作曲家・ピアニスト/平良伊津美の音楽エッセイ

新しい音楽の形を模索していきます。

New Sound scape '96~ 第14回コンサート 10/27

2016-10-29 11:06:58 | 音楽
New Sound scape '96~は、その名の通り、1996年から始まり、ついに、20年目の節目を迎えることになりました。

第14回コンサートのテーマは「あそび心」
「あ」は、A、「そ」は、ソ、「び」は、B、「ごころ」は、5個×ロ、というわけで、それぞれ作品を出しました。

第一部は、和田恵の「Drawing for 2Trumpets and Percussin」
ジャズっぽいのりの音楽で、コパカバーナを思い出しました。

次は、山口哲人の、愛猫とのコレボレーション実験開始!”わが家の猫のフーガ”
D.スカルラッティの、”猫のフーガ”が、まず演奏され、家の2匹の猫が鍵盤を踏んだテーマをモチーフに、フーガを書いちゃった的な、発想の曲です。山口さんが、語りを務め、お笑いみたいな時間でした。

次に、あそび心企画。
会員それぞれが、上に書いた、音の配列で、曲を書きました。
どれもいい曲でした。写真にあるのは、山口哲人さんの、作。楽譜を横にすると、猫の模様が出てくるという…。面白いものですね。

第2部は、真島圭、「ソナチネ ピアノ一台六種連弾のための」
ソナチネというと、かわいいイメージがありますが、グリッサンドを多用した、迫力のある作品でした。

次に、林きららさん。「フルートソナタ」美しいメロディにのった、ピアノ伴奏つきの作品でした。

最後に、小林弘人さん「ふたりのための”透明な部屋”」
マリンバ2人による演奏を中心とする、打楽器作品でした。きれいな、聞きやすい和音で、静かに終わっていく。そんな印象の作品でした。

全ての曲が面白く、このような、現代音楽の会としては、聞いていて楽しいものでした。

次回は、第15回で、また違った節目。また次回に期待します☆


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トーク&コンサート リゲテ... | トップ | 立川福音自由教会 チャペル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。