
ピーマンは果肉が薄くて細長い。
パプリカは果肉が厚くて全体的に大きい。
「緑の貧弱なピーマン」ってことは、
やっぱり苗はピーマンだったってことだと思うから、怒ってください。
でもさ、二年連続裏切られるとは・・・
くちこさん、どれだけパプリカに嫌われてるのでしょうね。
今度は、ピーマンの苗を購入してみてください。
もしかして、「赤い立派なパプリカ」ができるかもしれませんよ〜
な〜んてね・・・
☆uke-enさんへ再び (みさと64)
2017-06-12 23:53:30
先ほどのコメント(↑)で、ギンボシヒョウモンと書いてしまいましたが、
ウラギンヒョウモンの間違いでした。
我が家周辺で見かけるのはウラギンの方です・・・
そちらへのコメントをしながら、ふと勘違いに気付いて訂正です。
石の上にも三年・・・・ (take)
2017-06-13 07:00:14
おはようございま~す!!
朝日村のお蕎麦屋さんを気にしていたら もうそれどころではない このレポート!!
石の上に何年座っていても花は咲かない・・
先日 遅ればせながらジャコウアゲハの記録に反応したばかりなのに 今回はまたまたこの根気強さのレポート!!
すごいですね。
とてもとても近寄りがたくなってきました。
いえいえ ・・それはそれ 自分は自分で精いっぱい(なんのことやら???)

※朝日村の・・
松本の娘と電話で話しました。
『九十九庵』さんは 娘もよ~く知っていました。「前を何回も通っただけ」で・・
「朝日村のお蕎麦・・」(手元に記事がない、「ふじもり」さんの名前は覚えていない私)
娘「あ、○×▽?? それとも ○×△? それとも からさわ・・あ、あれは山形村か」と・・
「あとで みさとさんのブログを見直してからね」でおしまい・・。
考えみると信州・・そば屋さんはいっぱいですものね。
次に松本へ行ったら「ふじもり」さんか「セーブリック」さんかと・・
あ、両方ともに松本市街からは遠い感じですね。
地図を見てびっくり 松本空港、朝日村、諏訪湖の位置関係 松本城から見ると「く」の字・・岡谷からも近く見えます~。
今度の子守り・・孫Yくんには行きたい場所があるのですって・・青木湖方面!!
そうなると「セーブリック」さんに行けますね~。今度は記憶したので迷わずに!

ではでは!!

コメントを投稿